« NY定期便♪ 駐妻レシピ 「オニオン・ディップ」 | トップページ | 歯は何のために?私流「ネコや」の水羊羹! »

オルセー美術館展2010年 (ポスト印象派)

2010年7月24日(日)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_07_23_11_50

 久しぶりの東京は、猛暑!どうしましょう。魔法使って空飛ぶしかないかしら・・・。風切ると涼しいかも・・・・。smileあ、箒忘れてしまいました。

 19日の日曜日、午前中上野の国立西洋美術館にいったあと、六本木にある国立新美術館へ・・・美術館の梯子酒です。happy01すいません。酒は余分でした。(^-^;

 ぐうたら亭主をお供にしていますが、目的地までの案内は亭主。

 ぐうたらとは言え、少しは取り柄がありまして、地下鉄網は私より詳しいのでしっかり案内するように指示しました。confident

 東京に来ていつも思うのですが、地下鉄を上手に使うことができれば、あちこちに寄れるのに・・・・・。ところが、私、地下鉄の路線を覚えるのが苦手で、迷子になりそうです。

 国立新美術館は、切符買う所から混んでいました。会場に入るのに20分待ちといわれて暑い中、四列に並んでの辛抱です。coldsweats02

 会場内にやっと入ったのはよいのですが、人人人・・・・です。人と人との隙間から素早く絵を見ます。eye

 こちらの絵は、日本人の大好きなオルセー美術館の絵画です。亭主が疲れたとか暑いとか言ってましたので、思わず、ウルセ―なんて・・・・はしたないこと・・・・言いませんでした。sweat01

 展覧会のサブタイトル「ポスト印象派」 モネ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、ルソー、傑作絵画115点、空前絶後。このうち半数以上が初来日。w(゚o゚)w

 これらの絵画がまとめてフランスを離れることは二度とない。とサルコジ大統領がコメントを寄せています。confident

 過去、日本では、大規模なオルセー美術館展が、三度開かれていまして、そのうち、1996年と2007年に東京都美術館で開催された美術館展は、見ております。

 今回の作品の中にもその時の絵画が何点かありましたが、それはそれとしまして全体的に素晴らしい内容のものばかりでした。

 ルソーの「蛇使いの女」は、神秘的で不思議な世界。ゴッホの「アルルのゴッホの寝室」は、同じ絵が、アムステルダムのゴッホ美術館にあります。

 アムステルダムの方が少し早く描かれていますので、オルセーの方はコピーだと思います。ただ、同じ絵といっても、シチュエーションは同じですが、色使いの濃淡が少し違うのと、正面にかけてある額の中に描かれている絵は違っていました。

 いずれにしましても、最近では群を抜いている内容だと私は思いました。ぐうたら亭主も、あてには出来ませんが同様のこと申しておりました。

 この絵画展も、ブログのリンク先の華さんがいかれたのをきっかけにいきました。

 華さんに習って詳細はこちらで!http://orsay.exhn.jp/

写真、国立新美術館エントランス。(地下鉄乃木坂下車) 

Img_3763

館内で並びました。

Img_3766

並びましてエスカレーターで2階の入り口へ行きます。

Img_3767

見終わった人が、休憩してました。

Img_3769

ここから、会場に入ります。

Img_3770

リーフレットです。表紙にはルソーの蛇使いの女。

Img_3891

めくると、絵画の紹介が・・・

Img_3896

ゴッホのアルルのゴッホの寝室も。

Img_3898

今日のトピックス

二度咲きのばらです。暑い中咲いていますが落ちるのも早いと思います。

Img_2480

Img_2553

Img_2498

かぶと虫寄り切った後砂糖水(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_07_23_12_02

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« NY定期便♪ 駐妻レシピ 「オニオン・ディップ」 | トップページ | 歯は何のために?私流「ネコや」の水羊羹! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

初めて訪問させていただきます。
記事を興味深く読ませていただきました。作品を深く理解されているのに感服いたしました。いろいろ勉強になりました。私も六本木の国立新美術館で開催されているオルセー美術館展2010「ポスト印象派」の感想を書きましたので、ぜひ読んでみてください。
http://desireart.exblog.jp/11019558/
よろしかったらブログに書き込みしお願いします。

投稿: dezire | 2010年7月24日 (土) 23時28分

dezire さんへ
おはようございます。ご訪問いただきましてありがとうございました。過分なお言葉頂きまして恐縮しています。sweat01
絵を見るのが好きで、よく見ますが、良い絵を見ますと、気持ちが豊かになった気がします。ただ、それを表現する言葉が見つかりません。それに良い絵であるとの説明も難しくて・・・。
早速、dezireさんのブログ拝見させて頂きました。名画、なぜ名画なのかがちゃんと説明されています。さらに美術史的な視点を加えられているのにも驚きました。w(゚o゚)w

投稿: マジョリン | 2010年7月25日 (日) 11時13分

こんばんは♪
オルセー・・・ウルセーでププッ happy02

子どもたちが小さかった頃 スティック寒天で水羊羹を作ったことがありました。
なんだか、色のついた甘い水の塊ができあがり、失敗 coldsweats01
でも、マジョリンさんの水羊羹をみていたら作ってみたくなりました。 happy01

投稿: 華 | 2010年7月25日 (日) 23時02分

華さんへ
華さんも水羊羹作られましたか。lovely
皆さん、お出来になるの知ってましたけど記事がまとまらなったものですから、エイ!書いちゃえってな具合で、書いちゃいました。pen
男は愛嬌女は度胸で、図々しいところありますので・・・smile

投稿: マジョリン | 2010年7月27日 (火) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NY定期便♪ 駐妻レシピ 「オニオン・ディップ」 | トップページ | 歯は何のために?私流「ネコや」の水羊羹! »