« 晩夏の渚、はぐれカラス | トップページ | 熱い涙の粒が大輪を咲かす! »

必要不可欠な猛暑対策

2010年8月17日(火)晴れsun

confidentCocolog_oekaki_2010_08_17_11_42

 今年は、7月が猛暑sunsweat01、8月にはいって台風typhoonの後私たちのところは、曇りがちで風が強くやや猛暑は遠のいた感じでした。しかしこれで暑さは終わりというわけにはいかないと思っていましたが案の定今日は猛烈な残暑。sweat01dash

 どうしましょうこの暑さ!目が回りそうです。(@Д@;

 この残暑、8月下旬から9月までは続きそうな予感がします。

 さて、今年の暑い夏をなんとか乗り切るため、私流ピクルスを作って頑張りました。

 出来の方は、私は自分が作ったものですから美味しく頂いています。delicious

 一方、ぐうたら亭主、今一つ態度がなっていません。せっかく私が作ったものを食べてはいますが喜んでいません。プンプンです。angry

 亭主、もともと野菜はあまり好きでないところに酢が効いていますので・・・・・・・。その気もちは少しは・・・・・・わかりません。きっぱり!(*^-^)

 私といたしましては、この暑い夏を乗り切るためには絶対に私の作るピクルスは必要不可欠の副食との固い信念に基づいていますので、亭主の甘えには絶対に妥協をいたしません。はい。

 これ、国会の答弁みたいになってしまいましたが。(笑い)smile

 いやな顔をすれば更に量を増やして出すなんて芸当、ベテラン主婦ですから・・・・・いたって簡単なこと・・・・です。

 今日まで一日一回は、必ず出しています。いやな雰囲気を醸し出しながらも、亭主、自分の体のこと異常に気を使いますので、健康に良いらしいと何となく納得し始めて食べています。

 今のところ二人ともいい夏送っていますが、これがピクルスのおかげであるとかないとかは申し上げられません。

写真 それでは、私流ピクルスの作り方です。

1 市販(スーパー等)されているピクルス用ミックス香料(粒コショウやクローブが入っています)を用意します。

2 ピクルス液を作ります。鍋に、お酢1+2分の1、塩小さじ1杯、水3分の2、砂糖大さじ2杯をさっと煮ます。これをホウロウの蓋つき容器に移して、冷まします。

3 野菜・・キュウリ、セロリ、人参、カリフラワー、ローリエ、大根など。(全部なくてもいいです。)これを乱切りします。セロリは、筋を取ってからです。カリフラワーは子房に分けます。

4 水をはった鍋に塩を小さじ1杯ほど入れ 3の野菜を入れ、1分~2分煮ます。その後野菜をざるに移しお湯を切ります。

5 4の野菜を、2のピクルス液の入ったホウロウの蓋つき容器に入れて、1の香料を入れます。そして冷めてから冷蔵庫に入れます。

こうしておきますと、日持ちしますので便利です。

Img_4566

Img_4567

今日のトッピック

ユリ科のギボシが咲いています。地味な花ですが暑さにもめげず咲いている姿には、愛着を覚えます。色違いのギボシが別のところに咲いていますがまたの機会に。

Img_4565

Img_4564 

ぶり返す残暑にやけの昼寝かな(ぐうたら亭主)Cocolog_oekaki_2010_08_17_17_27

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« 晩夏の渚、はぐれカラス | トップページ | 熱い涙の粒が大輪を咲かす! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩夏の渚、はぐれカラス | トップページ | 熱い涙の粒が大輪を咲かす! »