« ハイジの世界、車山高原から霧ヶ峰高原へ | トップページ | 晩夏の渚、はぐれカラス »

戦争を知らない大人たち・・・

2010年8月15日(日)

Cocolog_oekaki_2010_08_14_19_14

 今日8月15日は。終戦記念日。正午1分間の黙とうをいたしました。think

 毎年8月に入りますと戦争に関する話題がメディアから流れます。

 やはり日本人が体験した戦争の恐ろしさ、残虐性というものを風化させず、末永く語り継いでいくことが、メディアの正義、役割と考えて頂いているものと思っています。

 自分の回りを見渡しましても、実際、戦争を体験した人はもういません。

 戦争を知らない子供たちというフォークソングが40年前に流行りました。今の若い人というより、日本人のほとんどが戦争を知らないと思います。私だって、日本の戦争のことよく知らないのです。

 毎年この時期に決まって取り上げてくださるメディアを通して、第二次世界大戦のことを知っていくのです。

 そして、戦争の怖さを知ります。争い事は生き物の世界では、不可避でしょう。生存競争という生きるための争い。

 人間も突きつめれば、そいうところに追いやられる可能性があるのでは、と、思うのですがそこは他の生き物と違います。言葉があります。知恵があります。学習能力があります。

 戦争を回避して平和に共存できる世界の実現を地球国の国民一人一人が背負っていく義務があると思うのです。

 先に行われた、サッカーワールドカップ。地球上の何十億人が一喜一憂して視聴したと聞いています。例えばですがサッカーだけでも世界を一つに出来るのです。人間の英知が人間を救うことができるのだと思います。

 それでは、昔流行った歌の歌詞を・・・・北山 修さんが作詞した「戦争を知らない子供たち」を読みながら・・・この話を終わりにしたいと思います。

「戦争が終わって 僕等は生まれた 戦争を知らずに 僕らは育った

おとなになって 歩きはじめる   平和の歌を くちずさみながら

僕らの名前を 覚えて欲しい 戦争を知らない 子供たちさ」

 この歌うたった世代も今や60歳を超えています。平和の大切さはわかっていても、実際の戦争は知らないのです。もっともっと戦争の悲惨さを知るところから平和の実現は始まって行くのだろうと改めて思いました。総理大臣の管さんもこの歌知っているのでは?

 今日のトピックス

ユリが咲いています。このユリ何処からか飛んできた種から芽を出し花が咲いたものです。庭の何箇所かに咲いていましていまだに何処から来たのかは謎です。

Img_4535

Img_4305   Img_4556

Img_4558

ひと夏の思い出を消す土用波(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_08_15_09_16

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン)smile

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ

|

« ハイジの世界、車山高原から霧ヶ峰高原へ | トップページ | 晩夏の渚、はぐれカラス »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイジの世界、車山高原から霧ヶ峰高原へ | トップページ | 晩夏の渚、はぐれカラス »