« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

結婚式出席の準備

10月30日(土)晴れsun

 亭主の甥の結婚式が、明日。event

 今日は、出席のための一応準備。午前中、美容院hairsalonへ。dash

 その帰り、駅に寄って名古屋駅までの切符を購入。bullettrain

 家に帰って、着て行く服の準備。

 尋ねる人間が亭主しかいないので、服やシャツ、アクセサリーなど「これ、どう?」と尋ねるが、まったく反応がない。thinkやっぱりだめか。自分で決めよう!ぐうたら亭主を頼りにした私がいけなかった。反省。despair

 今日は、十三夜、栗名月moon1ともいう。天気が良くまさに名月。丸より少しいびつのところが、えも言われず美しいという、日本人の美意識。日本人の私にはよ~くわかる気がします。good

 名月moon1にちなみ、亭主が、まったく関係ない、また、くだらない漫画を載せたがっているのでやむを得ずのせました。お許しください。(´・ω・`)ショボーンm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

柿食えば、ゴン(ジュビロ磐田の)ちゃんがいた。(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_31_11_49

Cocolog_oekaki_2009_10_31_11_57

Cocolog_oekaki_2009_10_31_12_04

Cocolog_oekaki_2009_10_31_12_22

 本当、くだらない。!

十三夜着物美人の後を行く(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_31_18_22

| | コメント (2)

ビジネスに挑戦

10月30日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_30_13_40

 10月初めに、亭主が買ってきたズボンdenim、裾直しせず、そのまま・・・・。pout

 亭主が、「裾を直しておいて!」と気軽にいうので、「直してあげるけど代金一本につき千円」有料であることを明確に伝えました。confident

 一方亭主は、「夫婦の間じゃないか。お金取るのおかしいよ。」と、無料を主張。(゚0゚)それも一理ある。・・・・・thinkだけど、私にとっては、予期せぬ臨時の労働。sweat01

 ここは、踏ん張らなければ、「ビジネスは立ち上げられないsign03」と思い、「洋服屋さんで直してもらったらsign02」と、突っぱねてそのまま知らん顔。・・・・(`・∞・´)

 最近になって「500円にまけて。」と、いってきた。う~ん。ここは、突っぱねるべきか、妥協すべきか。慎重に考えるところ。(ビジネスの勘所)think

 まてよ、県内の最低賃金は、時間700円前後ときいたことがある。う~ん。そうすると、一本直すのに30分、2本目は20分。合計50分で千円。経費は、糸代と電気代がかかるけど悪くはない。(´,_ゝ`)プッ 

 商談成立といこう。ただし、恩には着せておかなければね。というわけで、直したズボンdenimが下の写真。

 千円を収入することができました。( ^ω^)おっおっおっ 今、何百億円と利益がある会社だって最初は、こんなところから始まったんだと自分に言い聞かせましたが、相手は亭主ではありませんよね。少し罪悪感。wobbly・・・・・・・ 

 お金支払った亭主、税務署に申告しろよだって。バッカみたいsign03

写真 直し終えたズボン 裾上げ代千円也。

Img_2117

Img_2118 Img_2119

秋の夜やゴルフ談義の囲炉裏端(ぐうたら亭主)Cocolog_oekaki_2009_10_30_20_01

| | コメント (5)

ホワイトクリスマス、スピリットフリ-ダムand others

10月29日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_29_21_58

 庭に出ると、まだ藪蚊がいて、虎視眈眈血を吸おうと狙っている。bearing

 それだけまだ気温が高く凌ぎやすいということかな?ま、気にしないで水やり、草取りと。この時間私には結構貴重な時間。無心に自然の中に溶け込んでいるような心地よい空間です。happy01

ただ、雑草にまじって竹が勢力をましてきていて、これを取るのには女の私にはきつい。sweat01

 ぐうたら亭主に頼んでも、「やるよ、やるよ」は、「やらない」といううことと同義語。で、竹ははびこるばかり。そういえば、亭主の名は「たけ」がついたっけ。これ、特に関係ありませんが・・・・・。(・∀・)ニヤニヤ

 十月に色々花が咲きましたが、写真は、そのうちのバラです。春は、豪華に賑やかに咲きますが、秋は、ひっそりと遠慮がちに咲く感じです。バラにも「わびさび」の心わかるのかなぁ?茶花じゃないからね。think

クリスチャン・ディオール

Img_2101 Img_1795

ホワイトクリスマス

Img_1983

エル

Img_2033

プリンセス・ミチコ

Img_2023_2

ジュリヤ

Img_1979_2

スピリットフリーダム

Img_1891_2

ジュビレデュ・プリンセスモナコ

Img_1469

ヘリーテイジ

Img_1802

紫雲

Img_1770

粉化粧

Img_2097_2

その他

Img_2092_2

Img_2025_2

Img_1890_2

Img_1779_2

Img_2096

Img_2095

Img_2026_2

Img_1469_2

Cocolog_oekaki_2009_10_30_10_22

山里や夕餉の煙栗ご飯(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_29_22_48

| | コメント (2)

白衣の王女マルガリータ・テレサ

10月28日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_28_23_28

 少し前に、亭主が東京に行った際、国立新美術館で美術展「thaハプスブルク」を見てきたと自慢していました。絵画鑑賞は、ぐうたら亭主唯一の趣味。pig

 東京で開かれる主だった美術展は、私といったミロのビーナス以来、大体見ていて、見た後、購入したポストカードは、2千枚くらいにはなっています。ま、一つくらいはそういうものなければですよね・・・・・・。(ただ、裸婦が好みの様で・・・・・そのへんは、ついていけません。)(´,_ゝ`)プッ

