« トリノ・エジプト展 | トップページ | いましばらく静かにしていて下さい。 »

緑の宝石と夏座敷

2010年7月28日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_07_28_11_29

 一昨日は大暑。一年中で最も暑い日。sweat01暦のとおりの暑さで日本列島boilsign03

 私も,もう少しでboil。

 大暑の対極にあるのが大寒。snowつい昨日のことのように思えるのですが、時の流れは速く、もう半年が過ぎてしまいました。あの寒さに震えていたころが懐かしいなんていってみても大寒の時期になれば、多分反対のこと言ってます。think

 暑くても、今は、エアコンがありますので多少は良いのですが、昔の人たちは、涼しく見せたり感じさせたりする知恵を持っていたようです。そのあたりの日本人の能力って凄いというか驚きです。shine

 部屋の、障子や襖を取り外し、風通しを良くします。簾をかけて簀戸(すど・竹で編んだ戸)をはめたりして座敷に整えます。

 また、金魚鉢を置いたり風鈴をかけたりします。このように夏向きに仕立て上げた部屋を「夏座敷」と呼びます。夏座敷という語感にも涼しげな響きがあります。

 夏座敷で、ごろっと昼寝。暑さを忘れて気持ちよく寝れます。風鈴がちりんちりんnotes

 金魚鉢がすいすい・・・。なんといっても水の中ですから見ていて涼しい。・・・・簾の隙間から風が・・・す~と入ってきます。このあたり、寅さんが生きていて話してもらいますとリアルな風景が浮かんでくるのですが。

 うちのぐうたら亭主ならこのような環境に置かれればずっと寝っぱなし。永久に起きないかも・・・・。ウフフフ・・( ^ω^ )喜んでいるわけではありません。もう一度言いますが・・いません。

 現代、日本の家は、家の作り方が変わりまして、エアコンが主役。したがって部屋は密封されています。外気をシャットアウト。・・・これも時の流れ・・・・です。その分、機能的になりましたが、自然との共生は、失われてしまうという寂しさはあります。weep

 さて、今日お届しますのは、今月18日にアップしましたフウランの続編です。私の友人のOさんのフウランです。無理に頼み込んで了解をいただきました。

 彼女、私のフウランの師です。お嬢さん育ちで厳格、才媛です。もちろん今もですが。やることが私と違って几帳面です。彼女がフウランに興味を持った経緯は知る由もありませんが、フウランの草花としての格式、品格ある姿を見ていますと、彼女と重なって、その理由が何となくわかってまいります。

それでは、緑の宝石といわれるフウラン。以下Oさんの説明を私なりの解釈で記します。

写真 駿河覆輪(するがふくりん) 葉が白い斑で縁取り(覆輪)されています。そして、ややひねりがあるのが特徴の秀麗な一品です。 

Img_0552

  天心 拒(きょ)がないのが珍しい花。象の鼻のように変形したものと思われます。

Img_0533 

Img_3526

金鏤閣(きんろうかく)陽が当たり吸収すると葉の表面が黄金色になります。それが美しい。

Img_3527

Img_3528

フウラン(名無し。)

Img_3529

金銀羅紗(きんぎんらしゃ)。このフウランの特徴は、葉につやがあり、しかも、金銀に輝くという名品。花も拒に特徴があります。

Img_3531

Img_3532

フウラン(名無し)

Img_3533

大鷹丸 葉肉は厚く、直刀の豆葉、フウランは、花だけを楽しむのではなく葉や全体のバランス、鉢までも楽しみます。

Img_3535

島並の紅 花がピンク色で可愛い。

Img_3536

Img_3538

金星 花は、六弁花。小型で葉に黄色の斑が入っていてきれいです。

Img_3541

Img_3542

御簾影(みやすかげ) 大型で葉が大きい。その昔、大名が1千両で買ったといいいます。

Img_0538

以上、ここのところ咲いたものをアップしましたが、ご本人からの聴きとりで書きましたので意を表現できたかは、ちょうとちょうと!です。すみません。先に謝っておきます。フウランを夏座敷で手にとってめでるの図なんて最高に贅沢。とにかくこの世界奥が深そう~~です。

今日のトピックス

白雪蔓(しらゆきかずら)です。一般の種類とちょっと違うようですが。地味な花で、葉のような感じです。

Img_3965  Img_3966

Img_3967

夏座敷本を枕の亭主かな(ぐうたら亭主)Cocolog_oekaki_2010_07_28_20_25

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« トリノ・エジプト展 | トップページ | いましばらく静かにしていて下さい。 »

庭いじり・花」カテゴリの記事

コメント

マジョリンさん、こんばんはfullmoon
涼やかな奇麗で可憐なお花ですねえ〜happy01
クーラー無しの我が家でも涼しい気持ちになれます。

「夏座敷本を枕の亭主かな」
も、日本の夏満喫、という感じで、いいですねsign03

ところで、美術館、博物館ここ最近でたくさん行かれましたね。sweat01
いつもながら、わかりやすい臨場感に溢れる
レポートで、私も行ったつもりになれております。
オルセーは行ったことがあるのでおいておいて
エジプト展はなかなか珍しい展覧会なのではないでしょうか?
しばし、現世を忘れて太古の昔に思いを馳せ、
ロマンを感じることができそうです。

そうそうsign03
すっかり、さえなかった季節外れの安売りの薔薇が
最近咲いておりますヽ(´▽`)/heart04
お得な気分で嬉しいですsign03

投稿: momomo | 2010年7月29日 (木) 02時06分

momomoさんへ
おはようございます。いつも暖かいエール送ってくださって嬉しいです。happy01
バラが咲いたのですか?良かったですね。大事に育てれば、来年はもっと良い花が咲くと思います。今年は暑いですから水をわすれずに・・・。tulip
俳句に反応して下さるのは、momomoさんだけです。ぐうたら亭主が、大喜びです。\(^o^)/ありがとうございました。smile

投稿: マジョリン | 2010年7月29日 (木) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トリノ・エジプト展 | トップページ | いましばらく静かにしていて下さい。 »