« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

ワシントン3日目、パンダ(国立動物園)、ホワイトハウス、メキシカン

11月28日(土)その2 晴れ

 アメリカの国会議事堂を見学したあと、孫たちが一番楽しみにしていたのが、国立動物園の「パンダ」見学。

 今はもう上野でもパンダを見られないので、ここ、ワシントンで会えるのを心待ちにしていました。lovely

Cocolog_oekaki_2009_11_29_21_17452

上の絵 孫娘が描いたパンダ

子供のタイシャン。活発に動き回ってとても可愛いです。

455

間近でパンダを見て喜ぶ孫たちを見て、私も嬉しくなりました。smile

457

大人のパンダが木に登っていました。

475

3時ころになると、3頭のパンダはそれぞれのパンダ舎へ。

お食事タイムを見る事ができました。

 パンダは笹だけを食べていると思っていましたが、写真は白い筒の中のお肉を食べているところ。

 動物園ではパンダだけを見学しましたが、ここ国立動物園は、120年の歴史があり、6.6平方㎞の敷地に、400種2000の動物がいるそうです。研究、教育、野生の保護、特に絶滅品種の保存に努めるなど、世界のリーダー的な存在だそうです。

 パンダは、夫婦子供の三頭、中国から10年間、11億円で借りているそうです。いずれにしても、家族づれで満員御礼。1日楽しめる場所だと思いました。しかも、入場料は無料。

動物園は、パンダだけに絞って見物、その後ホワイトハウスへ。

476

テレビで見ていたホワイトハウス前のクリスマスツリーxmas

かなり大きなツリーで、遠くからも目立ちます。

479

 ホワイトハウス。アメリカの大統領の公舎。美しさと権威が感じられます。今は中には、国会議員の紹介がある場合など限られた条件を満たすもの以外は、入れないとのことでした。離れた場所から建物を見るだけですが、それでも見学者は、大勢いました。

 私は、オバマ大統領と握手させていただくつもりでしたが?そういうことで、願いを断念しました。(´Д⊂グスン が、本物のホワイトハウスを見る事が出来て大満足でした。

 夕食は、すぐ隣のバージニア州にあるメキシコ料理の店、「Rio Grande Cafe」へ。DCのホテルから車で15分位のところ。

 このお店はワシントンDCに長く住んでいた娘のお友達が勧めてくれたレストランです。

502

地元の人たちで大賑わいでした。

506

 初めてのメキシコ料理。チキンとビーフのファフィタス。海老のグリル。焼き立てのトルティーヤ(メキシコのパン)やメキシカンライス、豆のスープ、ワカモーレなどがついてきました。量が多くて驚きました。

 メキシコ料理がどんなお料理なのか、全く知りませんでしたが、お肉も柔らかく、野菜も多く、想像以上においしかったです。

 日本に帰ったら、ぐうたら亭主に作って驚かせようかしら?

 それは、気持ちだけ。やっぱり、私には出来ません。お料理作るの下手だから。(´・ω・`)ショボーン

498   Cocolog_oekaki_2009_11_30_20_23  

レストラン入り口でトルティーヤを焼いていました。

| | コメント (1)

ワシントンDC3日目、国会議事堂

 11月28日(土) 晴れsun  体感温度13度位?

Cocolog_oekaki_2009_11_29_22_18

 今日の見学は国会議事堂から。

インターネットで予約して、朝1番の8時50分の回に参加。eye

20091128_211

東西に伸びる緑地帯の東端に位置する白亜のドームを頂く建物。

ワシントンDCはこの議事堂を中心に作られたそうです。

428 柱を下から・・・。

西側を見れば、下の写真のとおり、直線上にワシントン記念塔、リンカーン記念館が見えます。

20091128_230

ツアーの始まりは映画から。

アメリカの議会の歴史が15分程にまとめられていました。

20091128_161

ロタンダと呼ばれる上のドーム下のホールを見学。

国会議員の儀式にも使われるそうです。ドームの高さは55,8m。

また周囲にはアメリカ史上のできごとが描かれた絵画がかけられ、いくつかの彫刻がありました。権威をひしひしと感じます。confident

20091128_171

ちらはリンカーン像。当時17歳の少女が作成したとの事。

20091128_169

ツアーの様子。30~40人程のグループでまわります。

時間ごとに多分160~200人はいたと思います。

20091128_180

こちらは彫像ホール。

各州が選んだ週の代表的人物の像が2名づつ陳列されています。

このホールだけでなく、玄関ホール?にも飾られていました。

20091128_168_2  20091128_170

ハワイ代表、カメハメハ大王。 アラバマからはヘレン・ケラー。

20091128_184  20091128_186

 ネイティブ・アメリカンの偉人像。

 コロラドはアポロで月に行った宇宙飛行士。その後議員に。  

 アメリカは、さまざまな個性を持った州の集まりなんだと改めて思いました。

 残念ながら会議場などの見学はできませんでしたが、アメリカの歩んで来た道を垣間見ることができました。

 今日は、このほかにも、歴史博物館、ホワイトハウス、国立動物園を見学してきました。また、前の日には世界最大のホーブダイヤモンドを国立自然史博物館で見てきましたので、改めて整理して綴りたいと思っています。

 明日日曜日は、ここを早く発ち,NYに帰ります。改めてNYの生活がはじまります。

Cocolog_oekaki_2009_11_29_14_40

| | コメント (1)

ワシントン記念塔、リンカーン記念館、ナショナルギャラリー・・・

11月27日(金)   晴れ、曇り、小雨 suncloudrain  肌寒い

Cocolog_oekaki_2009_11_28_18_40

  今日は朝から精力的に観光して歩きました。ワシントンDCの中は、一口では語られないほど、道路、公園、公共施設など立派で綺麗,そしてスケールが大きいなという印象をうけました。think

  朝5時45分起床。6時半から朝食。早く起きたのは、ワシントン記念塔に登るため、朝8時半搭乗の整理券を受け取りに行くためです。run

 今朝はかなり冷えましたが、パパが行ってくれました。行ったときにはかなりの人が並んでいたそうで、 20分ほど並んで9時からの搭乗予約を取ることができました。

  こちらも無料。(v^ー゜)ヤッタネ!!

  ただし、ワシントンの博物館等はセキュリティが厳しく、たいてい荷物のチェックがあります。ペットボトルなどは持ち込めません。

  Img_5266

  高さ169.2m。塔の上の展望階までエレベーターで70秒で到着。

  天気が良かったので、ホワイトハウス、国会議事堂、リンカーン記念館など、よく見えて今日の観光に期待が高まります。この塔がランドマークになっていて、何処にいっても広い街の方向が把握できます。広すぎてよくわからないのですが、この塔があるこの付近が中心かなという感じです。

  その後、歩いてリンカーン記念館へ。

  近く見えますが、写真を撮ったりしながら歩くと30分。

  第16代大統領、「エイブラハム・リンカーン」の偉業を称えて建立されました。

 ここで有名なリンカーン像にご対面。happy01

Img_5287

1セントコインにも刻まれている記念館。

虫眼鏡でコインを見ると、リンカーン像も見えるとか。

Img_5294  Img_5296

 有名な 「 Goverment of the people,by the people,for the people・・・ 」 の演説が刻まれていました。

 ちなみに、このリンカーン像、立ったら8.5メートルとかなり大きかったです。

 その後、楽しみにしていたナショナル・ギャラリー(国立絵画館)へ。dash

 ルーブル美術館に匹敵するとも言われる美術館。

 絵画鑑賞は、私の若いときからの趣味の一つ。

 膨大、かつ素晴らしい絵画の全ては市民から寄贈されたか、寄付金で購入したものだそうです。収蔵品の数は、世界一といっていました。

 NYのメトロポリタン美術館と展示方法など似ているなぁとかんじましたが・・・・・・いずれにしてもスケールに圧倒されました。coldsweats01

 アメリカの懐の深さを感じました。こちらも入場無料。

Img_5310

ナショナルギャラリー正面玄関。

Img_5315

美術館のハイライト、レオナルド・ダ・ビンチの 「ジネブラ・デ・ベンチの肖像」

ヨーロッパ以外でダビンチの絵画が見られる唯一の絵画。

Img_5317

ボッティチェリの 「若者の肖像」

15世紀、フィレンツェの宮廷画家。

Img_5321

ラファエロの 「アルバの聖母子」 こちらも美術館の代表作。

332

楽しみにしていたフェルメール。「はかりを持つ女」

330

フェルメール「手紙を書く女性」

331

フェルメール「赤い帽子の少女」 この絵は、フェルメールが好んで描く窓辺の構図ではありません。 しかし、独特の空気が伝わってきます。

レンブラントなどのオランダのもの、ボッテチェリなどルネッサンスのもの、印象派から現代まで・・・!!

