« 刺繍テーブルクロス、踊り子とフルーツ | トップページ | 簡単!生姜の佃煮 »

鎌倉彫光背(額)

10月21日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_10_21_22_34

 午前中来月の鎌倉彫のお稽古場所確保に。(申し込み。)horse

 午後から、やりかけの八方彫痕のお皿に取り掛かる。しばらくしてお隣の奥さんから電話。2時間ちかくお邪魔してしまい、結局進まず。telephone

ま、いいか。スローライフ!スローライフ!そうこうしているうちにぐうたら亭主、関係している団体の会議から帰ってきて、一番。アー腹へった。!何かない?ときた。(# ゚Д゚) ムッカー

 ぐうたら亭主、まだ、立場がわかっていないらしい。今の世の中、男女共生社会。夫婦共生家庭。これ原則。言いかえれば常識。catface

 福島大臣!男性(特におやじの)の教育をよろしくね。お願いします。smile

写真は、光背を模様化して額に彫ったもの。光背は、仏様の後ろからさす光。この光背の模様は、炎と極楽の花、宝相華。模様を浮き出させる地すきが、大変でした。sweat01

Img_1927 Img_1928 Img_1941 Img_1930

上部に。炎の感じを出すのに苦労しましたが・・・でているかどうか?

Img_1934

横から裏側へと彫りは、続くが、横の部分です。

Img_1946

裏側へ。塗りは、乾口塗りと黒漆。サイズは、27*27㎝

Img_1958 Img_1957

あてもなく歩き五感で秋を知る(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_10_21_22_59

|

« 刺繍テーブルクロス、踊り子とフルーツ | トップページ | 簡単!生姜の佃煮 »

鎌倉彫」カテゴリの記事

コメント

またまた、お邪魔します。
お孫さんは「りんご」さんで、コメント常連さんは「さくらんぼ」さんで奇しくも私は「もも」ですね。coldsweats01
それにしてもご趣味の多彩なこと。どの作品もすばらしいですね。私はおそらくは、マジョリンさんより下の世代ですが、すでに細かい作業やパソコンは目と肩がついていかないです。でも、弱音を吐いていないでがんばろう!という気になってきました。upwardright

投稿: momomo | 2009年10月22日 (木) 00時16分

このデザイン、好きです!
日本人の感性って、やはり優れていますよね。
裏も素敵。
冒頭の龍のイラストは??

投稿: さくらんぼ | 2009年10月22日 (木) 09時36分

momomoさんへ
今日は。お元気のようですね。また、来て下さってありがとうございます。何事も下手な横好きです。私、手先使うの好きなんです。体使うお掃除は、大の苦手ですが。お名前、偶然とはいえ本当に三人果物ですね。2日目のテーブルクロスの模様フルーツだったのもなんか偶然。momomoさんのところに一度お邪魔させていただきます。実は、今日の午前中ちょっとお邪魔しました。すみません。

投稿: マジョリン | 2009年10月22日 (木) 22時45分

cherry
冒頭の絵、単なるひらめきです。本文とは全く関係ないです。じゃあ、なぜかくの?でしょう?
なんとなく書いて、なんとなく書き入れてしまったんですが、それが魔女の魔女たる由縁かな。

投稿: マジョリン | 2009年10月22日 (木) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 刺繍テーブルクロス、踊り子とフルーツ | トップページ | 簡単!生姜の佃煮 »