« 雑草で大儲け! | トップページ | NY定期便♪ 駐妻レシピ 「オニオン・ディップ」 »

ナポリ・宮廷と美 カポディモンテ美術館展

   2010年7月22日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_07_22_15_23

 19日の日、国立西洋美術館で、開催中のカポディモンテ美術館展を見てきました。note

 私のブログのリンク先の華さんのブログを拝見したのがきっかけです。lovely

 カポディモンテ美術館は、ナポリにあってイタリア有数の美術館だそうです。

 この美術館は、ナポリの貴族が収集した美術品をその後、相続したブルボン家が更にコレクションを充実させ1700年代初めに、収蔵展示するための宮殿を建造したと説明されています。book

 この美術館は、現在は、イタリア国立美術館です。

 今回、日本に来ている作品は、この美術館の収蔵品の中からイタリアの1400年代から1600年代のルネッサンスとバロック美術の作品の数々です。

 私が知っていた作者は少なく、ヴァザーリ、カラッチ、エル・グレコ、ティツィアーノくらいでした。あとは、初めて聞くような、そして覚えられないような難しい名前の作者ばかりでした。でも、皆、有名な方のようでした。

 ルネッサンスには、ダビンチのような超有名な画家が多くいますし、少し後の時代に入りますと、私の頭の中では、北方ルネサンスの画家に興味がいってしまっていましたので、いわば私の頭の中の空白地帯を埋めて頂いたような感覚で鑑賞しました。

 絵は、さすがにこの時代の名画で神話をテーマにしたものが多く、美しく感情表現や色彩が豊かな絵だと思いました。

 中でも、パルミジャニーノの「貴婦人の肖像」、グイド・レーニの「アタランテとヒッポメネス」、ティツアーノの「マグダラのマリア」などは目玉で、皆、足を止めて見ていました。

 私も皆さんと合わせて、足を止めました。幸い、日曜日のわりには、空いていましたのでじっくり見る事が出来てラッキー!でした。happy01

 華さんに習いまして詳細は、こちらでどうぞ。lovely http://www.tbs.co.jp/capo2010/

 写真 国立西洋美術館 戦前川崎造船所の社長、松方幸次郎の大正初期から昭和初期(1910年代から1920年代)にかけて築いた美術品コレクション、いわゆる松方コレクション展示のために戦後、建てられたとのことです。

Img_3747

ナポリ・宮廷と美 カポディモンテ美術館展開催中(9月26日まで)の看板

Img_3748

美術館の前庭には、おなじみロダンのカレーの市民が。

Img_3749

地獄門が。

Img_3752

考える人が。やっぱり考えてました。(笑い)

Img_3753

正面玄関

Img_3755

絵画展入り口

Img_3756

売店にカタログの見本がありましたのでパチリ。これ全て名画。これの本物が中にあるわけですが写真は撮れませんので・・・・。

Img_3757

Img_3759

Img_3760

展覧会の本。 表紙は、目玉のパルミジャニーノの「貴婦人の肖像」、貴婦人の正体誰だかわからないそうです。貴婦人?それとも娼婦?テンの毛皮を肩にかけて豪華な衣装を身にまとっています。

Img_3762

今日のトピックス

 今年は、私が植えた朝顔は、まだ咲きません。昨年の種がこぼれたのか少し離れたところで2輪咲きました。

Img_3141

Img_3618

朝顔や地を這って咲く花二輪(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_07_22_15_36

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« 雑草で大儲け! | トップページ | NY定期便♪ 駐妻レシピ 「オニオン・ディップ」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。♪
マジョリンさんは絵にはお詳しいのですよね。shine
わかって観るのと、そうでないのとでは全然違います。少しだけでも勉強してから行くと楽しさ倍増♪と、西洋美術の先生が仰っていました。
なかなか全部は無理です。だから少しだけから始めています。

考える人・・・そういえば、考えていたのですね。

マジョリンさんの所できれいなお花を見ているので、最近、ボーっと歩かず、ふむふむとお花を見ながら歩いています。

投稿: 華 | 2010年7月23日 (金) 06時21分

華さんへ
おはようございます。行ってきました!!貴婦人の肖像・・きれいでした。華さんのようでしたよ。shine
私は、絵画は見るのが好きで見ているだけですから、・・・・・・まだまだです。華さん、西洋美術勉強されているということ凄くいいことだと思います。confident
良い絵を見ると、何か後に残って豊かな気持ちになるってことは、ありますね。
お花のこと、ありがとうございます。お花も絵画も綺麗という面で共通点はあるかもしれませんね。smile

投稿: マジョリン | 2010年7月23日 (金) 10時00分

あさがお爽やかでいいですね^^

投稿: めんこ | 2010年7月23日 (金) 18時30分

美術館…。
画廊も、なかなか行けなですね。

北海道の北の端からは、遠すぎて。

私は、近代より現代美術が好きなんです。
神戸にいる時には、よく、あちこち行ったんですが。

でも、どこで何をしているかという情報だけでもうれしいですね。

投稿: だいこんママ | 2010年7月23日 (金) 18時39分

めんこさんへ
こんばんわ。朝顔は、夏の風物詩ですね。つるを伸ばしていくつも咲かせないと、ちょっと寂しいです。

投稿: マジョリン | 2010年7月23日 (金) 21時42分

だいこんママさんへ
今晩は。だいこんママさんのブログ楽しいですね。いつもトリック考えてしまいます。勘が悪いんですね。
東京へは、久しぶりでしたが、猛暑でふらふらでした。絵画見るのは好きですから頑張っちゃいました。smile

投稿: マジョリン | 2010年7月23日 (金) 21時48分

マジョリンさん、こんばんはsign03
いつも絵画に関しても、マジョリンさんが御上手に説明してくださるので、私も行ったことにして、、、
という気持ちになります。bleah

ところで、菜園の果物、野菜、またまた
驚きました∑ヾ( ̄0 ̄;ノsweat01マスカットsign02
まであるんですね。
種類も多くてそれは楽しみでしょうねえ、、、
とつくづく思いました。
それと同時に、朝顔の花が咲かない話、
トマトの病気の話、、、
やはり、園芸も一筋縄ではいかない難しさが
あるんだな、と思いました。
weepsweat02

投稿: momomo | 2010年7月24日 (土) 01時56分

momomoさんへ
おはようございますnote
暑い日が続いています。絵画展頑張って見てきました。梯子をしてしまいました。(笑い)smile
マスカット、摘果をしなかったため、実が小さかったのが悔やまれます。種が無く味は良かったですよ。delicious
園芸のお話しですが、草花も病気や虫にやられてしまいますので気をつけて育てなければなりませんね。それでも楽しい・・・。です。happy01

投稿: マジョリン | 2010年7月24日 (土) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑草で大儲け! | トップページ | NY定期便♪ 駐妻レシピ 「オニオン・ディップ」 »