 暫くは、家族で見に行っていたのですが、亭主、東京の出張が多かったのでその時には、一人ひそかに美術館へは足を運んだようです。carouselpony

 亭主が買ってきた本を見ているうちに私も、なんとなく友人を誘って行くこととあいなりました。book

 昼過ぎに美術館に到着、後は鑑賞。

 ウィーン美術史館とブタペスト国立西洋美術館の協力を得た、ハプスブルク家ゆかりの至宝(これ、宣伝文句)を堪能。テイッイアーノ、ベラスケス、ルーベンス、ラファエロ、エル・グレコ、レンブラント、ゴヤなど巨匠の絵画多数。それに煌びやかな工芸美術品。note

 ベラスケスが描いた「白衣の王女マルガリータ・テレサ」は、やはり可愛かったですね。この絵と、「11歳の女帝マリア・テレジア」は、1998年5月に一度来ていて、(三越美術館新宿華麗なるハプスブルク家5人の王妃の物語)なんか、懐かしい気がしました。think

 エル・グレコの受胎告知は、大原美術館にもありますが、ほとんど同じ絵でしいて言えば、鳩が描かれているそのバックの色が、青と黄色のちがいくらいだと思います。ま、いずれにしても名画鑑賞のうん蓄は、好きな人なら、尽きないと思います。またの機会に。

なお、名画のブログへの掲載ができればよいのですが、作家が没後50年以上たっていれば著作権が消滅しているのでその点は心配ないようですが、現在の持ち主との関係が微妙で、載せないことのほうが無難かなと理解しています。(残念です。)(´Д⊂グスン

国立新美術館エントランス

Img_1896 Img_1898 Img_1899 Img_1903

1998年の美術展の本

Img_2110

人生を落ちる枯れ葉に語りかけ(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_28_23_41

 

| | コメント (2)

小泉さんの公約

10月27日(火)晴れsun

 台風一過、秋晴れ。真澄とは、このことでしょうか。sun

 気持ちがよく、何か積極的にやれそう。good

 昨日から、民主党が政権取ってはじめての臨時国会が開催されました。主婦でもそれぐらいのこと、知ってるところをご披露させて頂いて・・・・。

 国会の本会議場の中、民主党の議員がいっぱいで、今までの自民党みたい。少し多すぎる気がします。しかし、国民が選んだのだから仕方ないですよね。think

 小泉さんが自民党ぶっ壊すといった公約sign02その通りになってしまいましたね。ま、それは、過去のこととして、近頃、女性も政治に関心持ってますので鳩山さん良い政治をお願いします。

 ぐうたら亭主がくだらない漫画また、かきました。お目の毒になるかもしれませんが平にご容赦を。ι(´Д`υ)アセアセ

 ぐうたら亭主のストレス、たまには発散させてやりたいと思います。(山之内一豊の妻にならう賢妻の誉れ。)すみません。

小泉さん公約守る。(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_27_20_59

Cocolog_oekaki_2009_10_27_21_43

Cocolog_oekaki_2009_10_27_21_53

Cocolog_oekaki_2009_10_27_22_20

柿二つ雲なき空に浮かびけり(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_27_22_54

| | コメント (0)

ビーズジュエリー水晶のハートのラリエッタ

11月26日(月)雨rain

Cocolog_oekaki_2009_10_26_21_47

 雨が三日続いていて、ややうんざり。sad

 昨日寒かったので、暖房器具類を物置から出すことに。sweat01

 一年経つって早い。この作業狭い物置から出すので結構難儀。

 ぐうたら亭主が、午前中家にいたので手伝ってもらう。こういうときは、意外と役に立つ。happy01それに、あれこれ命令する事っていい気分。happy02ウフフ。(´,_ゝ`)プッ

 あまり、調子に乗ると、亭主二枚腰のところあるから、そこは、それなりに・・・・私も、悪い女になってきたのかなぁ?think

 午後、亭主、団体の会議があって、出かけた。rvcar

 来月初めに亭主の甥の結婚式が予定されていて、それに、甥の姪のメイちゃんが出席するので、その時につけてもらおうとビーズのブローチを作ることにした。

 デザインは、先日、孫娘のためにつくったものとおなじにしましたので写真は割愛させていただきます。

写真は、先につくった水晶のハートのラリエッタです。

材料は、芯ビーズ232個、丸小ビーズ146個淡水パール(しろ)58個、同(色)40個、天然石チップ20個、水晶カットハート1個ナイロン糸3mでスパイラルステッチを編むところから始めて後は、レシピにしたがって約4,5時間で編むことができます。スパイラルを覚えれば簡単にできます。(デザインは、教材で配布されたものです。)

Img_1575

Img_1577 Img_1578

妻ときく秋の夜長の弾き語り(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_26_22_26

| | コメント (4)

イオナンターandスプラッシィ トレイル

10月ん5日(日)曇りcloud

Cocolog_oekaki_2009_10_25_22_28

 ぐずついた天気。

 ぐうたら亭主は、朝からぐずぐずしていて、天気と同じ。bearing

 何もやることなく、テレビに釘付け。時々テレビに向かって文句言ったりしていて、これ、老化現象だって聞いたことがあったけ。クスクス。(´,_ゝ`)プッ

 私は、今日は少し忙しい。

 天気が悪くても温室の花の水のチェックしなければなりません。掃除洗濯色々あります。

 亭主、花に関心持ってほしいのですが、無関心を決め込んでいてそれで通すことが楽でよいと考えている様子。そこが私にとって悔しい。キィー。(# ゚Д゚) ムッカー

 例によって、セントポーリアが咲いておりました。heart01

写真上は、イオナンターといいいます。最初にタンザニアで発見された原種。花は、薄い青紫、一重、小輪、葉はダークグリーン。この原種から今日数多くの名品が生まれているといわれています。

Img_2053_2

Img_2054

Img_2061_2

これは、スプラッシィ トレイルです。這うような感じであることから吊り鉢に最適。花は、星型の八重で色はピンク。花弁の淵に紫の細かい斑が入っていて光にかざすと大変綺麗。

Img_2082

Img_2084

Img_2083

懐かしきいつか来た道野菊あり(ぐうたら亭主

Cocolog_oekaki_2009_10_25_22_14

| | コメント (1)

漫画・ネコ踏んじゃった!