この美術館、あまりにも広いので名画中の名画に絞り込んで見ました。途中、日本に来た作品も何点かあり、再び見る事が出来て感慨もひとしおでした。もし、DCに再度来る事ができるなら、ゆっくりと鑑賞してみたいです。

Cocolog_oekaki_2009_11_28_20_36

ワシントンの街は、いくつかの、ロータリーを中心に道路が放射線状に連結していました。都市計画の見本のような・・・・・そんな印象です。

| | コメント (0)

NYからワシントンDCへ(スミソニアン・ミュージアム)

11月26日(木)曇りcloud

  Cocolog_oekaki_2009_11_27_21_33

  朝目が覚めたのは8時。あ、寝坊だ!今日は、ワシントンDCにいく日。それにしても誰も起こしてくれない。おいていかれたか?急いで起きて行くと、全員起きたばかり。寝坊・・・・・・。weep

  急いで支度、9時前に家を出発、休憩2回をはさんで、3時半にバージニア州ダレス国際空港の近くにある航空宇宙博物館・別館(ウドバー・ハジー・センター)に3時半に到着しました。happy01

001

スミソニアン協会(世界最大のミュージアムと研究部門を統括)に属するミュージアムの一つなので、なんと入場無料!(駐車場は有料で15ドル。)confident

008

見たこともないようなユニークな、飛行機、ヘリコプターの数々。

超音速旅客機コンコルド(エールフランス)や湾岸戦争でも活躍した戦闘機F14-D「トムキャット」(映画トップガンで有名)も展示されていました。smile

017

B-29「エノラ・ゲイ」。 これが広島に原爆を落とした爆撃機だと思うと複雑な気分です。

018

029

スペースシャトル「エンタープライズ」

本物ですが、テスト用で宇宙には行っていません。

047

日本の戦闘機、愛知M6A1「晴嵐」。

パナマ運河の奇襲を目標に作られたそうです。

実際に戦闘には出ていません。

戦闘機を見るのは、あまり楽しくありませんが、可愛らしい飛行機もありました。

016

このヘリコプター(?)、乗ったら結構怖そう。

この施設、7604㎡と東京ドームの1.45倍あるそうです。とにかく広いので、少々疲れ気味。喜んでいたのはパパでした。(ただ、エノラ・ゲイのところでは、深刻な顔してました。)

Cocolog_oekaki_2009_11_27_17_02

004_3  042_3

バージニア州からワシントンDCに着いて、チェックイン前に少し車で国会議事堂など市内見物。その後中心部のJWマリオットホテルhotelに宿泊

006

045

部屋からワシントン記念塔が見えます!この塔の高さ、169.2mエッフェル塔ができるまでは世界一の高さだったそうです。しかし、なんで169.2mなんでしょうかね。(フィート換算555フィート)

005

今日も一日終わりました。夜が更けてきましたので寝ます。少し疲れました。おやすみなさい・・・sleepy

| | コメント (3)

ワシントンDC行き準備

11月25日(水)雨rain  10度

Cocolog_oekaki_2009_11_26_16_22

 今日は、雨。おまけに娘と孫息子が風邪気味。娘は子供を連れて病院へ。hospital

 ここでの生活は、車がなければやっていけない。近所の家を見ると大体2台3台ある。日本でも、地方では、2台,3台ある家はそう珍しくはなくなったけど・・・・日本の場合、国土が狭いうえに公共交通機関が発達しているので、車がなくても生活の不便さは余り感ぜられません。

 私は、車の運転ができないため(箒には乗れますけど?)ここでは、動きがとれません。weep

 ということで、今日は、明日からワシントンDCへの旅行の準備。

198

 アメリカでは、11月の第4木曜日はThanks giving Dayで国民の祝日。続く金曜日は、Black Fridayというお休みで土、日曜日に続き4連休になるという仕組み。

 日本から私が来るというので、この4連休を利用して、ワシントンDCへの旅行を計画してくれました。なんという親孝行の子供たち。sign01これぞ、儒教の教えの実践、歴史のある国の重み。子供の鏡!うれしい~sign03・・・ところで儒教って?

141_2

 家から、ワシントンDCまで車で南下、約4時間の距離にありますが、この4連休は、アメリカでは、日本の盆や正月のように家族が集まってお祝いする習慣があるそうで、交通は大混雑だそうです。したがって、所要時間を7時間くらい見ているとパパがいっていました。think

 明日は、7時には出発。rvcarワシントンでは、ナショナル・ギャラリー、4.5カラットのホープダイヤモンドの見られる自然史博物館、パンダのいる動物園(孫たちの希望)など色々行きたいと思っています。

 Thanks giving Dayは、アメリカの祝日の中でも最も重要視されているものの一つだそうです。1600年代大陸に渡ってきたときの困難、居ついて生活基盤が出来た喜びと感謝。神に感謝の祈りを捧げる。そんな歴史を持った日だとききました。

 ここ,NYでも、Thanks giving Dayは、メイシーズデパートのパレードなど大きなイベントがあって、大賑わいになるとのことです。両方行きたいけど、私の身はひとつ・・・・・・。

 ところで、家に置いてきたぐうたら亭主、少しは家のことやっているかしら?その前に生存しているかしら・・・・・?。ま、しぶとい人だから大丈夫!。その点は確信sign03

民間外交 環境問題Cocolog_oekaki_2009_11_26_21_47

| | コメント (0)

タイムワーナーセンター VS? うちのクリスマスツリー

11月24日(火)  くもり  14℃

Cocolog_oekaki_2009_11_25_19_47

木曜日から、サンクスギビングの連休で、ワシントンDCに娘一家と行きます!私が来たのでパパが、見学させてやろうとの子供心。えらく身にしみます。これも私が楽しみにしていた一つ。(*^m^)

 その前なので、今日も自重して娘宅で大人しく待機・・・。

 せっかくのNYなのに、連日お留守番とはつまりませんが、まあ、のんびり、スローで。娘は子供の学校に用事で出かけました。

 好きな刺繍や、クリスマスツリーの飾りつけをして過ごしました。rvcar

 そんなわけで、今日は、21日の土曜日、オペラの帰りに娘が案内してくれた コロンバスサークル、タイム・ワーナー・センターホリデーイルミネーションがとても綺麗だったので、ご紹介します。

004

このツインタワーがタイムワーナービルです。

 タイムワーナービルは、セントラルパークの南西にある高層のツインタワーで、ショッピングモール、ホテル、高級コンドミニアムなどの複合施設です。

吹きぬけからロビーにかけて全体にイルミネーションが。

時には音楽に合わせて、刻一刻と色が移りゆきます。shine

084

085

086

上3枚は1階からの眺め。

下は2階からの眺め。

099  101

105  103

幻想的で、いつまでも眺めていたい気持ちになりました。happy01

娘の家でもクリスマスツリーの飾りつけをしました。飾りつけた後に帰ってきた孫たちは大喜びでした。ついでに私も・・・・・。

  071 

テーマカラーはピンクとシャンパンゴールドだそうxmasshine

娘の家のツリーは、造花?ですが、生のモミの木をツリーにする家も多いそう。 香りが良いのだとか。

075 

076

ちょっと地味かしら?

もっとピンクを増やして、華やかにした方が良いと思うのですが、いかがでしょうか?

