« かんたんインドビーズ刺繍の手提げ袋 | トップページ | 弥生の空の夕桜 »

雪月花

2010年3月14日(日)

Cocolog_oekaki_2010_03_12_20_57

  先日日本刺繍の草乃しずかさんの本を見つけ早速買ってきました。book

 本のタイトルとサブタイトルは「草乃しずか 「雪月花」 雪にまちて、月に想い、花を唄う」です。

 最後のページにあります著者の紹介から・・・・草乃さんは、「アトリエ草乃しずか」を主宰。フランス刺繍を習い、日本刺繍を習っていずれも習得し、着物や帯、屏風、タペストリーなどの刺繍作品を制作するかたわら、古い着物や帯に刺繍を加え甦らせるなどくらしのなかでの刺繍の楽しみ方を提案し日本刺繍の普及に貢献した。・・・・・とあります。

 個展を各地で開き、また、NHKのおしゃれ工房にも出演されるなど大活躍をされています。

 日本刺繍は、千数百年の歴史がある日本の伝統工芸、(芸術)です。confident

 絹糸で白い布地に刺繍、着物や帯といったものを繊細で、上品でみやびに装飾していきます。 そしてデザインも豊かで、出来上がったものは日本人の美に対する心の琴線に響きます。think

 この本は、このような長い伝統に培われた日本の美、「雪月花」と「歴史」をモチーフに作者が日本刺繍にかける思いを閉じ込めた美しくも心洗われる内容の、それを守り育てようとする意図が伝わる本だと勝手に思っていますが、作者さんには怒られてしまうかもしれません。表紙裏に、作者は、このように書いています。

「絹糸を針に通し、真っ白な布にひと針ひと針刺し始めますと、私の手の中で小さな世界が生まれます。やがてはその世界が、遠く彼方の宇宙まで広がってゆく気がするのです。(中略)この地球は、草も虫も一緒に生きてゆくことのできるたった一つの故郷です。雪月花の思いが虹のかけ橋になって、地球を守ってくれますように・・・・。 草乃しずか 

Img_8173

Img_8175

Img_8176

今日のトピックス

買い物途中、こぶしの花が咲いていました。雪が枝に着いたような感じのきれいな白で、違うのは、雪と違って花は、やはり、暖かそうですね。「こぶし咲く嗚呼北国の嗚呼北国のは~る」、なんてつい声を出しそうに・・・・・・なりませんでした。すみません。ψ(`∇´)ψ

Img_8303

Img_8306

Img_8305

春がすみいつもの富士が遠く見え(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_03_12_14_39

にほんブログ村 シニア日記ブログへ ←ここをクリックして頂けるとにほんブログランキングに参加していますので、励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think)

|

« かんたんインドビーズ刺繍の手提げ袋 | トップページ | 弥生の空の夕桜 »

刺繍」カテゴリの記事

コメント

マジョリンさん、こんばんはcherryblossom
日本刺繍、私も大好きですheart02
西洋刺繍も、前日の記事のインドの手芸等のアジアものも、
好きですが、
やはり、日本人だからか、和物は、また、心にビビビflairっと
来るものがあります。
私は、古い着物が好きで、何枚か持っていますが、
着もしないのに、出してきては、その刺繍に部分をうっとり
眺めたりすることがありますcoldsweats01shine

沈丁花にこぶしに、もう、すっかり春が来たヽ(´▽`)/
と言っても許される頃になったようですhappy01
お家の窓から沈丁花が香るなんて、よいですねsun

投稿: momomo | 2010年3月14日 (日) 23時27分

結局、レモンは使わず。理由は薄力粉が少なすぎました。
この間、蕗の薹の天ぷらの材料として使ってしまった。冬なので買い置きも無い。
仕方が無いのでパウンドケーキの粉で、パウンドケーキを焼きました。
毎回の事で、てっぺんが焦げたのを、妻は包丁でそぎ落とし、二切れ焼いた私に、二切れ妻と番犬が。
結局旦那さんではないですが、昨日の時点ではプレゼントした私が一番食べました。
でもまだほとんど残って冷蔵庫に入ってます。
 
昨日裏の畑を掘ったら(冬の間はつるはしでも歯が立たないくらい凍りますが)蝉の抜け殻でない、生きているのが2匹出てきました。写真だけ撮って、また埋めてやしました。夏には元気で出てくるやら?
 
最近は散歩で小鳥のさえずりを聞く様になりました。春はもうすぐなのでしょう。

投稿: SyuJii | 2010年3月15日 (月) 11時43分

momomoさんへ
今日は。momomoさんは、着物について関心をお持ちのようですね。そして着物も一杯あってすごいですね。それに、着物着てのお集まりもあるような記事を記憶しています。さすが、アーチスト。着物に関心を示す若い人が少なくなるなる中でmomomoさんのような方が日本の伝統を守っていくのだと思います。コメントありがとうございました。

投稿: マジョリン | 2010年3月15日 (月) 17時43分

SyuJiiさんへ
バウンドケーキを焼かれたそうですね。挑戦されるうちに誰にも負けないほどの美味しいケーキが出来ると思います。雪も解けて次第に春めいてきた様子、これからが楽しみですね。

投稿: マジョリン | 2010年3月15日 (月) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かんたんインドビーズ刺繍の手提げ袋 | トップページ | 弥生の空の夕桜 »