10月24日(土)雨rain

 この時期の雨、秋時雨というらしい。この雨と秋風と露があいまって木の葉を紅葉させるという。これで一段と紅葉が進むのかな。秋時雨を経て11月の雨は、本格的な時雨ということになると聞いたことがあります。think

 今日は、ぐうたら亭主のぐうたら漫画。タイトルネコ踏んじゃった。趣味のないぐうたら亭主に、そろそろピアノを教えようと考えていて、CD与えてありますが一向にその気になりません。老化防止になるというのに・・・・・・・。妻の心亭主知らず?(A;´・ω・)アセアセ

ネコ踏んじゃった。(ぐうたら亭主作)

Cocolog_oekaki_2009_10_24_21_30

Cocolog_oekaki_2009_10_24_21_40

Cocolog_oekaki_2009_10_24_21_54

  Cocolog_oekaki_2009_10_24_22_07

くだらなくてすみません。despair

公園で落ち葉の上に秋と書き(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_24_22_53

| | コメント (3)

ブリックステッチのツリーブローチandネッティングブレスレット

10月23日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_23_22_24

 午前中、秋日和に誘われ、デパートまで散歩。特設会場で企画販売をやっていたので、物色。特に買いたいものもなく家に。この間約2時間。building

 午後から、孫娘の誕生祝いにブリックステッチのツリーブローチを作りました。小物だし難易度も低いので完成させることができました。smile

写真は、上がブリックステッチのツリーブローチ(関しのぶ先生デザイン。)

材料は、六角ビーズ61個、三角ビーズ(薄緑)37個、同(ピンク)36個、シリンダービーズ(薄緑)5個、同(ピンク)14個スワロソロバン5ミリ1個、同6ミリ1個

作り方 ①六角ビーズで、ラダーステッチを編む。②減目のブリックステッチを編む。③同じ目のブリックを編む。 ④トップ部分を作り全てつなげ完成。

Img_1965

Img_1968 Img_1967

写真下は、ビーズステッチアクセサリー基礎のキソ(水野久美子著)からネッティングブレスレット

材料 ビーズ糸2m、丸小ビーズ(黒)504個、丸玉ビーズ3mm(黒)80個、同10mm1個

作り方 ①ネッティングでブレスレット本体を編む。②糸始末をし、留め具をつける。これで完成。このブレスレットは、基礎中の基礎。やさしいのでやる気さえあれば誰でもできると思います。

Img_1546 Img_1548

ぬれ落ち葉生まれ変わって薄化粧(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_23_22_42

| | コメント (0)

簡単!生姜の佃煮

10月22日(木)晴れsun

 Cocolog_oekaki_2009_10_22_22_17

 今日は、離れて暮らしている孫娘の誕生日。朝一番でお祝いの電話。元気一杯で安心。happy01

 孫息子も、18日が誕生日。それぞれのお祝いは買ってある。いずれにしても孫はかわいい。しかし、成長の速さに置いて行かれそう。なんといっても、こちらは、スロー・・・・・だから。wink

 草木の水やり、家事・諸事と結構忙しい。しかし、手抜きもベテラン主婦の特技のうち。そこは、自分に妥協して適当に。(怒る人いないから・・・・)(´,_ゝ`)プッ

 さて、生姜の佃煮のこと。刺繍仲間のD子さんに一昨年「生姜の佃煮」(D子さんがそう呼んでいます。)をいただき、おいしくて、作り方を教わりました。

 昨年、教わった通りに作って好評だったことから、今年もということです。出来上がりは、上々。ぐうたら亭主も満足そう。

写真は出来上がった佃煮。

材料 

 生姜(今年のもの)1kg、醤油180cc、砂糖280g、みりん50cc、だし粉100グラム、胡麻30g 昆布細切り適宜

作り方 

1 生姜は、薄く切りボールに入れ、塩をまぶしてよくもみ約10分ほど   おく。

2 熱湯の中にさっと生姜を入れ素早く「あく」抜きして水洗いする。

3 鍋に生姜を移し、「ヒタ、ヒタ」の水でゆでる。

4 水洗い後ざるに入れ、水切りをする。

5 鍋に生姜、昆布、醤油、砂糖、みりんを入れ中火で煮る。煮汁が少なくなってきたら、だし粉、胡麻を入れ汁がなくなるまで煮詰める。

以上で出来上がり。ご飯、魚料理には特に合うように思います。

Img_1969

裏山へ孫の手を取り紅葉狩り(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_22_22_32

| | コメント (2)

鎌倉彫光背(額)

10月21日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_21_22_34

 午前中来月の鎌倉彫のお稽古場所確保に。(申し込み。)horse

 午後から、やりかけの八方彫痕のお皿に取り掛かる。しばらくしてお隣の奥さんから電話。2時間ちかくお邪魔してしまい、結局進まず。telephone

ま、いいか。スローライフ!スローライフ!そうこうしているうちにぐうたら亭主、関係している団体の会議から帰ってきて、一番。アー腹へった。!何かない?ときた。(# ゚Д゚) ムッカー

 ぐうたら亭主、まだ、立場がわかっていないらしい。今の世の中、男女共生社会。夫婦共生家庭。これ原則。言いかえれば常識。catface

 福島大臣!男性(特におやじの)の教育をよろしくね。お願いします。smile

写真は、光背を模様化して額に彫ったもの。光背は、仏様の後ろからさす光。この光背の模様は、炎と極楽の花、宝相華。模様を浮き出させる地すきが、大変でした。sweat01

Img_1927 Img_1928 Img_1941 Img_1930

上部に。炎の感じを出すのに苦労しましたが・・・でているかどうか?