073  078

077  072

今回この時期に来たのは、NYのクリスマスシーンを見ることも目的の一つです。娘たちが住む地域では、どこの家もクリスマスツリーと家に思い思いのイルミネーションを飾り、競い合うように楽しむそうです。何事においてもとことん楽しみ方の上手な国民だと思います。

有名なロックフェラーセンターのツリーも見に行きたいと思っていますが・・・・・・・。

Cocolog_oekaki_2009_11_25_21_12

| | コメント (0)

ヘルズキッチン・フリーマーケット

11月23日(月)  くもり cloud 10℃

Cocolog_oekaki_2009_11_24_17_31

 週末は外出が続きましたので、今日は家でのんびり。

外はちょっと肌寒いかな。家の中はシャツ一枚で過ごせます。delicious

 今日は、昨日行ったマンハッタンのヘルズキッチン・フリーマーケットをご紹介したいと思います。confident

このフリーマーケットはNY最大規模との事。

073  164

左は目印のマスコット。

 マンハッタンのミッドタウン、ウエストサイドの39丁目、9番街と10番街の路上で、土曜、日曜に朝9時から夕方5時ころまで「ヘルズキッチン・フリーマーケット」が開かれているということで、連れていってもらいました。でも、今の時期は暗くなるのが早いので、もっと早く閉店するかもしれないとパパがいっていました。

 この辺りは、時間や場所によって治安が悪そうなので、行かれる場合は、注意が必要なようです。

 私たちは、午前10時ころ着きました。

 お店も出揃い、お客さんも程よくいて、怖い感じはしませんでした。

162

娘が言うには、ファイヤーキングやオールドパイレックスという日本でも人気の食器も売っているそう。

私には、よくわかりませんcoldsweats01

166  169

車のナンバーで作ったバッグ。 古いジュースの箱。(誰が買うのでしょうかね。)

165

古~いミシン。

159

クリスマスの飾りも見かけましたxmas

170

ガラクタに思えるようなものもたくさん・・・。

157

この箱の中から、私もいくつか買いました。

つたない英語でおまけをしてもらったり、ちょっと楽しい体験でした。

今日の戦利品?をご紹介します。

065_2  066_2

067_2  070_2

シャンデリアのパーツ。(オーストリア製?) 

穴があいているので、私の趣味のビーズアクセサリーに変身させたいと思っています。

068  069

これは、翡翠との事。ホント?羊と仙人?(実物はもう少し緑色)可愛いので買っちゃいました。

下は娘の買い物。

059_2  061

左はキャサリンホルムというノルウェーのボウル。50~70年代。

右はチーズボックス。1950年代のものだそう。

組んで作っています。クラフト社の箱は人気だそうです。

娘一番のお気に入りは・・・

267

とても可愛らしいナンタケットバスケット風、編み籠をゲット。

268

宝探しの様で、楽しい体験でした。また行きたい!

Cocolog_oekaki_2009_11_24_22_18

| | コメント (4)

NYラジオシティ・クリスマススぺクタキュラー

11月22日(日) 晴れsun 13℃

Cocolog_oekaki_2009_11_23_17_40

 昨日の余韻が、まだ残っている。

 今日は、日曜日。孫の用事に合わせ、パパがマンハッタンでの楽しい計画を立ててくれている。そういう意味で、盛りだくさんの一日。

 朝、パパの運転する車で一路マンハッタンへ。まずは、ハドソン川寄りのヘルズキッチン(地獄の台所といわれ昔は治安が悪かったとのこと。今は、洒落たお店、レストランなど変わったそうです。)のフリーマーケットへ。

 その後、アッパーウエストの有名スーパー「ゼイバース」へ。

 ランチ後 ロックフェラーセンター内、ラジオシティの「クリスマス・スぺクタキュラー」へ!

 このクリスマススペクタキュラーは、1933年から続く伝統あるショー。 パパが、9月ごろから予約してくれていたもので、NYの冬の風物詩ともいわれ、親子連れでいつも一杯だそうです。

 今日は、クリスマススぺクタキュラーのショーの様子をお伝えします。

074

101

上、ラジオシティ外観。下、ロビーのシャンデリアが物凄く豪華です

079

席は前から3列目! パパが良い席を頑張ってくれました。

ショーは、ダンス、歌、3D、バレエ、宙づり・・・!

さすが、エンターテイメントの本場 中は、超満員。

080

081

082

ラインダンスが有名。綺麗人の足って芸術?

084

兵隊さんがドミノ倒しに!

085

ロケッツのメンバーが観光バスでマンハッタンの名所案内

086

088_3

メンバーのクリスマスツリー。 

089

最後はキリスト生誕のシーン。

観終わったあとは、クリスマスって良いわ~、というほのぼのとした充実感。日本でいえば、ちょうど宝塚のショウを見ている感じでしょうか。一時間半休みなしのショウ。ただただ素晴らしかったです。う~ん!観劇!あ、まちがいました。感激!でした。

<p.s>

ショーの後は、NYナンバー1カップケーキと言われるマグノリアベーカリーへ。(案内してもらいました。)

107

こちら6番街のお店です。

109

アメリカンなケーキが並びます。

112

111

パステルカラーが可愛い。 でもでも、激甘!

レッドベルベットケーキとカラメルバナナカップケーキ、おいしかったです。さすが、マグノリア・ベーカリーがcup cakeの代名詞となるだけあります。食いしん坊の私。くることができて、うれし~・・・い。

| | コメント (0)

メトロポリタンオペラ 「トゥーランドット」とジョーズシャンハイ

11月21日(土)晴れsun  14℃

Cocolog_oekaki_2009_11_22_21_52

 リンカーンセンターにある、メトロポリタンオペラホールにいってきました。今回の旅行で楽しみにしていたもののひとつです。(゚ー゚)

 孫のパパが約2カ月ほど前から、プッチーニの「トゥーランドット」を予約してくださいました。

 朝、10時に娘と二人で家を出て電車でグランドセントラル駅に到着。駅からはタクシーで約10分リンカーンセンターに到着。car

 リンカーンセンターは、グランドセントラル駅の北西、セントラルパークからみると南西の位置にあります。

 ここには、以前来た時、外から観光ガイドさんの説明を受けていたので建物も記憶にあり、懐かしく思いました。このセンターには、中央広場を囲んでいくつかの施設、歌劇場、コンサートホール、劇場などがあります。

 ニューヨークフィルの本拠地でもあり、音楽を志す皆さんのあこがれのジュリアード音楽院もあります。note

 1時からの開演で少し時間があったので、広場の中心にある噴水をながめていましたが、凄く綺麗で迫力に圧倒されそうでした

 いよいよ、メトロポリタンオペラホールへ。2階からずっと上にかけて建物正面左右に、シャガールの大きな絵(2枚)が飾ってあります。素晴らしい絵です。

 私たちの席は3階の中央あたり。娘は、シーズン席を持っていますので定席、私はひとつ隣の席。中の方が私の席とチェンジしてくださったので娘と隣同士で見る事が出来ました。

  約3800席といわれているホールは満席。中は、外からは想像もできないほど豪華絢爛、天上からの巨大なシャンディリア、赤い絨毯、舞台、オーケストラピット・・・・・・!始まる前から大興奮。bravo!delicious

 いよいよ開演。プッチーニ作曲歌劇トゥーランドット。中国のお姫様を中心とするストーリー。舞台衣装、セット、アクター、オーケストラ、合唱どれもこれも完成度は最高で素晴らしいオペラをみて夢みたいでした。lovely

 幕間に2回休憩があり、皆、広いロビーでワイン、シャンパン、コーヒー、軽食を頂きながら待ちます。私はワインwineを少し頂きました。 

荒川静香さんがスケートで金メダルを取って有名になった「誰も寝てはならぬ。」から、2幕3幕の合唱が凄い迫力で盛り上がったまま終演。時計を見たら、3時30分でした。あっとゆうまの2時間半。このような非日常の時間を持てたことに感謝感激でした

 私の日常は、ぐうたら亭主の顔、いやでも見なければならないという日々(これ、幸か不幸か二人が生きている限り永遠に続きます。)ああ・・・ああ・・・・夢よ覚めないで頂戴!confident

057

本日の演目はプッチーニ作曲「トゥーランドット」。

066

曲中、色々な箇所で中国風の旋律が聞かれました。

テノールの名アリア「誰も寝てはならぬ」では割れんばかりの拍手。

舞台も衣裳も豪華でうっとり・・・。

067

休憩時間にシャンパンやコーヒーを楽しむ人達。

0652

音楽と優雅な雰囲気を満喫。

Cocolog_oekaki_2009_11_22_19_14

夕食は、娘がセット。中国繋がりで?クイーンズの 「ジョーズ上海」 へ。

こちらはグッと庶民的。

ショウロンポウで有名なお店。この日も行列。

122

玄関に 神田うの 美川憲一 荒川静香 の写真!

