« 亭主の怖がるお化け! | トップページ | NY定期便♪ 「カーネギーホール」 »

翆嵐(すいらん)緑ののシャワー

2010年6月24日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_06_23_21_34

 翠黛(すいたい)は、緑にかすむ山の色合いをいいます。また、、翆嵐(すいらん)は、緑のシャワーを浴びたような景色を言います。confident

 この言葉、この時期の緑を表現していますが、この言葉一つとっても、日本人の自然に向き合う姿勢、自然に対する感性の深さが伺われます。confident

 ここのところ、雨が多くまさに緑の葉と相まって緑のシャワーです。

 草木の緑も、注意して見ていますと日々色が変わっていくのが分かります。動物と違って植物は一般的に1年のサイクルで大きく変化していきますから、変化の動きが分かりやすいのかと思います。

 昔の人は、緑を単に緑で済まさないで、日々の変化を正確にとらえて、膝をぽんと叩きたくなるような、人々の琴線に響くような見事な言葉で表現しています。smile

 翆の文字、緑の意味ですが、鳥のカワセミのメスのことで、オスは翡と書くそうです。二つの文字、確かに羽という字がついています。

 オスとメスを合わせますと翡翠(ひすい)です。カワセミの昔の古称がソニドリだそうで、ソニドリが緑になったということのようです。深い緑に輝く宝石翡翠、カワセミの美しい色からその名を頂いた。と、いうことだと思います。

 ああ、私、翡翠の指輪欲しいです。母の形見の指輪をなくしてしまったので余計その思いは強いです。昨年、台湾に行ったとき、偽物のブレスレット亭主に買っていただきましたが、普段でもしません。それでも、亭主のプレゼント、嬉しくてうれしくて、大切にして・・・・・・いません!

 私は、緑の色が大好きです。前に、色と健康の関係についてセラピニストのお話聞いたことがありますが、緑の色は、人の心を落ち着かせ、穏やかにするといっておりました。したがって、様々なところで緑色を活用することは、心身の健康維持のために良いとのお話でした。

 我が家のぐうたら亭主、いつも私をいらいらさせるので、その処方箋、考えました。亭主のシャツ緑色にすればいいんだ。そうすれば、私の気持ち少しだけでも安らぎます。ついでに顔も緑に塗りたいけれど、それは無理ですね。(笑い)

 ところで、緑のシャツ代誰が出すのかしら?

写真 柿の花が咲く頃の緑です。きゃらぶきの緑です。

Img_1117   Img_1387

紅葉の緑

Img_2686_3

手前赤の紅葉ですが、向こう側が紅葉の緑です。かえって緑が際立ちます。

Img_1388

紅葉の緑

Img_2704_3

今日のトピックス

サンゴ花が咲いています。この花は、色がサンゴに似ているからその名があります。南米が原産地です。

Img_2293

Img_2492   Img_2494

ホタル狩り手からこぼれる光かな(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_06_23_21_26 Cocolog_oekaki_2010_06_23_21_30_2

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« 亭主の怖がるお化け! | トップページ | NY定期便♪ 「カーネギーホール」 »

庭いじり・花」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、

ニューヨークがとても近く感じます。
ときどき、おじゃましますねで、よろしく。

投稿: だいこんママ | 2010年6月25日 (金) 08時54分

だいこんママさんへ
おはようございます。noteこちらこそよろしくお願いします。
是非、つまらないブログですが遊びに来てコメントいただけたらななんて・・・・思っています。私も、だいこんママさんのブログにお邪魔させていただきました。イラスト凄いですね。ビックリでした。smile

投稿: マジョリン | 2010年6月25日 (金) 10時03分

サンゴ花鮮やかで面白い花ですね。
同じ緑でも、いろんな言い方で、的を得た様な言い方ができて、聞く方もその色が想像できるのは、そんな環境で育ったマジョリンさんの様な人たちで、私を含めて?最近の若い人たちは「きょとん」でないでしょうか?
急速な日本語(日本文化?)の衰退かもしれません。

投稿: SyuJii | 2010年6月25日 (金) 11時05分

SyuJii さんへ
日本語は、細部にわたってそれに合った表現がありますよね。
それだけに難しいし、楽しいと思います。
ただ、時代の流れで言葉は変わっていきますし、新しい表現が生まれたりで、やがて古いものは淘汰されそうな気がします。
やっぱり言葉は、生きものでしょうか?
think

投稿: マジョリン | 2010年6月25日 (金) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亭主の怖がるお化け! | トップページ | NY定期便♪ 「カーネギーホール」 »