Img_1934

横から裏側へと彫りは、続くが、横の部分です。

Img_1946

裏側へ。塗りは、乾口塗りと黒漆。サイズは、27*27㎝

Img_1958 Img_1957

あてもなく歩き五感で秋を知る(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_21_22_59

| | コメント (4)

刺繍テーブルクロス、踊り子とフルーツ

10月20日(火)晴れsun曇りcloud

Cocolog_oekaki_2009_10_20_20_04

 日曜日の夜から寒気がして、昨日も同じ。咳がでるので新型インフルエンザ?weep

 亭主の知人がすでにかかり回復後接触したと云っていたから、心配になって一日寝ていたが、幸い熱が出なく回復。ただの風邪だったらしい。smile

 今日は、刺繍の日。やりかけのアメリカの子供たちをぼちぼち。eyeglass

写真はテーブルクロス「踊り子」。ドイツ製の麻の生地にヨーロッパのベルギーあたりでしょうか?民族衣装の踊り子のシルエットを刺繍したもの。これ、模様はそんなに難しくはありませんが、クロスのまわりのヘムかがりが結構大変でした。

 糸5本づつ抜いて、残った糸をかがっていくという手間のかかる作業。ま、うまく小さな穴がクロスの形にそってできました。

Img_1828 Img_1829 Img_1830 Img_1831 Img_1832 Img_1814 Img_1815

 これが、ヘムかがり。

Img_1923 Img_1926

次は、フランスの本から作ったテーブルクロス「フルーツ」これはほんの通りやりまして難しくはありませんでした。

Img_1820 Img_1827 Img_1825 Img_1823 Img_1822 Img_1821

三日月の鋭い刃先雲を切り(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_20_20_11

| | コメント (2)

富士山初冠雪か?

10月19日(月)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_19_22_37

 おとといの土曜日、久しぶりに雨。日曜日、富士山fujiの7合目くらいから頂上にかけて雪化粧。ここのところ、注意して見ていたので多分初冠雪だと思います。今年は例年に比べ晩いような気がします。think

 いよいよ、いや~な、寒~い冬へ一歩づつ前進。snowまあ、そんなこと考えるより、ここはひとつポジティブにいきましょう。まだ、秋はこれからが本番、紅葉、いいですよね。綺麗ですよね。lovely

 クリスマス。イルミネーションが綺麗ですね。ケーキも美味しいですね。happy01それから、お正月。準備が忙しい。年も増えるし、皺も増える。いやだいやだ。やっぱりポジティブにはいか・・・・・・。catface

写真 10月16日までは雪はなかった。

Img_1201 Img_1199

10月18日

091018_16580002

091018_14150001

富士山に初冠雪や衣替え(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_19_22_51

| | コメント (2)

天高き秋空の下で土いじり

10月18日(日)晴れsun

 Cocolog_oekaki_2009_10_18_21_21

 天高く馬肥ゆる秋、この言葉、なんか実りの秋で食べ物が豊富にとれるので馬も太る。と、理解していましたが、本来の意味は、「秋山騎馬民族が侵入してくるので用心しろ。」と警戒を呼び掛ける中国の故事のことであるときいたことがあります。horse

 結局は、諺は、中国から来ているんだ。このところ国力が大幅にアップの中国。中国の時代がやがて来るのでしょうか?中国を知るためにまた、将来を考えるとき、歴史に学ぶ必要、やはりありそうですね。think

 午前中、洗濯、掃除をして、午後から家庭菜園に。rvcar

 先日買った白菜の苗を植えるため。玉ねぎ、小松菜、ホウレンソウが小さな芽を出していました。自然の力を信じ、その法則にしたがってやっていけば、やがて稔る。それが、農業かな?そんなに「簡単で、あまくないですよね~。」

 帰りにスーパーによって、大根、サトイモ、白菜など買いました。ぐうたら亭主、今日は、運転手を黙って務めてくれました。謝々。

写真 白菜の苗

Img_1842

芽を出した、小松菜

Img_1839

芽を出したホウレンソウ

Img_1840

順調なキャベツ

Img_1838

イチゴは、親株を整理し子株に。

Img_1843_2

菜園の周辺 稲は刈り取られていました。日本の田園風景です。

Img_1834 Img_1836

Img_1835

 群雀稲穂の波で遊びけり(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_18_21_41

| | コメント (2)

小さな実りの秋

10月17日(土)雨rain

 Cocolog_oekaki_2009_10_17_22_18

 秋も半ば過ぎると、春に咲いた花が小さな実をつけ、それがやっと大きくなり、色づきます。apple

 毎年、この繰り返しですが、木も半年間よく頑張ります。自然は、時として私たちに厳しい試練を与えますが、素晴らしい贈り物もしてくれます。happy02

写真は、家の庭の果実ですがもう少し経てば食べる事が出来ます。大したものではありませんが・・・・・・((ノ)゚ω(ヾ))

 幸い、ぐうたら亭主は、下働きをするより、果実を取るような「いいとこどり」は大好きですから、その時は、やってもらいましょう。dash

写真 次郎柿(すでに、食べてみましたが、甘くおいしかったです。)

Img_1870 Img_1798 Img_1882

百目柿(これは、色ずくのが晩いのでこれからです。)