118

豚のショウロンポウ。ディンタイフォンにも負けません?!pig

120

肉汁がたっぷり!

121

名物 カニのショウロンポウ。 

カニみその風味!すごく気に入りました!

115

空心菜の炒め物。 「空心菜」 は初めて食べました。

シャキッとしていて、とてもおいしい。

メニューには載っていませんが、オススメです。

116

海老のチャーハン。

オペラ、おいしい食事restaurant。大満足の一日でした。娘夫婦のおかげで楽しい夢を見させていただきました。thankyou so much,謝々

| | コメント (0)

時差ぼけ?と手作り豆腐

11月20日(金) 晴れ 17℃

Cocolog_oekaki_2009_11_21_22_14

 本日快晴。 絶好のお出かけ日和。

 緊張がつづいていて、ここについて急に安心したせいか?朝、少し起きたけどなんとなく目が回りそうtyphoon。そして眠い。やっぱりここは、休んでいようということで、ベットに。

そのまま一日、寝てしまいました。sleepyそういえば、昨夜は遅くまで本読んでいたっけ。これ?もしかして時差ボケ?

 昼間は眠くて熟睡sleepy。 夜になると目がぱっちりwobbly

 夕食後、日本にいるぐうたら亭主から、スカイプが入り一日寝ていたことを報告。無理しても起きて現地の状況に合わせるようにとのアドバイス。think

 娘も同じ考えですので、がんばります。今は夜だから良いのですが、明日の朝が問題。

 眠気に立ち向かう気力!今、私に必要なものはこれしかありません。confident大和魂何処へいったの?と思うのですが・・・・・・。大和魂がなんでここに出てくるの?やっぱりここは、アメリカだから。う~ん。納得。意味不明。

142

夕食に娘がお豆腐を作ってくれました

(NYには日系のスーパーが何軒もあるので、お豆腐は簡単に手に入るとのこと。「男前豆腐」まで買えるそうです。 アメリカのスーパーにも 「TOFU」 当たり前に売っているそうです。)

今日は、他に何もないので、またまた娘のレシピをご紹介します。相すみません。

245

<材料>

豆乳    240cc (成分無調整。固形分12%以上のもの)

にがり   小さじ1/2 (大さじ1の水で溶く)

241

1、豆乳、にがり+水を混ぜる。

2、湯気の立った蒸し器に10~12分蒸す。(中火)

3、器を揺すって、固まっているようなら火を止め、蒸し器の中で10分休ませる。

マクロビの教室で習ったそうで、作り方は、簡単でおいしかったです。

娘の上げ膳据え膳に甘えていたけれど、少しは動かないと時差ぼけのまま過ごす事になりそう┐(´д`)┌ヤレヤレ

177

メトロポリタンオペラのあるリンカーンセンター。

 明日は待望のオペラ。これは、今回の目的の一つです。なんとしても、良好なconditionで見なければ・・・・。関係者の皆さんに申し訳ありません。(;´д`)トホホ…

時差ぼけなんて言ってられませ~ん(*゚▽゚)ノ

| | コメント (2)

アメリカのキッチングッズとインド料理

11月19日(木)(米国時間)  くもり~小雨cloudrain

 今日は、天気はどんよりとした曇り空。

 昨日と同じように起きて孫たちを送り出しました。bus

 普段、二人だけの生活をしている私にとって、学校に子供を送り出す行為、何年ぶりでしょうか。懐かしい。生活は大変でも、子育て中が人生の一番良い時、充実している時です。

 いずれにしても今日一日が始まりました。

012

孫の通学  朝、スクールバスが家の前まで迎えに来ます。

背中より大きなリュックを背負って通学しますcoldsweats01

013

庭のリス。 冬支度で忙しそう。娘たちの住む家の庭にはリスがいて、しょっちゅう見かけます。可愛いのですが、菌を持っているので気をつけながら共生しているとのこと。

014

一歩出ると。どこも、この様な感じのタウンです。信号が電線にぶら下がっていました。

 孫たちが学校にいっている間に、大きな台所用品を扱う店に連れていってもらいました。

ユニークな品物がたくさんあり、飽きませんlovely

019

日本でも流行りのカップケーキの道具。とってもカラフル!

021

3台分がひとつになった巨大なミキサー。大きすぎて持って帰れませんね。

023

色々なおヤカン。

024_3

このコーヒーカップ。 「喝」 って・・・!

ぐうたら亭主へのお土産にしようかしら?ぐうたらしているときに、喝!どうだ!まいったか!・・・よ~く考えますと、これ見せて何がまいったか私にもわかりません?・・・だからやめました。

お昼は、インド料理のビュッフェに連れていってもらいました。

私にとって、インド料理、初体験。

ベジタリアンの国でもあり、たくさんのお野菜が食べられました。また、インドの方も大勢食事にきていました。(それは、そうですよね。)

026  027

色々なカレーと香りのついたご飯。

辛い物もありますが、どれもおいしかったです。

0312_3

028

焼き立てのナン(インドのパン)とタンドリーチキン(スパイスとヨーグルトで漬けこんで焼いてあります。辛くありません。)がサーブされました。

イチロー選手も、朝からカレーを食べているとか聞いたことがあります。私の様な忘れん坊には、脳に喝!katsu!あ、さっきのカップ、私に必要かも?think

Cocolog_oekaki_2009_11_20_22_00

このような,mallがいくつか林の中にあり、ポロ・ラルフローレンなど日本でおなじみの店が入っていました。

| | コメント (2)

メキシコ料理ワカモーレ

11月19日(木)晴れsun

 朝孫たちが学校に行くので、ママは6時半には、起きている。私も7時には起きて少し手伝いを。孫娘は、7時にミドルスクールのバスbusが迎えに来るのでそれに乗って登校。

 孫息子は、8時過ぎにキンダーガーテン(日本の幼稚園年長にあたるが、幼稚園とも違い、小学校入学前1年ここにいくシステム)からバスbusが迎えにきてやはりそれで登校。

 孫娘は、学校の遠足でNYの科学博物園へ。happy0114時に帰ってきました。孫息子は、half-dayといって11時には、帰ってきました。時々あるようでやはり日本と制度が違うように思います。think

 孫二人がそろったので病院(日本人の経営)へ連れていって、インフルエンザ(新型ではありません。)の予防接種。私も同行しました。往復の車から見る風景は、一応覚えてはいますが、まだ、残っている紅葉mapleがとてもきれいでした。

 夕方、娘が、メキシコ料理のワカモーレを私に教えるという意味もあって私のために作ってくれました。restaurant

 食べてみると、ちょっと辛かったですが結構いけるのでrecipeを書きました。

ワカモーレ

材料

1 ハラペーニョ、小玉ネギ、にんにくは細かくみじん切り。

2 アボガド、トマトは大きめみじん切り。

3 1と2を混ぜ塩とライムで味付け。

 182

トマトを混ぜず乗せています。

183_2 

トルティーヤチップスなどにつけて頂きます。メキシカンは、アメリカ人の大好物だそうです。

184

娘の家の楓とてもきれいに紅葉しています。

145

病院に行く途中の紅葉こんな景色が続いています。

167

| | コメント (0)

JFK国際空港到着NY生活始まる!

11月18日(水)曇りcloud

 日本時間、18日の午前8時少し過ぎにJFK国際空港に着きました。airplane

 現地時間では、17日の午後6時15分です。空港内は混雑していて出国までの手続きに結構時間がかかりました。前回来た時は、ぐうたら亭主の後についていけばよかったのですが、今回は独り・・・・・・

 一人旅って何かカッコいい!ドラマみたい!ってなもんじゃなくて一々不安。指紋や写真を撮られた時は心臓がドキッ、緊張しました。coldsweats02

 出国ゲートをでると孫のパパがお迎えにきてくれていて、ホッとしました。知らない土地で見慣れた顔を見ると嬉しい。lovely

 パパの車に荷物を積んで一路孫たちの住む家へ。house空港を出ると、もうすっかり日が落ちていたのにどこそこ明るいshineというのが第一印象。前方左手にマンハッタンの高層ビル街が見えてくるとやっぱり凄い。世界一の都市だ~摩天楼だ!

