« 岡田ジャッパンが心配 | トップページ | NY定期便♪ 「ヘルズキッチン・フリーマーケット」 »

鎌倉彫牡丹文の手鏡

2010年2月22日(月)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_02_22_20_51

  今日は、暖かく、一枚脱ぎました。ようやく春が顔を見せててくれたようです。smile

 うれしいな~と思いながらも、また、寒の戻りもあることがわかっていますので「喜びも中ぐらいなりおらが春」です。これ意味がちがいますが・・・

 先週は、ずっと寒い日が続いて家にいましたので鎌倉彫がはかどりました。今やっているのは柿の丸盆です。進みだすと面白いので結構夢中になります。happy02

Img_8114

 オリンピック放送聞きながらやってますので手に力が入っています。昨日のジャンプ,ラージヒルやっぱりそうかと悪い予想が的中し、残念だったです。今日の高木美帆さん精一杯頑張りましたね。小平さんは次回はメダルです。

写真は、20年前に彫った手鏡です。図柄は後藤会の牡丹文です。つぼみの柔らかさ、花弁の感じを表現するところがポイントで難しかったです。塗りは乾口塗り。

 ずっと、身近に置いて使用していて、陽に当たったりして管理が悪いので色が少し変色しているかもしれません。think

 もっぱら、ぐうたら亭主が、自分の顔見るのに使っています。不細工な顔catfaceは、いくら鏡を見ても良くはならないのに、暇さえあれば自分の顔見てますので、多分変形顔って飽きないんでしょうね。catfaceキュービズムの絵のように。(´,_ゝ`)プッ

Img_7867

Img_7870

Img_7862

Img_7861 

今日のトピックス

クロッカスが、咲きました。小さなカレンな花です。うっかりすると見落としてしまいそうです。

Img_8076

春の音(ね)や行ったり来たりの気もいらせ(ぐうたら亭主)Cocolog_oekaki_2010_02_22_11_26

ランキング参加していますので

にほんブログ村 シニア日記ブログへ ←ここをクリックして頂けると励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think)

にほんブログ

|

« 岡田ジャッパンが心配 | トップページ | NY定期便♪ 「ヘルズキッチン・フリーマーケット」 »

鎌倉彫」カテゴリの記事

コメント

マジョリンさん、おはようございますnote
( ´艸`)プププ
キュ,、キュビーズム、、って、、、
(*≧ε≦*)sweat01

笑いが止まらなく、、、、(*≧m≦*)

失礼しました、、、。
いつもいつも、色々なお花の写真、心和みます。
本当に季節を感じます。clover

今日も暖かくなるみたいなので、ホッとしています。

投稿: momomo | 2010年2月23日 (火) 07時35分

後藤菊の角盆は基礎科で彫りました。その他は無し。会が三橋の方だからか?三橋の重箱等彫って塗りました。
手鏡の塗りも習いました。失敗すると鏡と木地の膨張率の違いで反ったりすると聞きました。3枚作りましたが今の所反ってません。合格?
今は自分の骨壺にと手紙入れ?の二つの手刳りがしかかってます(急ぎ?)
その他藤の額板などが有るのですが、長期?休憩中

投稿: SyuJii | 2010年2月23日 (火) 07時38分

momomoさんへ
ブルシェンコさんの銀メダルの件、相当ショックのようでしたね。
確かに、いい男!です。ブログ拝見しましたが、ビデオ取り入れて幅広く楽しいものになりますね。それから、さつき荘さんのところもちょっとお邪魔しましたけど絵が上手でした。
momomoさんのスケート5位の方の絵でしたか?プロだけあって、じょうずですね~~。

投稿: マジョリン | 2010年2月23日 (火) 11時31分

Syujiiさんへ
こんにちわ。お話伺って、色々やっておられますね。塗りまでやられていてうらやましいです。私も塗りを習いたかったのですが、かぶれるたちで断念いたしました。塗りができれば、自分のイメージで作品ができるとおもいますが・・・どうでしょうか?
私のお仲間だった方で、生地づくりから彫、塗りまで習得してやっておられる方がいますが、良い作品を作っておられます。

投稿: マジョリン | 2010年2月23日 (火) 11時44分

(*゚▽゚)ノマジョリンさん、質問です!
鎌倉彫りの塗りは、御自分で、なさられる方と
業者さんに依頼される方がいらっしゃるということ
ですか?
漆でないといけないということですか?
独特の色合いがクラシックな魅力だな、と思っております。

最近の私のブログ、興奮気味で失態をさらしております
(;;;´Д`)ゝ

絵は、なりわいにはしていないんです、、。
絵で食べていけたら、よいなといつも思います。

投稿: momomo | 2010年2月23日 (火) 16時08分

momomoさんへ
第一のご質問ですが、本来鎌倉彫は彫りと塗りが一体であるべきですが、残念ながら私は、塗りはかぶれるのでできません。塗りをするためには、彫ができなければなりません。したがって塗り師さんは、両方できることになります。
第二のご質問ですが、仏様に関係していますので、漆です。
漆の色合いも色々ありまして、それぞれあじわい深いものがあります。私は、鎌倉に長いおつきあいの塗り師さんがいまして、その方にお任せしています。

投稿: マジョリン | 2010年2月23日 (火) 23時05分

マジョリンさん、回答くださってありがとうございますm(_ _)m
なるほどなるほど、、鎌倉彫は、奥が深いのですね。
どうりで、見た目からして、重厚な独特の味わいがあるのですね。
飽きの来ない、クラシカルエレガンス、という感じです。shine

投稿: momomo | 2010年2月24日 (水) 03時22分

私も木地まで調達出来ればと考えたのですが、そう簡単ではありませんでした。
隣(空き家なのですが)の庭の木を切ってくれと言う注文で、私を含め3名で
切り、その中に朴の木が有ったので、他の二人に千円づつ支払ってゲットし、
製材所に運んで千円で板にしてもらい、乾燥させて丸鋸で2枚の手板位の大きさ
にして、箱を作ったのですが、桂に比べてずいぶん固いもので、やはり桂の良い木が
手に入る地方でないと、木地からはちゅっと難しい様です。
作りかけたので、この朴の木は使い切るつもりですが。

投稿: SyuJii | 2010年2月24日 (水) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岡田ジャッパンが心配 | トップページ | NY定期便♪ 「ヘルズキッチン・フリーマーケット」 »