Img_1812

温州ミカン青島(今年は、不作です。黄色くなるまでまだまだです。)

Img_1811

カボス(鉢植えで育てました。)これは、すでに料理に使い、いい味出してます。

Img_1185Img_1394Img_1398 

レモン(いくつか、取って使っています。)

090819_11000001

甘夏か?木が小さく不明です。実は大きいです。

Img_1810

晩秋の日だまりの里穏やかにくつろぎの時柿をほうばる(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_17_22_32

| | コメント (2)

ペヨーテのプレートペンダントandカモミールのリング

10月16日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_16_18_17

 今日は、ビーズのお稽古の日。午後から、教室へ。note

 ペテーヨのプレートペンダントと清楚なカシミールのリング。これを作りました。eyeglass

 私が、何かを作ると、ぐうたら亭主異常に喜びます。理由は、亭主、生まれながらの不器用。学校での工作の成績は1。大人になっても何も作ったことはありません。

 子供達が小さいころに、犬小屋dogに挑戦。設計図なるものを引き、期待で目をキラキラさせる子供たちの前で、のこぎり、金づちを使って奮闘したけど全く駄目。┐(´д`)┌ヤレヤレ

 翌日、私が安月給を工面して犬小屋を買うことにあいなりました。むべなるかな。・・・・・think

 こんな亭主が、生涯唯一作った物が、下の写真。庭がネコcatのトイレ代わりになっていて、その対策として自分の「分身」を作り、ネコが庭に入らないようにしようとの魂胆。完成品をネコの通り道に立ておきました。smile

 月給日前に、クリーニング屋さんが集金にきたので、庭にいて居留守を決め込む。confident

 敵もさる者、庭にまわってきました。しまったsign01と思った時、木陰の「分身」がクリーニング屋さんの目に入り、彼、アッsign03と驚き腰砕けのまま引き揚げて行きました。run

 この一件で、亭主、得意の絶頂にあいなりましたが、亭主と、私も庭を通るたびハッとすることしばしば。Σ( ゜Д゜)ハッ! しかし、ネコ君には、ほとんど効果がありませんでした。sweat01

写真 亭主作「自分自身」

Img_1860

Img_1864

Img_1861

ペヨーテのプレートペンダント

材料 竹ビーズ一分(シルバー)66個、同(カラー)128個、特小ビーズ20個、特小ビーズ(クリア/シルバー)13個、スワロソロバン6mm1個、スワロラウンド8mm1個、針10号、ナイロン糸2.7m(こちらは、簡単にできます。)

Img_1549 Img_1550

カモミールのリング(花をモチーフの直径2㎝、リングサイズ15号安藤潤子先生デザイン)

材料 ビーズ糸4.4m、丸小カットビーズ140個、三角ビーズ(ゴールド)20個、シリンダービーズ(艶消しゴールド)228個、丸だまビーズ6mm(水色)1個、同(ターコイズ)1個。(上と比べ、少し手がかかりました。)

Img_1540

Img_1537

日だまりやネコにも休む権利あり(ぐうたら亭主)

| | コメント (2)

ネコよらず!

10月15日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_15_18_40

 午前中、園芸店にいって、全滅した白菜の苗を買ってきました。

 ついでに、秋の七草のひとつ「藤袴」があったのでそれをゲット。

 花を、いろいろ見てると、ネコよらずという花があり、面白いので写真をパチリ。というのは、我が家の庭は、野良猫の通り道になっていて、時々ぐうたら亭主と野良猫catがにらみ合っているので、目にとまった次第。

 午後、庭の草取りをしていて、一休み。突然こらっsign03という雄たけびthunder

 声のほうに目をやると、近所の70歳半ばになるご婦人。

 猛烈なダッシュ。その足の速いことrun。その前を野良猫catがこれまた猛烈にダッシュ。dash

 ご婦人と私と目が合い、言い訳。照れ笑い。

 私・・・・・・・・・・。後から、腰がまっすぐ伸びていたなぁなんて思い出して思わずクスクス。smileあ、そうだ!今度、ネコよらずの情報教えてあげよう。wink

写真 園芸店には、秋の花が一杯。

091011_12110004_3

091011_12130002

091011_12200002

これが、ネコよらず。ネコがこの花の香り嫌いらしい。オーストラリア産で繁殖力旺盛。と書いてありました。

091011_12110001

 秋ナスを嫁が担いで家路着く(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_15_18_55

| | コメント (4)

セントポーリアと風ラン

10月14日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_14_18_15

 セントポーリアが咲いた。前にも書きましたが、一年中適当な時期に適当に咲いているような気がします。think

 レモンホイップチェリーフロステェイング。レモンホイップは、葉挿しで苗から作ったもの。ヽ(´▽`)/

 花芯が黄色だからレモンの名がついたのかもしれません。あるいは、花が本来は黄色かも・・・・・。ちょっと記憶があいまいです。think

 一方のチェリーフロステェイングは、桜に似ているからかなぁsign02

 時を同じくして、知人に頂いた風ラン(和ランですが、洋ランと交配したハーフらしい。)が咲き、良い香りを家じゅうにまき散らしています。note

 ぐうたら亭主に、花の説明をしても、まったく興味を示さず、近頃、香も感じなくなってきたようで、香を聞いても、うん~。香ないよ~。とくる。面白くない。

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ 写真は、レモンホイップ

Img_1675 Img_1674

チェリーフロスティング

Img_1671 Img_1672

風ラン (良い香が部屋に充満)

Img_1244Img_1247

一人旅蜻蛉羽(秋つば)求め武蔵野へ(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_14_22_15

| | コメント (2)