 NHKでやっているリトル・チャロが見た風景だ!

 イーストリバー沿いにウエストチェスター方向に北上。highwayは、意外に空いていて順調に家に着きました。途中松井のホームグラウンドのヤンキーススタジアムを右手に見ながら所要時間30分くらい、19時半に到着。娘と二人の孫に夏以来の再会。娘と孫に会えて    !notehappy01(私の顔の皺も合わさりそう。)この家も懐かしい。happy01

 孫が作ったwelcome balloon娘の手料理で歓迎してくれました。

 いよいよ私のNY生活がはじまります。ちょっと待って!ぐうたら亭主どうしているかしら?(昨日まで一緒にいたのに。)やっぱり、ここにきてまでも誉れ高き大和ナデシコの本領発揮。 と、いうわけで娘がスカイプをセットしてくれて・・・・・映りました。我が家が。我が亭主が・・・・

 相も変わらずそこには、見慣れたぐうたらそうな顔が写っていました。(昨日まで一緒にいたのに。何故か懐かしい。)それでも、無事到着を素直に喜んでくれました。

写真は、歓迎の風船。本当にうれしい・・・・。heart04098

099 

Cocolog_oekaki_2009_11_20_11_09

  次からは、観光のほか普通の生活の様子なども取り入れて(写真もいれながら。)綴りたいと思います。また、日付は,まぎらわしいので現地時間で表示します。

| | コメント (0)

NYへ

11月17日(火)

 今日,夕方の便でNYに向けて出発します。airplane

 約三週間の滞在予定です。JFKには、孫のパパが迎えに来てくれることになっています。

 滞在先は、マンハッタンから電車で30分くらいの郊外で、延々と続く森といったらよいのか林といったらよいのかわかりませんが、そいう自然の真っただ中に住宅が作られているとても環境の良いところです。happy01

 ここには、NYで働く日本人が多く住んでいます。house

 毎日とはいかないと思いますが、向こうでの生活、家に残っているぐうたら亭主に協力してもらい、綴ることができればいいなぁと思っています。

 Cocolog_oekaki_2009_11_17_08_25

それでは、行ってきます。 heart04

| | コメント (4)

私流deliciousコロッケ!

11月16日(日)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_11_16_17_14

  久しぶりの晴天sun。せいせいと洗濯ができます。

  午前中、洗濯、掃除とやって、そのあと亭主に頼んで菜園に。rvcar

  白菜、キャベツなど結構大きくなっている。小松菜には、虫がついていて、それを一匹づつ取る。雑草もこの時期になると元気がなくて少し抜く程度。

  小松菜とホウレンソウを採って帰宅。rvcar

  午後からは、留守中の亭主のためのおかず作り。昆布巻きは作ったし、ロールキャベツも作った。あと、コロッケを作ればお終い。happy01

 料理べたな私の作るコロッケは、めずらしく褒められます。亭主や子供たちにも好きでリクエストされます。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

 早速、取り掛かりました。冷凍しておけば、もちますので少し多めに。

 亭主がぐうたらでなければ、こんなことしなくても済むのに・・・・・。いま時は、男性だって料理ぐらい出来るのに。ぶつぶつ・・・・catface

 亭主独りになったらどうすのかしら?・・・そんなこと考えながら無事作り終えました。(v^ー゜)ヤッタネ!!

 亭主に、冷蔵庫の中身と、調味料などの場所、花への水のやり方、留守中の支払い、ゴミの分別方法など説明しなければ・・・・・。

 亭主といえば、御殿場市で行われている太平洋マスターズのテレビ放送に釘付け。golfそれが終わったら、やおらゴルフ道具持って練習場へいってしまいました。あのう…・説明が・・・・花への水のやり方は・・・・・・説明する相手がいないくなってしまいました・・・・・・・。(´Д⊂グスン

  出発まで2日

写真は、私流コロッケのrecipe(押しつけがましくてすいません。)

材料 コロッケ20個分 男爵いも中大~大9個、ひき肉(合挽き)300g、玉ねぎ中2個,椎茸~4個、小麦粉、パン粉、卵2個、塩コショウ

作り方 ジャガイモを、ゆでる。(塩を少々入れ圧力がまで20分くらい)その間に玉ねぎ、しいたけをみじん切りしてフライパンにオリーブオイルをひいて炒める。

Img_2428_3

ひき肉もさっと炒める。

Img_2426_2

ジャガイモが熱いうちに皮をむきマッシャーでつぶす。

Img_2427

ジャガイモの中に、炒めた玉ねぎ、しいたけ、ひき肉を一緒にして塩コショウをかるく混ぜる。

Img_2429

味付けした具を小判形に丸める。

Img_2430

コロッケの原形に、小麦粉をかるくつけ、さらに卵に水を少し加え混ぜたものに全体をつける。

Img_2431

そのあと、パン粉をつける。

Img_2433

油を温めながら鍋の大きさに合わせ数個づつ入れ、きつね色になるまであげる。

Img_2434

20個のコロッケができあがりました。(おいし~です。自分で言ってます。)

Img_2436

山里や静かに暮れる柿紅葉(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_11_16_21_23

| | コメント (2)

ダッチスパイラルのツイストネックレス

11月14日(土)雨rain

Cocolog_oekaki_2009_11_15_18_27

 雨が続いていている。こういう雨を村時雨というのかもしれない。rain

 時雨には、片時雨、朝時雨、夕時雨、小夜時雨などあるようですが、日本人の雨一つを表現する感性の細やかさに驚くばかりです。think

 午後、ひさしぶりに遠くに住む息子が来ました。run私がNYに行くので一応顔を出しておくということが目的。本人は、13日にハワイ旅行から帰って来たばかり。海外出張が多い仕事のため、先輩として一応準備具合のチェックを手伝ってくれました。

その後、運送会社が鞄を取りに来ましたので預けました。ヤレヤレ。sweat01

 NYでは、娘夫婦がリンカーンセンターにあるメトロポリタンオペラハウスでのオペラを予約してくれているのでその観劇の際、つけようと作りかけのビーズのネックレス関しのぶ先生デザインのダッチスパイラルのツイストネックレスを夜、大車輪で仕上げました。(v^ー゜)ヤッタネ!!

       出発まで3日

写真は、出来上がったものです。

材料 丸小ビーズA350個、同B1300個、丸大ビーズ220個、三角ビーズ37個、ロココビーズ90個、プラ花ロンデル6個、ビーズキャップ4個、アクリルビーズ四角4個、アクリルビーズナツメ2個、アクリルビーズクリア3個、マンテル1個、糸1.6m

作り方 1)5個のロンデルリング、10個のロンデルリング、スパイラル、ヘリンボーン、その他のパターンをパーツとして編み、 2)アクリルパーツ等と組み合わせ、ネックレスを組み立てる。チェーン部分は、ビーズを通したり、スパイラルやヘリンボーンステッチ等で応用する。

Img_2476 Img_2477 Img_2478 Img_2480 Img_2481 Img_2479_2

限りなし小春日和の立ち話 (ぐうたら亭主) Cocolog_oekaki_2009_11_15_21_26

息子のハワイ土産 godivaのチョコ(おいしかったです。)

Img_2446

Img_2452

 

| | コメント (2)

NY行き準備 オバマ大統領来日

11月13日(金)雨rain

Cocolog_oekaki_2009_11_14_16_50

 朝目が覚めると亭主がいない。あ、そうか、まだ帰っていないんだ。もう少し寝ようといううことで2度寝。これがまた気持ちがよい。happy01

 それで、起きたのが、10時ちょっと前。

 食事restaurantは、ブランチ。BGMは好きなモーツアルト。一応ハイソな気分。でも、食事の内容は昨夜の残り。・・・・ま、それが賢明な主婦のあり方。と、自分で納得。think

