« 東京は、暑かった! | トップページ | ナポリ・宮廷と美 カポディモンテ美術館展 »

雑草で大儲け!

2010年7月21日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_07_21_21_14

 久しぶりに、菜園にいきました。budいつものように亭主をお供に 任命して・・・・。rvcar

 暫くきませんと、この時期夏草に畑が占領されてしまいます。この夏草、雑草のことですが正式な名前がそれぞれついていると思いますが、私にはわかりません。

 ただ、目を見張るeye様な生命力です。

 これ見てますと、私のような素人でも、このの生命力を活用して、エキスを抽出、フラスコかビーカーに入れ、それに砂糖を混ぜて、あと、化学調味料を少しと塩分混ぜて熱します。confident

 それを冷やして、そこにアミノ酸を加えて、あと小麦粉を研いで混ぜ合わせ丸めて粒に仕上げれば、不老長寿の薬が作れそう。そして大儲け。shine・・・・だなんて妄想してしまいます。そうなると、厚労省、年金支給年齢が伸びて大弱り。まだ妄想が続いています。(○゚ε゚○)

 アハハハハ・・・・くだらなさ過ぎて私「うましか」さん。down* ´З`)σ

 このような雑草でも、多分、薬品メーカーの研究室では、真面目に成分を分析して科学的な根拠を持って薬に利用しているのではないかと勝手に想像しています。そして、製薬会社は大儲けshinenote

 確か、ぐうたら亭主が必死で守っている頭髪・・・・・この養毛剤の成分には、いく種類かの草の名前が書いてあったような気がします。

 亭主の使っている養毛剤、S堂のもので値段が高いのですが、本人は高いゆえに髪が生えると信じ切って朝夕2回頭に振りかけてマッサージを入念にしておりますが、以前は、分け目、七三だったのがニ八にと位置が次第に下がってきておりまして、私といたしましては、今後の展開が楽しみになってきました。catface

 やがて、亭主、ピカチュウに・・・・・なる。(*ノv`)

写真は、かぼちゃ。一応満足です。よくやりました。自分で自分を褒めたりしてマラソンの有森裕子さんみたいです。smile

Img_3589

トマトは、この畝の分は良いのですが、別の畝の分は、灰色カビ病にやられてしまいました。残念です。シュンweep

Img_3590

サトイモは、今のところ順調ですが、水を欲しがりますので、こまめに水をやりませんと枯れる恐れがあります。

Img_3593

今回の収穫は、これだけという寂しいものでした。それでもかぼちゃは、良い成績ですから、これで、パンプキンスープなど作ります。delicious

Img_3594

今回の、最大の収穫はこれ、雑草です。ゴミ袋に三袋でした。これ活用方法考えれば大儲け・・・・・です。?

Img_3596

今日のトピックス

マスカット。です。もう食べられそうです。昨年は、少ししかなりませんでしたが今年は、結構なっています。粒が小さいけど甘くておいしいです。

Img_3551

Img_3553

Img_3550_3

青嵐白き葉裏の光りけり(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_07_21_17_17

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« 東京は、暑かった! | トップページ | ナポリ・宮廷と美 カポディモンテ美術館展 »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

昨日は頼まれて、炎天下、乾燥した雑草運び。
流れ出る汗にくっつく雑草まみれになりながら、乳牛のえさになる、20Kg程度の円筒形の乾燥雑草を拾い集めて、軽トラに積み上げて、貯蔵庫までの往復。
「雑草から薬を作って大もうけ」とはいきませんが、いずれ、この干し草があの牛乳に変わるわけです。
 
それにしても、干し草集めもお米の脱穀も「天日」を乾燥に利用する為、「炎天下」の作業しか無いのは判るけど、
暑い!

投稿: SyuJii | 2010年7月22日 (木) 09時15分

Syujiiさんへ
今日も暑かったですね。家の中にじっとしているわけにもいかず大変でした。sweat01
乳牛の餌の干し草運び、炎天下では、涼しいところといっても大変でしょうね。ご苦労様でした。
おかげさまで、私たちが美味しい牛乳を飲めますね。deliciousSyujiiさんのおっしゃる通り雑草も酪農家にとっては大切なものなんですね。

投稿: マジョリン | 2010年7月22日 (木) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京は、暑かった! | トップページ | ナポリ・宮廷と美 カポディモンテ美術館展 »