« ごちゃごちゃ「マジョリンのローズ・ガーデン」part5ウイリアム・シェークスピア | トップページ | ごちゃごちゃ「マジョリンのローズガーデン」Part6 ピエール・ドゥ・ロンサール »

刺繍しながらサッカーワールドカップ

2010年5月26日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_05_26_18_41

  昨日は、刺繍のお稽古の日です。二週間なんて「あっ」という間に過ぎてしまいます。dash

  そんな言い方しますと、そばで亭主が「あ!」dashなんて叫びまして、「あ!」って言ったけど二週間過ぎないよ~。うそつくな~。なんてくだらないことを言います。頭の中の構造見てみたい。幼稚な脳みそで一杯だと思います。catface

 亭主といえば、月曜日のサッカー日本と韓国の国際試合tv試合が終わった瞬間に盛んに怒っていました。ヽ( )`ε´( )ノ

 以下、私の頭の中の録音機が亭主の怒りangryを録音しておきましたので、再生ボタンを押します。パチン!!(o^-^o)

 先ず岡田監督のこと、オシムさんからバトン・タッチされて、彼はその後何をしてきたのか。戦術も駄目、選手の選考は、最悪。中心選手を作らずでは、戦う集団にならないことが証明された。despair

 試合後、会長に「このまま続けていいでしょうか?」と言ったと報道されています。これはいただけません。こう聞かれれば、答える方はダメとは言えません。confident

 責任取るのなら、「やめます。わたしは、能力ありません。」とこういうべきです。そういってやめれば、男が上がったのに。up

 次に、選手。日曜日のテレビ特集で、インタビュー受けていて誰ひとり緊張感を持っていないので心配していたところ、その結果が試合にそのまま出ました。無理に、緊張しろとは言いませんが。

 所詮力一杯やったところであれが限度でしょう。 選手は、日本代表になったことで目的は、達成したのですから。catface

 試合後、テレビがサポーターにコメントを頂いていましたが、多くの人が怒り狂っていました。angry

 毎度言っていますが、小野伸二選手のような傑出したスター選手がいなければ、チームはまとまりません。ドングリはドングリ。こんなことが誰もわかっていないところに今の日本サッカーの病根があります。セルジオ・越後氏だけ分かっていらっしゃる。think

 それにしても韓国強かった!おれ、自称明治男も意気消沈です。despair

パチン!録音切りました。以上、全部再生いたしました。(o^-^o)

 試合中に、私は、刺繍をやっていましたが、亭主、私に怒っても仕方がないと思うのですが・・・・。私、関係者ではない・・・・。結局被害者?録音までサセラレテ・・・・。もう一度言いますが、サッカーと私は関係ない・・・です。(`ε´)

 話は変わって、昨日は刺繍のお稽古でした。

 写真は、今やりかけのテーブルクロス。ケシの花を刺繍しています。

Img_1507 Img_1586

 お稽古の後、仲間のOさん宅にお邪魔しました。Oさんも長くやっていますので、作品たくさん作ってます。

 こちらは、Oさんの刺繍です。ブログに載せる了解をいただきました。

 これは、テーブルクロス、フランス刺繍の古いデザインで色付けもクラッシックです。とても素敵です。

Img_1251  Img_1252

 Oさんが、様々なステッチを駆使した刺繍で、フランスの少女をデザインしたものです。

Img_1256  Img_1258

先生がデザインした、えびねと勿忘草の綺麗なくず入れです。

Img_1260 Img_1263

今日のトピックス

 庭に咲いている、紫つゆ草です。6月の梅雨のころ咲くのですが、5月になって雨が多かったせいか青い小さな花をつけました。あどけなく、地味ですが日本人は、こういう花に惹かれると思います。

Img_0940  Img_0942

この花、二ゲラ(黒種草)です。適当に咲いていますが、地中海沿岸が原産地。西洋では、霧の中の恋人と言われているそうですが、何処が?って感じです。

Img_1508  Img_1356

草や木の呼吸でめざむ今朝の夏(ぐうたら亭主)Cocolog_oekaki_2010_05_25_18_22

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« ごちゃごちゃ「マジョリンのローズ・ガーデン」part5ウイリアム・シェークスピア | トップページ | ごちゃごちゃ「マジョリンのローズガーデン」Part6 ピエール・ドゥ・ロンサール »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごちゃごちゃ「マジョリンのローズ・ガーデン」part5ウイリアム・シェークスピア | トップページ | ごちゃごちゃ「マジョリンのローズガーデン」Part6 ピエール・ドゥ・ロンサール »