 食事の後は、庭の木々に落ちる雨を眺めながらインドネシア産の豆トアルコ・トラジャをひき、煮たてたコーヒーを一杯。う~ん。香がたまらない。( ^ω^)おっおっおっ

 午後に、アメリカのオバマ大統領が来日。airplane

 さすがに、アメリカの大統領。オーラが出ている。立ち居振る舞いの一つ一つが洗練されていてかっこいい。なんといってもスマートなんですね。lovely

 我が鳩山首相とどのような話をされるのか、気になりますがそれは、偉い皆さんにお任せするとして、私は、NY行きの準備。sweat01

 旅行鞄に荷物を詰めたら26kgあって、3kg重量オーバーに。鞄の荷物を機内持ち込みの鞄に入れ替えたりして、やっと規定内の23kgに収めました。smile

 この鞄を成田まで運送会社に運んでもらうため、連絡。明日取りに来ていただくことで、この件は終わり。

 一段落したところで、NYにいる子供から、追加の買い物の依頼があったので、それを買いに街に。carouselpony

 やれやれ、結構忙しい。

 今日も疲れたなと思っていると亭主の声でただいま~。続いて、帰ったぞ~。別にそんな大きな声で言わなくても帰ったってことわかるんだけど・・・・やっぱりぐうたら亭主だ!クスクスクス。ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

 いよいよ、私のNY行きカウントダウンに。出発まであと、4日。

今日の我が家のトピックス 温州ミカンが色ずきました。

Img_2346

晩秋の静けさの中牛の声(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_11_14_18_52

| | コメント (0)

改めてNY行き準備 豚の醤油煮

11月12日(木)雨rain

 Cocolog_oekaki_2009_11_13_23_25

 朝からウキウキ。happy01なんとなくトキメキheart02とは違う感じ。

 今日と明日、亭主が、出張で長野に出かけていないからかしら?think

 別にいたからって、気を使うわけでもないのに。ただ、なんとなくウキウキ。heart02

 二日間でも独りぐらしとなると、テレビドラマに出てくる若い子の独りり暮らしのあの感じ?ふふふ・・・。(´,_ゝ`)プッなんかドラマの主人公になった感じ?

 さあ、今日はどうしよう?と、思っている矢先、雨が強くなってきた。ウキウキに水を差す雨。rain

 すると突然、これから暫くの間の亭主の独り暮らしのことが、頭をよぎってしまいました。

 しまった。catfaceテレビドラマどころではない。料理、少しでも作って置いていかなければ、ぐうたら亭主、栄養失調になってしまうかもしれないなんて考えて・・・・。やっぱり、きょうは、昨日からやり始めた、亭主のおかず作りをやらなきゃということで料理に取り掛かるはめに相成りました。私って、以外に純情?なんとなくこんな自分が・・・・・。heart01

 とりあえず、うずら豆は、昨日煮て出来上がっています。

 今日は、昨日から仕込んでおいた亭主が好きな、豚肉pigの醤油煮を作り上げることにしました。

 この醤油煮は、私が子どものころ、母がお正月に作ってくれた懐かしい母の味です。いわば、我が家の秘伝ともいうべきもの(大げさですみません。)で、亭主もこれを作ると喜びます。しかも、日持ちが良いのが特徴です。(冬場冷蔵庫で2週間くらいは大丈夫です。今までの経験から。)朝から取り掛かり夕方には、出来上がりました。もちろんその間、これにかかりきりではありません。簡単にできる事も長所です。ヽ(´▽`)/

下の写真は、できるまでとrecipeです。

材料、豚肉 赤身がbest、なければ脂身の少ない肉であれば可。

量は、500g。ニンニク2片、生姜少々(適当に)、玉ねぎ中一個、醤油一カップ強

作り方 豚肉(この肉は赤身ではありません。)は、鍋にいれひたひたの水で20~30分間煮ます。

Img_2363_2

煮た後、あくが出るのでそれを取る。箸などで、肉に差し込んで透きとおった水が出てきたら、肉の中まで火がとおったことが確認できます。

Img_2364_2

火の通った肉がちょうど入るくらいの鍋に肉を移し、肉の汁(鍋に残った汁)と醤油を半々くらい入れ、すった玉ねぎと生姜、ニンニクを入れ肉全体に汁がいきわたるようにする。肉に汁をしみ込ませることがコツ。玉ねぎ、生姜、ニンニクを肉の上に乗せると早くしみ込む。好みの味は、醤油の量加減で調節する。約1日から2日するとよくしみ込む。これで出来上がりです。

Img_2388_2

出来上がった肉を汁ごとタッパーに移して保存する。焼き豚あるいはハム感覚で使うと良いと思います。肉をタコ糸で縛ると丸くなって、良い感じになります。(写真は、手を抜いていますが。)

Img_2421_2

シンプルに食べる場合、こんな感じです。

Img_2437

Img_2445

Img_2443

陽だまりやじゃれる子猫と遊びけり(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_11_13_22_59

| | コメント (2)

カトレヤ シンガポールウエルカム

11月11日(水)雨rain

Cocolog_oekaki_2009_11_11_17_16

 今日は、久しぶりの雨rain。この時期の雨は、草木の葉に色替えの時期を教えるといわれています。雨にぬれ紅葉はさらに進み時雨の色になっていきます。maple

 今日は、外に出れないので私のNY行きの間、長期間留守を守る亭主の当面の食べ物breadの用意をしはじめました。

 せめてもの償い?だけど~。私、悪いことしてないsign01じゃあ、償いでなくてなに?サービスかしら?ピンとこないな。性(さが)?何か響きが嫌な感じ。そこで広辞苑で調べると「習慣、習わし」とあった。な~んだ、そうだったのか!結論は、主婦の性(さが=習慣)ですかね。う~ん!そんなにむきになるような・・・ことが小さすぎて恥ずかしいですね。゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

 料理の合間に温室を覗くとランが咲いていました。lovely早速パチリ。

その写真が下の写真です。

カトレヤ シンガポールウエルカム

Img_2386

Img_2387 

Img_2369

カトレヤ ブルーボーイ

Img_2373_2

Img_2385_2

カトレヤ ジュウェラーズ アート ブルーメン インセル?

Img_2380_2

Img_2377

オンシジューム

Img_2316

Img_2317

Img_2320

石畳こつんと叫び木の実落ち(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_11_11_17_06

| | コメント (2)

ビーズ クラシカルピンクッション

11月10日(火)晴れのち雨sunrain

Cocolog_oekaki_2009_11_11_09_49 君にもあげるよ~

 今日も暖かい。日中24度もあり、びっくり。sweat01

  NY行きairplaneの件、航空券は変更し17日の出発、帰りは当初予定のとおりとなりました。ESTA申請は、承認されているので特に手続きは良いようで、あとは、体調管理のみ。 あ~よかったな。です。smile

  出発まであと1週間あるので、しばらくは、通常ペースに生活を戻そう。と、いうわけで先週忘れて休んでしまったビーズのお稽古をやることにしました。先生から与えられた宿題は、ネックレス。少し手が込んでいます。sweat01 

 あと、ぐうたら亭主の留守中の食事の問題、ぐうたらですから本当に心配です。何か日持ちするもの少しでも作っておいて冷凍しておこうかしら。そんなことも考えています。think私ってやっぱり古風な女。大和ナデヒコかしら。・・・・うふふふ・・・・・。(´,_ゝ`)(´,_ゝ`)プッ

 写真は、前に作ったクラシカルピンクッションです。サイズは、直径4㎝*高さ2.3㎝(水野久美子先生の本から)

材料は、ビーズ糸3.8m、丸小ビーズ(ブロンズ)272個、丸大ビーズ(水色/金ライン)48個、丸玉ビーズ3㎜(黄緑)72個、ファイアーボリッシュ4㎜(えんじ)24個、同3㎜(薄紫)24個、クリスタルビーズラウンドカット6㎜(薄茶)1個、ビーズマット(ベージュ)10㎝角程度

作り方は、ブリックスステッチをサーキュラーに編み、本体の表側を作ります。裏側を同様に編み、表側と裏側の側面をはぎ合わせます。出来上がると綺麗で可愛いです。heart04

Img_1573

Img_1565 Img_1553 Img_1554

お辞儀するススキが原の一人旅(ぐうたら亭主) 

Cocolog_oekaki_2009_11_11_11_00

| | コメント (2)

