« NY定期便♪  「 国連ガイドツアー 」 | トップページ | 鎌倉彫魚文の飾り皿 »

習慣・伝統行事を大切に!

2010年1月4日(木)曇り晴れcloudsun

Cocolog_oekaki_2010_02_04_16_56

 昨日のことを書きます。pen

 3日は節分。4日は立春で旧歴では、一年の始まり。一年を立春、立夏、立秋、立冬と分けるので最初の立春の前の日を節分というらしい。think

 毎年のことだけど、我が家では、そういう由来など気にはしないで、単純に今日は「豆まき」といって、家内安全、福が一杯来るようにと、一方で家にいるかもしれない鬼(邪気)を追い出すために豆まきをします。

 豆まきは,誰がするか?栄えある主役。そこは、亭主を立ててうやうやしく神棚に上げてあった豆を頂き、亭主にお願いします。亭主は、鬼が怖がるような顔ではありませんが、仕方ありません。私の亭主は他にはいませんから。((w´ω`w))

 そして、亭主が、夕食後、窓や戸をあけて「福は内鬼は外」と叫びながら豆をまきます。そのあと、家の中にまいた豆を拾って、歳の数だけ食べて無病息災を祈念します。最近では、家の中にまくと散らかるし、食べる数が増えて衛生的にも良くないので、まくというよりも紙を用意してまいたふり、置くようにしています。smile

 以上が、豆まきに関する一連の流れです。

 今日は、節分の豆を用意していたのですが、夕食後、NHKの「ためしてガッテン」で「体温が低いのは危ない」なんて番組がありまして、男のくせに冷え性の亭主、これ見なければと鬼が怖がるような真剣な顔。自分の体のことになると急にシャンとなる不思議なカメレオン。

 私はといえば、10分ほどして急に睡魔が・・・・そのまま椅子の上でグウグウ・・・。sleepy

以下、私は寝ていたので、亭主の話から・・・・・。テレビでは、体温から見た健康体のバロメーターを36度以上あることとしていてそれ以下は低体温。

 低体温は免疫力が落ち病気になりやすいので、体温を36度以上にする方法は、如何にしたらという内容。番組が終わると亭主、やおら体温計さがし、自分の体温を測りました。36度5分で大いに安心して、人生100年への道を大いに確信したようです。confident

 そんなこんなで、第一ステージは終わり第2ステージへ。

 私は、お風呂を沸かしたり、台所かたずけたりして、亭主は、テレビの前。tv

 1時間余り、時が過ぎた10時20分ごろ、お風呂に入ろうとしていた私に、突然、豆まき忘れてた~。豆何処だ~。という亭主の声。二人ともすっかり豆まき忘れていました。( ゚д゚)ポカーン

 亭主は、テレビの中で、「鬼になった信長」というフレーズを見て、豆まきを思いだしたとのことで、何とも言いようのないおそまつなお話。

 かくして、例年どおり我が家の豆まきは、行われました。これで今年も我が家は安心です。よかったsign03

 余計なことですが、鬼のつく名字きいたことありますが、そのお宅では、鬼は~~、なんて言うんでしょかね。(その方には、すみません。)

今日のトピックス

散歩途中の道路際に、桜が咲いていました。あまりにもきれいなのでパチリ。桜の種類はわかりません。

Img_7837

Img_7838_3

春めきて白い光の溢れけり(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_02_04_18_55

にほんブログ村 シニア日記ブログへ ←ここをクリックして頂けると励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)

にほんブログ村

|

« NY定期便♪  「 国連ガイドツアー 」 | トップページ | 鎌倉彫魚文の飾り皿 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あっはっはっは、、ヽ(´▽`)/dash
「鬼になった信長」の下りで、夫も呼んで、
失礼ながら、笑ってしまいました。
それまでは、私も低体温気味なので、
神妙な顔になっておりました。coldsweats01
お元気そうで、なによりです。

そういえば、我が家の豆まきも
豆を買いそびれてお粗末な豆まきに、、、。
(;´д`)トホホ…

投稿: momomo | 2010年2月 5日 (金) 01時49分

momomoさんへ
momomoさんお忙しそうですね。若いといっても無理は禁物です。二月に入って寒くなり、それにこれからは、冬と春が交互にという感じになって、体調保持には、気を配ることが何より重要と思っています。おかげさまで体長も回復しております。ご心配いただきありがとございました。happy01

投稿: マジョリン | 2010年2月 5日 (金) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NY定期便♪  「 国連ガイドツアー 」 | トップページ | 鎌倉彫魚文の飾り皿 »