« 萩と紫式部 | トップページ | 台風18号猛烈! »

私流「栗」の渋皮煮

Cocolog_oekaki_2009_10_07_22_07

typhoon 10月7日(水)雨台風接近rain

 栗の渋皮煮、毎年作って、かれこれ20年はやっている。smile

 最初は、新聞の家庭欄で見たのがきっかけだったと思う。

 この時期になると、自然にお店の栗に目がいく。先日、良い栗があったので買ってきた。note

 私が作った渋皮煮は、亭主のほか、子供たちにも人気があるのでがんばって作ることにした。ι(´Д`υ)アセアセ

私流作り方

1栗は、丸みのあるものを選ぶ。(1kg)

Img_1252

2 栗を良く洗い、一晩ほど水につけ、渋皮を傷つけないように包丁で剥く。皮むきは、包丁の角を使うとうまく剥けます。

Img_1251

3 鍋に剥いた栗とひたひたの水を入れ、重曹を小さじ一杯ほど加えて沸騰後、弱火で20分~30分煮る。写真は、水が栗より下にありますが、必ず水は栗より上にあるように煮ます。

Img_1257_2

Img_1258

4 自然にさまし、水道水を細く鍋に流しながら、渋皮のもやもやした部分を親指で丁寧にこすり取る。

Img_1259Img_1285

5 もやもやを取ったら、再び鍋に新しい水を入れ、重曹を先ほどと同量と白砂糖(栗が柔らかくなったのを確認してからいれる。)を入れて煮る。ここでの煮汁は捨てて新しい水をいれる。そのあとは、3から5までの作業を繰り返す(2~3回)。砂糖は全部で1kgほどを分けて入れるが一度に入れると栗が堅くなるので、気をつける。

Img_1292 Img_1293

6 繰り返し煮た後、煮汁につけ、自然に冷やす。(鍋のまま、1日~2日冷たい場所に置いておくと砂糖が栗にしみ込んでおいしくなる。)

Img_1351 Img_1356

7 出来上がり。ブランディ又はウイスキーを好みで数滴垂らして香をつけて食べる。

Img_1402 Img_1412 Img_1414

栗を剥く母のその手に深きしわ(ぐうたら亭主)

|

« 萩と紫式部 | トップページ | 台風18号猛烈! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

栗の渋皮煮、おいしそうです!
私も大好物で以前は毎年作っていたのですが、今年は良い栗が手に入るかしら・・・??
渋皮を傷つけないように鬼皮を剥くところが難しいんですよね。
私はブランデーをたっぷり入れて食べるのが好きhappy02です。

投稿: さくらんぼ | 2009年10月 8日 (木) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 萩と紫式部 | トップページ | 台風18号猛烈! »