刺繍 ドイリー

11月9日(晴れ)sun

Cocolog_oekaki_2009_11_10_13_08

  暖かい日。シャツでもいいくらい。11時に予約している病院でおできの切開処置。あとは、明日消毒、16日抜糸の予定。

  6針ほど縫ったとの先生のお話。

 家に戻って、午後は一休み。亭主は、団体の仕事へ。

 先生からは、特に安静にというような話はなかったので、やりかけのアメリカの子供たちの刺繍の続きを始めました。smile

 刺繍も、手が込んだものですと、根気が必要です。confident

 黙々とやっているうちに、病院に行く前にNYにいる孫のりんごからスカイプが入ってconversationしたことを思い出しました。

 自分たちの住む家の周りは、今まで紅葉mapleでとてもきれいだったけど、もう、紅葉が終わりそうなこと。

 ママと近くのケーキ屋cakeさんにお菓子作りを習いに行って、様々なケーキ作りに挑戦し楽しかったこと。作ってきたチョコレートケーキをいくつもスカイプで見せてくれたこと。(米国では、子供たちが真に楽しめる仕組みができているようです。)

 そして、最後に、私のNY行きが1週間遅れたので帰りを一週間伸ばせないかという泣けるような言葉。・・・・・(´;ω;`)ウウ・・・つい、後先も考えず良いわよと答えてしまいました。think

 隣で見ていた亭主。複雑な顔。despair昨日、NY行きが一週間遅れて、草花の世話、食事など家事一切をやる日数が減ったと喜んでいた矢先に一週間伸びる事になれば、何も変わらない。複雑な顔の真相は、そういう運命か、という顔でしょうか?(・∀・)ニヤニヤ・・・・・

写真は、以前つくった刺繍のドイリー、模様はフランスの古典的な模様 アウトラインステッチとマクラメステッチで刺繍。これは、ビギナー向けのものですが、青の色が気にいっています。サイズは直径25センチ

Img_1524 Img_1525 Img_1526_2 Img_1527 Img_1528

カサカサと鳥たちが踏む枯れ葉路(ぐうたら亭主)Cocolog_oekaki_2009_11_10_13_26

| | コメント (5)

NY行き準備その4 pants完成

11月8日(日)晴れsuncloud

Cocolog_oekaki_2009_11_09_10_00

 今日も良い天気。気分のいい日です。note

 亭主は、朝から団体のイベントででかけました。carouselpony

 NYの気温、10月に一時寒い日が続きましたが、ここのところ、暖かいとのこと。それでも、これからは寒さ対策は、必要。confident

 一張羅のズボン、転んで膝をついたとき破れてしまっていたので、自分で作ることにしました。家事などしながらのため2週間ほどかかりましたがやっと今日、完成しました。( ^ω^)おっおっおっ

 それから、ブーツも必需品といっていたので、これは、さすがに購入。合わせて保温性の高いヒートテックの下着も準備。一応万全かな?(・∀・)ニヤニヤ

 午後、亭主が帰ってきて、出来上がったズボン見て、一応褒めてくれはしましたが、一言、買った方が安くない?だって。く~やし~~~い。angry

こういう風に作りました。

型紙を作り、しつけ糸でしつけ。

Img_2005

仮縫い。

Img_2006

チャックをつける。

Img_2012

チャックをミシンで縫う

Img_2034

裏地はチャコで印をつける

Img_2050

裏地を縫う。

Img_2085

ポケットを作る。

Img_2086

裾をチドリ掛けに縫う。

Img_2089

表と裏を合わせる。

Img_2099

ベルトと裏地を縫い合わせる。

Img_2253

出来上がりました。

Img_2331

中が暖かいブーツを購入

Img_2079

大根を干せば手ぬぐいほほで鳴る(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_11_09_12_50

| | コメント (2)

NY行き準備その3

11月7日(土)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_11_07_18_20

  今日は、立冬、しかし、暖かな良い天気sun。しかし、私の気は晴れません。cloud

  11時に病院へ。hospital先生に診ていただく。月曜日に切開。抜糸は16日とのこと。現在の症状は、腫れているのに痛くない。先生は、痛くないのが不思議だ。と、おしゃる。何か不安倍増。(´;ω;`)ウウ・・・

  なんでこんな時にできるのよ~。bearing運命のいたずら。随分大げさですが、恨んでみても相手がいません。thinkぐうたら亭主を恨むわけにはいきません。ここは、一つ重大な選択と決定をしなければなりません。confident

 ①先生の、yesのサインをもらう必要がある。②旅行変更手続きは今なら間に合いそう。③予定どり強行して飛行機の中で痛みが出たら大変。④アメリカでの治療は保険には入ったがいきたくない。⑤一週間遅れても特に支障はない。など。総合的に判断して17日以降に変更することを決定。despair

 ぐうたら亭主は、この決定には賛成。その後、残念だったなぁ。だけど、これで厄払いになったから、後は順調。と、一応締めくくる。う~ん。たまにはいいこというじゃん。・・・・・・だけど、亭主の 顔には、植木の水やり、食事の支度など家事を一週間やるのが伸びて、何か安堵した顔。正直ね。smile

それにしても、孫たち待っていてくれるのにな~。それだけがつらいです。(´Д⊂グスン  それとヤンキースの松井選手の活躍の余韻が冷めないうちにいきたい。これ、本音。

無人駅ホームをたたく秋時雨(ぐうたら亭主) Cocolog_oekaki_2009_11_08_12_59

| | コメント (2)

NY行き準備その2

11月6日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_11_06_15_53

 昨日から亭主、友人達と伊豆修善寺温泉へspa。グループの総会と称している。小人数の小さなグループで飲み食いを目的にしているのに、総会だなんて気取って。catfaceカッコつけすぎ?。・・・ま、好の問題だから、あまり詮索しませんが。think

 昨日あたりから、お腹に赤く腫れた症状があり、いたくないのすが、午前中皮膚科へ。hospital

 見てもらったら、ばい菌が入って腫れていてその部分を切開して膿を出すとのこと。全治、10日位。さあ、困った。sad後5日で出発。出発日をずらすか、強行出発か。全ては、明日の11時、病院の先生との相談によることになりそうです。

 アクシデント、と、云うのか、体調管理の怠慢さか。いずれにしても、神の御心に従うのみ。confident(オーバーですかね。)

 もし出発日の変更となると、航空会社、アメリカ大使館への手続きが必要。そのほかにもなにかありそう。でも、思いつかない。あ~面倒になってきた~・・・・・・。それでなくとも、まだ準備が残っているのに。イライラ・・・(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

 こういうときは、ぐうたら亭主を叱るのが一番。smileありました。材料が。・・・・・・smile総会とやから帰ってきた亭主。

服を脱ぎっぱなしでああ疲れたといってソファーにごろり。すかさず、「服をかたずけなさいsign01」「それにお土産は?・・・・」「すみません、ありません。総会だから。・・・・」蚊の鳴くような声でした。(´Д⊂グスン

なにが総会なのよsign02そうかいわかったわとは、言えません。(この 程度にしておきましょう。)

静けさやかすかに栗の割れる音(ぐうたら亭主)Cocolog_oekaki_2009_11_06_21_43

| | コメント (2)

NY行きの準備

11月5日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_11_06_11_51

 NYの子と孫のところに今月11日に発つ。smile

 あと、1週間ほどになってきたので、準備が大変。sweat01

 前々から少しづつ準備はしてきたけれど、切羽詰まらないと体がその気にならない。ι(´Д`υ)アセアセ

 孫のおみやげ。子からの頼まれ物。自分の衣服類。化粧道具など生活必需品。これらをそろえるだけでも大変。( ̄○ ̄;)!

 12月6日までいるのでその間に必要と思われるものを用意する。前回行ったのは夏。今回は秋から冬にかけて。maple結構、寒いらしい。

 鞄の大きさに限界があるのであれもこれもとなると入りきれずあふれてしまう。多分、余分の物もあるかもしれない。厳選しておろ抜いていく以外にありません。bearing

 結局ぐうたら亭主のNY行き、最後までぐずぐず結論を出さないでいましたが、関係する団体の仕事がいくつか入っているのであきらめました。(´Д⊂グスン

 おれは、まだ、世の中で必要とされているんだぞとの自己主張。confidentほんとはそんなことないのに。・・・・・飛行機が怖いのでは?ま、いずれにしても花や菜園の世話をやってもらうものがこれで確保できてよっかた。smileほっsign03 

黄昏や黄色い風の通り道いろは橋から歩み橋へと(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_11_06_11_19

| | コメント (2)

鎌倉彫柱掛け松

11月4日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_11_04_22_07

 今日は、鎌倉彫のお稽古。皆さんにあうのも楽しいものです。happy01

 最近は、指先に力が入らなくなってきていますので、稽古は適当に力を抜いて・・・。

 皆さんも同じスタンス。もっぱらダべリングの会?の趣。です。smile

 それでも、目的に向けて取り組んでいるという満足感はあるみたいです。wink

写真は柱掛けで、模様は松。サイズは、横12㎝、縦60㎝の短冊形。彫りは薄肉彫り(鎌倉彫の彫り方の技術で浅く彫ります。)

塗りは、乾口塗り。家の柱に掛けています。

Img_2307

Img_2311

Img_2301

Img_2312

Img_2313

Img_2314

Img_2315

Img_2241 

脱ぎ捨てた下駄に一片(ひとひら)落ち葉かな(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_11_04_22_24

| | コメント (4)

人質の野菜づくり

11月3日(火)晴れsun

Cocolog_oekaki_2009_11_04_12_04_2

 文化の日は特異日で晴れる日が多い。happy01

 昨日、木枯らし一番が吹いたけど、今日の日中の気温は、まあまあ。

 亭主が、例によって暇そうにしているので、菜園budに行かない?というと、亭主、オーム返しに「行かない?ふ~ん。」「行かない?じゃなくて行ってくださいじゃないのかね。」なんて高飛車。angry

 菜園は、市民農園整備促進法という法律によって農家が有料で貸し付けていて、それを私たちも借りてやっています。したがって場所が郊外にあるので、運転のできない私は亭主の協力をあおぐという構図。

 亭主は、菜園を借りたときから、自分はやりたくない。私のためにというスタンスを取っていて、このスタンスは今でも変えていない。私に恩を着せようとの魂胆。つまり、私の楽しみを人質。(・A・)イクナイ

 よくしたもので長くやっているうちに、亭主も菜園が好きになっていて、よそでは、菜園はあたかも自分がやっているようにふるまっている。( ´,_ゝ`)ハイハイ

 大根やトマトなどの作り方など、知ったかぶり。自慢さえしている。 「すごいですね~」なんて言われると、「いやぁ~たいしたことないすよ。」なんて、一応頭をかいたりして。  聞いていて陰で笑ってしまう。クスクス・・・・・smile

 それでも、菜園にいくときは、私の言い方が悪ければ、毎度、強気になって先ほどのようなやり取りになる。私としては「行ってください。」といわざるを得ない。くやしい~。(。>0<。)

 こんなことが、ぐうたら亭主には気持ちがよいらしい。あぁ~。かわいそう。(´Д⊂グスン

 畑けでは、ここのところの雨で、順調に白菜、キャベツ、小松菜、ホウレンソウ、玉ねぎ、ソラマメとみな成長していました。小松菜を少し採って、雑草を除去し肥料を少しまいて帰ってきました。happy01

 行って来ればもうこっちのもの、ぐうたら亭主には、威張らせないぞ~!ほんと。ぐうたらのくせして!ちょっと言い過ぎ?think

写真 白菜とキャベツ

Img_2221

ソラマメ種からここまで。

Img_2224

小松菜

Img_2222

こんな感じ。

Img_2226

隣の菜園 上手です。うらやましい~。

Img_2227

秋日和行くあてもなく歩くなり(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_11_04_12_15

| | コメント (0)

ブリックステッチのスイートネックレス

11月2日(月)曇りcloud

Cocolog_oekaki_2009_11_02_20_00

 午前中は、少しのんびり。cafe

 午後は、久しぶりにビーズを取りだしてみた。cute

 最近、結婚式やそのほかの時に結構ビーズアクセサリーring付ける人多くなってきたのは、何か嬉しい感じ。happy01それと、ビーズアクセサリーそのものも豪華にもなってきている。shine

 私も、昨日の結婚式には、自分で作ったブローチを着けて出席しました。残念ながら誰にもほめられませんでしたけど・・・・・・・。weep(さみしい~)(´Д⊂グスン

 まだまだ修業が足りないということですかsign02

ただ、の長女のメイちゃんは、私が作ったネックレスをあげたら大喜びでした。(v^ー゜)ヤッタネ!!!

下の写真は、以前作ったブリックスのスイートネックレス。(水野久美子著ビーズステッチの基礎シリーズより。)

材料 スクエアビーズ大32個、小32個、プレスビーズぺタル ベージュ15個、色10個、パール4ミリ15個、丸小ビーズ384個、マンテル1個、ナイロン糸7.2m、仕上がり41㎝

作り方 (1)ブリックステッチをフラットに編み、四角形のパーツを4枚作ります。(①1段目を、ラダーステッチ(ベーシックラダー)で4目編む。②2段目をブリックステッチで編む。③編み終わりと編み始めの糸を始末する。四角形のパーツの完成)

(2)花のパーツを編み、(1)とつなぐ。(①中心になる花のパーツをデーシーチェーンで編む。②花のパーツの両側に四角形のパーツをつなげる。③左右に花のパーツを1個づつ編み、四角形のパーツをつなげる。)

(3)両端に花のパーツを編み、ネックレスに仕上げて完成。

Img_1579

Img_1582 Img_1583

箱根山満月を載せ夜も耽る(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2009_11_03_11_36

| | コメント (2)

近頃の結婚式

11月1日(日)晴れのち雨sunrain

Cocolog_oekaki_2009_11_02_11_12

  久しぶりに結婚式(亭主の甥)に出席note

 名古屋の駅前ミッドランドスクエアにあるレストランでの結婚式と披露宴。名古屋へは、久しぶりですが、駅周辺は、JRセントラルタワーズやミッドランドスクエアの高層ビル群により賑わいも増していました 。impact

 結婚式は、出席者の前で新郎新婦両人が結婚を宣言し出席者がその証人となる?。そして新郎新婦、両家の父親が書面にサイン。指輪ringの交換というような仕掛け。当然仲人はいない。

 そしてそのまま披露宴に突入。プロ?の司会者karaokeが、シナリオにそって運ぶ。乾杯wineのあと来賓の挨拶は一人。後はスピーチなし。二人に関する情報は司会者が・・・。私たちは、ゆっくり自席で料理restaurantを堪能する。したがって、他の席を回って酒を注ぐようなことはご法度。angry

 新郎新婦は、結構忙しい。全部の席を回り写真撮影。ケーキcakeのナイフカット、新郎の父及び新郎のあいさつと一般的なセレモニーはありましたが。・・・・でお開き。一応これが、流れでした。

 料理は、イタリアン。このレストラン、イタリアに本店がありそこは、三ツ星だそうです。

 二人で考えての一連の企画、セレモニーだったようですが、スピーチ、歌や仲間の余興がなかったことがよかったと思います。出席者が席を回らないことも。したがって、ゆっくり会話しながら料理restaurantを食べられたことがよかったです。happy01

 結婚式など変化して時代は動いて行くのだなぁと思いました。think

追伸 子供手当を早く貰いたく?、3月には第一子誕生の予定とか。時代ばかりでなく若い人たちの動きも早い?( ´,_ゝ`)ハイハイ

写真は、名古屋駅周辺

Img_2173

Img_2175_2

レストラン入り口

Img_2178

招待者の席

Img_2180

料理

Img_2201

Img_2202

地鳥卵のフリット マレンバ風のアクア・コッタに浮かべて。

Img_2204

穴子のフリット トマトとバジルのチャツネ キュウリのサラダ添え。

Img_2206

魚介のソースとブロッコリーのクレーマーで和えだタリオリーニ。

Img_2207

仔牛のフィレ肉のインパナート ポルチーニ茸のビュレとソース じゃがいものクロケッテ

Img_2209

葡萄のスープ バラ風味のライチシャーベット添え。

Img_2210

コーヒーと小菓子

Img_2211

ワインは、ribollagialla2004  collavini

montescudaio blanco2006  fattoria sorbaiano

ilcannaiodimontevertine1999 montevertine

すべてイタリアのトスカーナ産といっていました。

料理のコメントはしませんが、今まで頂いたお料理では、銀座資生堂パーラーの中にあった、ロオジェが最高の印象として残っています。

小春日に凪の海辺で遊びけり(ぐうたら亭主)Cocolog_oekaki_2009_11_02_12_27

| | コメント (3)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »