« 翆嵐の箱根その2ポーラ美術館 | トップページ | ワールドカップ日本代表にバラでエール! »

お師匠さんの素適な刺繍

2010年6月12日(土)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_06_12_11_28_2 

 管内閣も発足、私たちの国も新しく歩み始めました。dash

 かつて、日本の国民は、世界の中でも最も勤勉で、向学心が高いといわれてきました。

 少なくとも私たちは、そのように教わって来ました。しかし、私の年齢あたりからどうも、先輩の皆さんが築き上げた勤勉さ、そのことによって実現した豊かさなどを享受する一方で、むしろその蓄積された財産を食いつぶしてきたような気がします。また、向学心の方も萎え、日本人総白痴化なんて言われて久しい感じがします。weep

 今や、勤勉、向学心なんてものは何処かに入ってしまい、国力は下がるばかりの様な気が・・・。どうしよう・・・・・こまりました。despair

 この日本どう立て直したらよいのでしょうか?私にはわかりませんので管内閣に考えてthink頂きましょう。

ま、この話はこの程度にして昨日は、刺繍のお稽古に行って来ました。相変わらずケシの花のテーブルクロスと馬の額を進めています。

 ケシの花の色に、私はブルーを使いたいと考えているのですが、先生は出来れば同じ系統の暖色が良いのではとおっしゃってconfidentいました。

 こういう場合、素直に先生のいうことをきくのがまじめな生徒です。私の場合、迷っています。素直な優等生ではないかもしれません。(゚ー゚;

 家に帰ってぐうたら亭主どのの意見を無駄だとはわかっていましても、(消去法ですと残ったのは亭主)、一応聞こうと思いました。が、亭主、高校時代の仲間と、また伊豆に一泊で遊びに行ってしまっておりませんでした。

 か弱き妻を一人にして、ぐうたら亭主呑気に温泉に入って、え~~い!くやし~~。(・A・)イクナイ 不憫な私。我が家では、未だ、女性の地位は低いんです。男女共生社会の実現なんていいましても、男女不共生社会・・?管さん、お願いします。うちのぐうたら亭主に意見してくださ~~い!

写真は、馬の刺繍。右側がケシのテーブルクロス反対側隅の花の色を検討中です。

Img_2197  Img_2200

私の刺繍の先生の作品。さすがにお上手です。群馬の躍動感、刺繍で色と微妙な陰影を出すのって凄いと思います。まるで絵のようです。w(゚o゚)w

Img_2084

Img_2085

Img_2086

Img_2087  Img_2089

今日のトピックス

 金蓮花が大分前から咲いっています。この花、葉がハスの葉に似ていることから金蓮花と名付けられました。ちなみに葉は食べられます。サラダに飾ったりしますとワサビの味がします。

Img_1133  Img_1732

Img_1838

青葉からこぼれた雫葉の香り(ぐうたら亭主)Cocolog_oekaki_2010_06_12_11_35

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« 翆嵐の箱根その2ポーラ美術館 | トップページ | ワールドカップ日本代表にバラでエール! »

刺繍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 翆嵐の箱根その2ポーラ美術館 | トップページ | ワールドカップ日本代表にバラでエール! »