鎌倉彫谷戸の椿

10月13日(火)晴れsun

 午前中草取りをして、午後から鎌倉彫に取りかかりました。eyeglass

 7寸の古河原盆で柄は八方刀痕(とうこん)。1厘から2分までの丸刀6本で丁寧に彫っていきます。集中力が必要です。catface

 彫りあがるまでは、まだ、時間がかかりますが、ま、ぼちぼち楽しみながらやっていきます。lovely

 写真は、5年ほど前のものですが、「谷戸の椿」を彫ったもので6角形の額です。サイズは、横31㎝、縦36㎝です。因みにここでの谷戸は、鎌倉にある谷戸と理解しています。塗りは、乾口で花弁は、朱で、花芯は、金泥で施してあります。花らしさを出すところが難しかったです。(*´ェ`*)

Img_1689 Img_1694 Img_1693 Img_1691 Img_1692

今彫っている八方刀痕の7寸の古河原盆Img_1653 Img_1654 Cocolog_oekaki_2009_10_13_22_51

私の本当の姿(魔女)です。(箒に乗っています。)

アキアカネいつしか里を離れけり(ぐうたら亭主

Cocolog_oekaki_2009_10_14_10_11

| | コメント (2)

今が旬!箱根から御殿場アウトレットへ

10月12日(月)sun

Cocolog_oekaki_2009_10_12_22_06

 三連休の最終日。元箱根にある成川美術館にいってきました。元箱根の中心、芦の湖を眼下に見る高台、眺望絶景の地にあります。catface

 成川美術館は、昭和63年にオープンした現代日本画の美術館で山本丘人、東山魁夷、杉山寧、平山郁夫、加山又造など第一線級の画家の絵をたくさん所蔵(500点といわれています。)しています。

ヾ(*゚A`)ノ

 企画展が年4回ほどありますのでそれに合わせて、ここへは、年3~4回はきます。今回は、女性に人気のある堀文子さんの特別展を見ました。日本的なモチーフはもちろんですが、モダンな日本画が特に新鮮でした。happy01

 ここには、日本画の古典的なものから、外国の風俗、景色など描いたものもあり、一昨年の春特別展をやられた、私の好きなheart02柳沢正人さんは、ニューヨークやヨーロッパをモチーフにメルヘンチックな絵をたくさん描いています。 それに、この美術館、建物も落ち着いていて、休憩室が広くそこから見る芦ノ湖、その上に富士山を中心とすると大パノラマ。気持ちが休まります。think 

箱根に行ったときは、お勧めのスポットです。

 箱根にはいくつもの美術館がありますが、ポーラ美術館も素敵です。セザンヌ、ルノアール、マネ、モネなどの印象派から、ピカソ、ブラック等キュービズムの巨匠までの名画がたくさん所蔵されていて、一見の価値は大いにあります。good              

 こちらは、仙石原の奥まったところにありますが、建物は広く大変モダンで快適なアトリュームなどの空間に配慮したところが見事です。どちらも中にレストランがあり、ここで一休みも良いものです。happy01

 美術館を出て、小湧園ホテルを小田原方面に。宮の下の富士屋ホテル、明治11年創業の有名ホテル。ここでおそい昼食。カレーライスを頂き、ホテルの脇のホテルが経営しているパン屋さんでおいしいと噂の食パンを買いました。(v^ー゜)ヤッタネ!!

 そこから、戻って、御殿場へ。アウトレットモールへ。ここも、人は一杯。店舗数が多く、品物が豊富にあり、おしゃれで歩いていて楽しいけど、私たち年齢の女性に合う商品は少ないような気がします。あったとしても探しているうちに疲れてしまいます。せっかくきたのだからと亭主がコーデュロイのパンツと、毛糸の帽子を買ってお終い。若い人たちなら、広くて、清潔でブランド物がいっぱいのこのモールは、きっと楽しい場所ですよね。think

写真 成川美術館

091012_12580001

091012_13010003

091012_13070001

091012_13040002

091012_13370002

091012_13430001

091012_13500001

富士屋ホテル(カメラ忘れて、携帯で撮影しましたが、ここでバッテリーあがってしまいました。)

091012_15020001_2

091012_15060001

梅干しパンと食パン

Img_1759

Img_1754

Img_1761

元箱根湖面彩る紅葉かな(ぐうたら亭主)

湖尻から乙女(峠)に出れば秋の富士(ぐうたら亭主)

| | コメント (3)

Mr.オバマやったね!

10月10日(土)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_10_22_50

 本年度のノーベル平和賞にアメリカのオバマ大統領が選ばれたと発表がありました。shine

 核軍縮を進めようという点が評価されたと云っていましたね。ear

 やはり、アメリカの大統領のアクションというものは、大きなインパクトを与えるものなんですね。積極的に人類のため、やっていただきたいと思います。なにはともあれ拍手喝采。impact

 このことに関連して、思い出したのは、オリンピック招致のプレゼン。

 オバマ大統領が演説したにもかかわらずシカゴ最下位でしたね。そうすると、ノーベル平和賞、アメリカの大統領だからの受賞ではなく、彼の政治哲学が評価されたということなんでしょうね。sign03

 招致委員会では、鳩山さんも、東京がシカゴに負けないで良かったですね。シカゴに負けたらオバマさんと比較され変に評価されたかも?どちらにしても東京は負けてしまったんで改めてがっかりですね~。(´Д⊂グスン

 ぐうたら亭主東京オリンピックの時、陸上と水泳それにパラリンピックの入場式も見たって自慢して得意になっていたので(この話、随分聞かされていてうんざり。でも)少しかわいそ・・・・・な?happy01sweat02

富士の上空いっぱいの鰯雲(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_10_23_01

| | コメント (3)

八重奏団を聞き・深まる秋をパチリ!

