« セントポーリア・届け!南アフリカへ! | トップページ | 亭主の怖がるお化け! »

梅ジュース、梅酒、梅干し作りにトライ。さて?

2010年6月22日(火)曇りcloud

Cocolog_oekaki_2010_06_20_13_23

 今日は、採れた梅の活用その3です。梅ジュースと梅酒、梅干しです。これらは、梅活用の定番です。think

 皆さんも、これらは、作られていらっしゃると思いますので、これらのことを説明するのは、おこがましいしのですが、梅エキス、梅の甘露煮と来ちゃったものですから勢いがついてしまいまして、その流れの中とご理解下さい。すみません。coldsweats01

 私の場合、梅ジュースは、可愛い孫に喜んでもらうために、作ります。lovely

 梅酒と、梅干しは、自分たちのために毎年作ります。この時期になりますと作らねばという強迫観念に襲われます(オーバーですが)。

 梅干し作るときに、気をつけていることは、真剣になりすぎますと口元に力が入りすぎて、また、しょっぱいイメージを持ちますと口元に皺が出来ます。

 ぐうたら亭主それ見て、すぐに梅干しバ・・・なんて言いいますので、リラックスして口元は、あくまで、たおやかに作業をいたします。delicious

 念のため申し上げますが、私、全然皺なんかありませんから・・・・よろしくお願いします。(゚ー゚)ハハハ・・・何をよろしくなのかわかりませんが。お嫁に行くつもり?note梅干し漬けるのうまいですよ!(売り込み・・・)smile

 写真は、梅ジュースと梅酒

   Img_2252

1 梅ジュース(梅1kgに対しグラニュウ糖700g)

作り方  梅を洗ってヘタをとり、水の中に1~2時間置き、ふきんなどで水気を取り乾かします。冷凍庫で一日以上中身まで凍らせます。熱湯消毒したビンの中に、グラニュー糖を3分の1入れ梅も3分の1入れこれを交互に繰り返し全部入れます。その後、砂糖の状況を見て、解けていなかったら、瓶ごとゆすり砂糖を溶かします。

 発酵しやすいので涼しいところに置きます。梅の中の水分と砂糖がまじりあってジュースができます。1か月ぐらい置いて出来上がりです。真夏日のように暑くなりましたら冷蔵庫に入れます。

     Img_2239

2 梅酒(青梅1kg、果糖500g、ホワイトリカー1.8ℓ、酒900cc)

 青梅を洗いヘタを取り1~2時間水にしたし灰汁を取ります。ふきんで水気を取り乾かします。ビンを熱湯又は焼酎で洗うように消毒してその中に青梅を入れ、果糖とホワイトリカーおよび酒を注ぎ入れます。これを暗くて涼しいところに置き、浮いていた青梅が、黄金いろに変りはじめる夏の終わりごろから飲めます。1年くらいたって梅を取り除きます。

      Img_2245     

 梅酒ですが、一番古いもので、10年前に作ったものが残っています。

 もう一本は、ホワイトリカーの代りに梅酒用ブランデーを入れて作ったものです。3年ほど前のものです。

      Img_2249

   Img_2646 

3 梅干し(梅1kg、粗塩150g、焼酎適量)

 梅を一晩水にさらし乾かしてカメを焼酎で回し洗い消毒をします(手など入れないようにします)。塩、梅の順に2,3回に分けて入れ、重石をし、サランラップで蓋をしてカメの蓋をします。白梅酢が出てきたら重石を半分にして2,3週間置きます。この間カビが生えないように気をつけます。赤じそ300gと粗塩60gの割合でボールの中で混ぜ灰汁を出して色を出します。これをカメの中に入れて梅の色を出します。土用が来たら、日光に当てて干します。    

  Img_2277

4 カリカリ梅 (小梅1kg、焼酎4分の1カップ、粗塩130g)

 梅干しと同じ漬け方で梅酢が上がったら冷蔵庫に入れて保存します。2,3カ月で食べられます。(卵のカラの薄皮を取ったものをきれいに洗い、乾かし、綺麗なガーゼで包み、梅の中に入れる方法もあります。)なお、白梅酢は、梅がついた時点で取り除きます。 

     Img_2282

今日のトピックス

 この花、撫子です。秋の七草のひとつですが、今この時期に普通に咲いています。大和撫子は、私。これ、河原撫子です。

       Img_2127

Img_2616   Img_2128 

        Img_2130

路地で食う地蔵祭りの心太(ところてん) (ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_06_20_13_03

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« セントポーリア・届け!南アフリカへ! | トップページ | 亭主の怖がるお化け! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

村の加工組合の小梅の収穫は終わりました。
我が家のはまだ。中梅などもまだ。
梅ジュースは我が家も主に孫用です。
梅干しは私用。妻は妻用に別々につけてます。
元々は私が義母から教わってつけていたものですが
途中から妻も参加。故にこの様な縦割り体制になりました。
梅酒は最後につけたからそれがなくならない(子供が独立して飲む者が居なくなった?)のでまだ残ったまま。つけてません。
梅ジャムは昨年作りましたが、おいしくないので今年はパスの予定。

投稿: SyuJii | 2010年6月23日 (水) 07時41分

SyuJiiさんへ
梅ジュースも梅干しもジャムまで凄いですね。よくやられて感心しています。うちのぐうたら亭主にも・・・無理ですね。smile
奥様とSyuJiiさんのつけた梅干しの味は、どうなんでしょうか?梅酒は、やはり残ってしまいます。案外飲まないですね。smile

投稿: マジョリン | 2010年6月23日 (水) 11時25分

マジョリン様
庭の梅、見て良し、食べて良し!ですねdelicious
梅ジュースは我が家の子供の大好物です。

ところで、大和撫子って自ら名載ったりする女性の事でしたっけ???bleah

投稿: むすめ | 2010年6月23日 (水) 21時02分

musumehe
梅ジュース作り、可愛い孫のため、一生懸命です。
大和撫子の件、この時代自分でappealしないと人は認めてくれません。smile
はい。
よーく考えますと、think大和撫子とは、奥ゆかしいことの代名詞ですか。アハハハ。( ^ω^ )

投稿: マジョリン | 2010年6月23日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セントポーリア・届け!南アフリカへ! | トップページ | 亭主の怖がるお化け! »