« ハーブに魅せられて | トップページ | ときどき名画の鑑賞 »

伊豆高原アートフェスティバル

2010年4月25日(日)晴れsun

 Cocolog_oekaki_2010_04_24_15_15

 先日、第18回伊豆高原アートフェスティバルの案内を、知り合いから頂きました。ear

 案内状によりますと、5月に伊豆高原の100か所を展示場に開催されるとのことでした。伊豆高原は、伊東市の南にある高原です。開催日は5月となっていますが、5月の毎日なのか、土・日なのか、それぞれが、展示日の設定をしていますので事前の調査が必要です。smile

 このフェスティバルは、高原全体、北は一碧湖、南は伊豆急伊豆高原駅付近までの広いエリア内の様々な場所で行われます。

 私は、何回かいっていますが、「ここに住む人達が「暮らしのために豊かな緑の自然を守る」気持ちから生まれた。」と言っています。

 会場は適当に散らばっていますが、特に大室山の南と西側に会場が集中しています。eye

 有名なところでは池田20世紀美術館、一碧湖美術館などですが、ほかにギャラリーやアトリエ、各種工房、カフェ、別荘などです。まずは、会場と展示内容を知るためのマップを手に入れることが必要だと思います。confident

 運営は、伊豆高原アートフェスティバル運営委員会でURLは、http://www.izukougen-artfes.com です。ここでmapなどわかります。 

 私も、此の催しは楽しみですので、亭主どのに運転を命じsmile、行ってみようかと思っています。happy01

 内容は、専門家から素人までの作品展示が主で、パッチワーク、絵画、版画、写真、彫刻、クラフト、手作り家具、ステンドグラス、漆器、陶器木工、創作人形、キルトなどとにかく多岐にわたっています。(゚0゚)

 わたしは、キルト、パッチワーク、ギャラリー、南大室窯の陶器など見たいと思っています。この時期の伊豆高原は、花と緑があふれていてまさに主催される人たちのおしゃるとおり最高です。以上、情報として・・・・・・です。(*^-^)heart04

今日のトピックス

都忘れ(ミヤコワスレ)が咲いています。紫と薄紫の小さな菊のような花です。

都忘れの名は、承久の乱(1221年)で佐渡に流された順徳天皇が、この花を見ていると都のことは忘れられるといったことに由来しているそうです。

Img_9878

Img_9879 

Img_9975

Img_9976

  花好きの女房の後を蝶が追い(ぐうたら亭主)Cocolog_oekaki_2010_04_24_12_53

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けるとにほんブログランキングに参加していますので、励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« ハーブに魅せられて | トップページ | ときどき名画の鑑賞 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

大室山や一碧湖側の美術館等には、私たち家族も何度か行きました。
湘南から近かったからでしょう。
但し、結構な渋滞で、外は夏の様に暑かったので、車の移動は運転者には辛いものがありました。
妻は免許を持ってますが、私がいる時に妻が運転した事は、私が骨折で病院通いした時だけです。
命じられるままに運転手をされる旦那さんに、ご同情申し上げます。

投稿: SyuJii | 2010年4月26日 (月) 09時41分

SyuJiiさんへ
熱海方面からの国道135号線は、本当に込みますね。特に夏は、大変だと思います。この時期は、伊東高原は、花と緑で最高の季節です。家では、免許は、私が持っておりませんので亭主にお願いするばかりです。いつもしとやかにお願いしておりますので、せめて、書きものにするときは偉そうな言い方をしてしまいます。ぐうたらで、亭主関白。せめてもの抵抗です・・・・(◎´∀`)ノ
亭主同情されると、喜びます。

投稿: マジョリン | 2010年4月26日 (月) 14時55分

アートフェスティバルのサイトも見ましたsign03
伊豆高原には、沢山のアトリエ等があるので驚きました。
そういえば、友人がこの辺りのガラス工房で働いていたことが
あったな、と思い出しました。chair

この時期の伊豆はとても気持ちよさそうだし、
ゆっくり回ると楽しいんだろうな。ヽ(´▽`)/shine
と思いつつ、、「敵」いるので、なかなか行くのが
難しいのが残念です。crying

投稿: momomo | 2010年4月29日 (木) 02時35分

momomoさんへ
伊豆の中でも、伊豆高原は、一番好きなところです。工房、ギャラリー、アトリエ、お店など点在していてまわって楽しいところです。この時期は、年間を通して最も良い季節です。
只今、momomoさんは、育児戦争の?の真っただ中。今、戦場を離れられません。敵前逃亡で銃殺。いずれ、まどさん、ぶんさんが学校に上がるくらいになればみなさんで来られるでしょう。smile伊豆高原は逃げませんから。note

投稿: マジョリン | 2010年4月29日 (木) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハーブに魅せられて | トップページ | ときどき名画の鑑賞 »