« 宇宙のロマンと地球のチリの様な営み。 | トップページ | 今度は梅の甘露煮にトライ。これも? »

鎌倉彫宝相華文の丸盆

2010年6月17日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_06_17_16_38

 先日、鎌倉彫のお稽古がありました。楽しみながらのお稽古ですからのんびりです。お仲間は、皆、キャリアがありますので、自分で好きなように絵柄を選んで、好きなように彫っています。smile

 できることなら、来年あたり展示会が開ければよいなぁと思っています。来年のことを言うと鬼が笑うといいますが、そいう意味では今から来年のこと早すぎて鬼に笑われてしまいます。(*≧m≦*)

 このことわざ、明日の命さえ知らぬのが人間、その人間がどうして来年のことなどわかろうか、という意味で使われています。confident

 意味はわかったとして、鬼が笑うといいましたが、たとえ鬼がいたとして、鬼に笑われては、不都合が起こるのでしょうか?どなたか、おしえてくださ~い。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ま、そんなこと考えていますと、「ひまじゃの~」なんて我が家のおバカさんぐうたら亭主どのに言われそうです。ぐうたら亭主にそんなこと言われる私、もっとおバカさん。きっと似た者夫婦?それこそ鬼に笑われてしまいます。coldsweats01

 来年に備えて、柿盆相変わらず彫っていますが、もっぱら刺繍の方にウエートがいってしまっていて、遅々として進みません。coldsweats02

 少し気合を入れましょうか。喝!!ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー品がなくてすみません。

写真は、20年前位に彫った宝相華文の丸盆です。木地が逆目が多くそれに堅くて彫りにくかったのを覚えています。薄肉彫で、出来の方は、あまり良くないと思っています。でも私はこの古典のデザインは好きです。サイズは一尺一寸ほど(36㎝)塗りは、乾口塗り。宝相華(ほうそうげ)は、天上(極楽)で咲く花です。

これ、三枚ほど彫って二枚は知人に差し上げて喜ばれました。

Img_0200  Img_0202

今日のトピックス

これも、アジサイ科に属します。イワガラミといいます。これは鉢植えですが、岸壁に絡んで高さ10mを超えるほどになるということです。

Img_1766_2   Img_1768_2

Img_1767_2

アジサイや路地裏からは見え隠れ(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_06_17_16_32

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« 宇宙のロマンと地球のチリの様な営み。 | トップページ | 今度は梅の甘露煮にトライ。これも? »

鎌倉彫」カテゴリの記事

コメント

お花に鎌倉彫りに・・・マジョリンさんの素晴らしいご趣味に圧倒されてます!
此方へ来る前に茶道も華道も手を付けてはみたのですが・・
特にお花の方はセンスがなかった様で直ぐに断念してしまってるんです~   お恥ずかしい!
鎌倉彫りは素敵! 私も教えていただきたいくらいです ♪

↓ お嬢さまが紹介なさってるニューヨークのお店、 私も行ってみたくなりました~♪

先ほど眼科から帰って来たばかり・・
眼圧検査の目薬が未だ効いてて ボンヤリしております。。。

投稿: Azky | 2010年6月18日 (金) 06時56分

宝相華は彫った事有りません。やはりちょっと昔風のデザインで。
今塗っている手鏡が、明治か江戸か位の菊のデザインで、本当はどうでも良いのですが、けじめとして仕上げなくては。
あとは手刳りの箱など。
昨日は炭の粉で蒔きサビなので、鼻の下や首筋等を拭いたタオルが真っ黒。明日は残りの表。
仲間の蒔きサビも控えているので、当分炭の粉が飛び散らない様に、息をひそめて格闘です。

投稿: SyuJii | 2010年6月18日 (金) 07時33分

Azkyさんへ
Azkyさんおはようございます。嬉しいお言葉頂きまして、これからの、励みにしたいと思っています。
Azkyさん、茶道と、華道やられたそうですが、私は華道はダメです。どちらかといいますと、お花を花瓶に一杯入れてsmileOKの類ですから。 鎌倉彫は、作ったものが残りますし、長く出来ますのでよろしいかと思います。lovely
ところでAzkyさんのお宅素晴らしいですね。先日拝見しましたウッドデッキもおしゃれで、あそこで朝食やお三時してみたいなぁなんて思っちゃいます。note眼科医にかかられたとのことですが、お大事にしてくださいませ。

投稿: マジョリン | 2010年6月18日 (金) 10時43分

SyuJiiさんへ
おはようございます。note宝相華は、良い模様ですから、一度彫られると良いと思います。
今、手鏡の塗りの真っ最中のようで楽しいですね。菊の模様は、菊桐でしょうか?
手鏡の塗りが終わっても、まだ、次が待ち構えていらっしゃって楽しみが続いてよろしいですね。今、塗りにとっては最高の時期ですから。shine

投稿: マジョリン | 2010年6月18日 (金) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇宙のロマンと地球のチリの様な営み。 | トップページ | 今度は梅の甘露煮にトライ。これも? »