10月9日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_09_18_21

 昨夕、チェコ・フィルハーモニー八重奏団のチャリティー演奏会にいってきました。run

 チェコ・フィルの首席奏者らを中心としたメンバー8人。いずれも達人。約2時間にわたり生の演奏を堪能しました。lovely

 演目は、日本人に親しまれている曲で、アイネ・クライネ・ナハトムジークから始まって、間にチェコの偉大な作曲家ドボルザークの作品を入れ、終わりに皇帝円舞曲という構成。ヨーロッパの歴史の深さを感じた次第。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

 横で聞いていたぐうたら亭主、体でリズムを取ったりして。おれは、モーツアルトが好きだとのたまわって何かいやな感じ。結構真面目に聞いていたのは曲がpopularだったからですよねぇ~?catface ちなみに、昨年は、ウィーン・フィルのメンバーによるものでした。

 明けて今日、15時過ぎ、しばらく行けなかった菜園へ。白菜の苗が虫に食われて全滅でした。それでもキャベツとブロッコリィは何とか育っていました。

 あいている場所に、小松菜、ホウレンソウ、ソラマメの種をまき、小玉ねぎを植えてきました。天候不順は、野菜作りの敵です。かないませんねぇ~。bud

写真は、今日とれたサトイモ、ピーマンなど。(大したことありません。すみません。)

Img_1723

畑の周り。秋本番という感じをスナップ!

Img_1709 Img_1715

Img_1711

Img_1713

秋の小川note

Img_1714_2

ススキの軍団?

Img_1719 Img_1720

たけなわの、秋を探して山里へ(ぐうたら亭主)

| | コメント (3)

台風18号猛烈!

Cocolog_oekaki_2009_10_08_22_59

typhoon10月8日(木)台風後晴れrainsun

 台風18号日本列島を襲う。weep

 昨日から今日にかけ、列島をほぼ縦断。今年は、台風の数は、少ないらしいけど、18号は猛烈に発達。各地に大きな被害。w(゚o゚)w

 幸い、私のところは被害はありませんでしたが、被害にあわれた皆さんに心からお見舞い申うし上げます。

 台風などで、被害が必ず出る。これ天災、それとも人災?

 日本の治水対策など公共施設、災害対策施設などの基準の見直ししないでだいじょうぶかしら?think

 時間70ミリの雨、50年に1回の確率ときいたことがありますけど、今は時間100ミリなんて大雨が降る。これだと水害必ず出ますよね~。

 公共事業やるお金もないし、子供対策、失業対策などやることが山積。どうすればよいのでしょうか。私にはわかりません。とにかく災害で犠牲者が出ないよう祈るばかりです。(´・ω・`)ショボーン

台風の過ぎたる空の青さかな(ぐうたら亭主)

| | コメント (0)

私流「栗」の渋皮煮

Cocolog_oekaki_2009_10_07_22_07

typhoon 10月7日(水)雨台風接近rain

 栗の渋皮煮、毎年作って、かれこれ20年はやっている。smile

 最初は、新聞の家庭欄で見たのがきっかけだったと思う。

 この時期になると、自然にお店の栗に目がいく。先日、良い栗があったので買ってきた。note

 私が作った渋皮煮は、亭主のほか、子供たちにも人気があるのでがんばって作ることにした。ι(´Д`υ)アセアセ

私流作り方

1栗は、丸みのあるものを選ぶ。(1kg)

Img_1252

2 栗を良く洗い、一晩ほど水につけ、渋皮を傷つけないように包丁で剥く。皮むきは、包丁の角を使うとうまく剥けます。

Img_1251

3 鍋に剥いた栗とひたひたの水を入れ、重曹を小さじ一杯ほど加えて沸騰後、弱火で20分~30分煮る。写真は、水が栗より下にありますが、必ず水は栗より上にあるように煮ます。

Img_1257_2

Img_1258

4 自然にさまし、水道水を細く鍋に流しながら、渋皮のもやもやした部分を親指で丁寧にこすり取る。

Img_1259Img_1285

5 もやもやを取ったら、再び鍋に新しい水を入れ、重曹を先ほどと同量と白砂糖(栗が柔らかくなったのを確認してからいれる。)を入れて煮る。ここでの煮汁は捨てて新しい水をいれる。そのあとは、3から5までの作業を繰り返す(2~3回)。砂糖は全部で1kgほどを分けて入れるが一度に入れると栗が堅くなるので、気をつける。

Img_1292 Img_1293

6 繰り返し煮た後、煮汁につけ、自然に冷やす。(鍋のまま、1日~2日冷たい場所に置いておくと砂糖が栗にしみ込んでおいしくなる。)

Img_1351 Img_1356

7 出来上がり。ブランディ又はウイスキーを好みで数滴垂らして香をつけて食べる。

Img_1402 Img_1412 Img_1414

栗を剥く母のその手に深きしわ(ぐうたら亭主)

| | コメント (1)

萩と紫式部

10月6日(火)小雨rain

 庭に、萩の花が咲いている。もう散り際。風が来ると緩やかに波打つ。萩は、マメ科に属し秋の代表的な花で秋の七草の一つ。smile

 万葉集にも歌われるなど古のかたがたにも愛されたらしい。家のぐうたら亭主、柄にもなく、萩が好きだ。なんて、のたまわっている。ほんとかしら?sign02

 秋風に大きく揺れて、はらはらと花がこぼれるさまが風流だ。と、おっしゃる。風流とは縁遠いのになぁ。┐(´д`)┌ヤレヤレ

 一方、ムラサキシキブ(紫式部) が実をつけている。(花は初夏に咲いた。)紫の実が実に綺麗で可愛らしい。heart04クマツツラ科の落葉低木。もう葉が少しきばんできている。何ともこの木、ネーミングがよろしい。彼の女流文豪紫式部さまの御名前を頂いたのだから・・・・・幸せですね。happy01

 こちらについては、ぐうたら亭主からのコメントはありません。やはり、ぐうたら?ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

写真  

Img_1176_2

Img_1307_3

ムラサキシキブ

Img_1163 Img_1650 Img_1651

Cocolog_oekaki_2009_10_06_19_11

咲く萩に古の女(ひと)思いたり(ぐうたら亭主)

源氏物語の世界。正妻の葵の上、源氏が最も憧れた義理の母の藤壷、源氏に愛された紫の上、嫉妬で狂う六条の御息所、明石で出会う明石の上、朧月夜などなど・・・・・古の女性・・・・どのような?・・・・?

| | コメント (2)

フープ&フープネックレス

10月5日(月)雨rain

 2日の土曜ビーズのお稽古があり、大方仕上がっていたフープ&フープネックレス(門田ゆき子氏デザイン)を完成させました。delicious

 リングを作るのに手間がかかり完成まで少し時間がかかりました。

 それでも、完成すれば、楽しいですね。( ^ω^)おっおっおっ

写真 リング部分を作る。

Img_1392 Img_1393

9ピンパーツを作り、9ピンを丸カン小でつなぎ、さらに丸カン大とつないでいき完成

Img_1638 Img_1641 Img_1644

私が、付けてみました。

Img_1639_2

雁が音や徹夜でつくる玉飾り(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_05_23_47

| | コメント (2)

K氏からのご招待

10月4日(日)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_04_22_22

 9月の早い時期に、ぐうたら亭主の友人のK氏から、今日、月見fullmoonで一杯のご招待をいただいていた。delicious

 18時に夫婦でK氏宅へ。途中山の端を離れた東の空に十六夜(いざよい)・・・・ほとんど丸く輝いて・・・fullmoonflair

 奥さまが、腕によりをかけた料理がおいしいsign01月見で一杯なんてなんと贅沢な。

 K氏宅には、大きな松の木が数本あって庭から見あげる、まさに月と松の競演。しばし、ため息。う~ん。お見事sign03月を愛する心は、日本人の遺伝子に深くきざまれているのかなぁ。それにしても、ぐうたら亭主にそんな遺伝子ないわよね~。月より団子!つまんない。weepsweat02

 奥さま、ごちそうさまでしたsign01

Img_1618_4  Img_1621_2

Img_1622_2

独り占めしたくて山の月見かな(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_04_22_58

| | コメント (2)

亭主の父君の法要

10月3日(日)雨のち曇りのち晴れraincloudsunfullmoonCocolog_oekaki_2009_10_04_10_38

 今日は、亭主の父の17回忌。10時から菩提寺で法要。そのあと会食して、無事終了しました。

 義父は、85歳で亡くなりましたが、几帳面の上に頑固一徹。顔、大きく長身、体格はよいというこわもて風貌。明治の人そのものでした。confident

 この義父が、孫の女の子の名前、全部付けました。その孫たちも今は人の親、良い伴侶に巡り合い皆幸せです。lovely

 ぐうたら亭主、いつも義父を怖がっていました。┐(´д`)┌ヤレヤレ整理整頓が出来ない、時間にルーズ、ぐうたらの典型、と、えらい違いですが、DNNとは、こわいもので、へんなところで頑固になって、似ているなぁ・・・・・と感じること、たまにあります。

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

 いずれにしても、明治は遠く、さらに遠くになりにけりです。

 満月や夜空にかかる歩み橋(ぐうたら亭主) 

Cocolog_oekaki_2009_10_04_11_09

| | コメント (3)

月下美人を発見!

10月2日(金)雨rain

 Cocolog_oekaki_2009_10_02_16_09

 杯の中揺れる満月ぐいと飲み(ぐうたら亭主)

月下美人が、一週間ほど前から温室の隅で咲いていたらしい。昨夜強い香りがするので覗くと暗い中に薄ぼんやりと白い花。^ω( ^ )

 月下美人だ。!19時ころから咲きはじめ、20時にはほぼ満開になる。smile

 朝は、もうしぼんでしまう一夜花。それだけに、美しさも際立つ。sign01

 メキシコ原産のサボテン族、クジャクサボテン族に属する多肉植物だそうです。6月から11月の間に咲くとのことですが、我が家では、毎年8月と10月の2度咲きます。coldsweats01

 肥料は、春にマクアンプKを小さじ一杯ほど与え、その後は一週間に一度土の乾き具合を見て水やりします。10年ほど前に、知人から茎を頂き挿し木から育てたものです。(*´ェ`*)

 それにしても、なぜ一夜なのかなぁsign02不思議?

写真 つぼみの状態

Img_1482

ほぼ満開

Img_1472 Img_1484

Img_1470

茎の状況

Img_1476

満開のアップスナップ

Img_1489 Img_1485

| | コメント (2)

刺繍 宝石箱

sun 今日から10月。昨日の雨から一転、清爽(かわらか)な気候。smile

 お出かけ日和。朝食をすませ、刺繍のお稽古へ。着いたときは、皆すでにはじめていました。手がけている「アメリカの子供たち」に取り掛かりました。これ、150色は糸を使うので大変です。sweat01

 下の写真は、前に作った宝石箱の花の刺繍です。小さいけど、花の種類、濃淡出すために糸を50種以上使ったので大変でした。けど皆と、だべりながらのお稽古、結構情報が入ってきて楽しいものです。happy01

Img_1535 Img_1530 Img_1533

 

Img_1529_2 Cocolog_oekaki_2009_10_01_18_47

稽古行く後ろ姿に秋の蝶(ぐうたら亭主)

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »