« 熱い涙の粒が大輪を咲かす! | トップページ | とんだ我が家の事件 »

おばさんは愛嬌

2010年8月19日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_08_19_15_15

 8月も下旬に入ろうとしています。今年の残暑本当に厳しいです。sweat01

 この暑さに、人間は参ってしまいますがめらめらと炎のように百日紅(ヒャクジッコウ)は咲いています。up

 太陽の光と熱を歓喜するようにです。

 百日紅と書いてさるすべりを表します。幹がつるつるしていますのでサルも滑るイメージで名付けられたのだと思われます。confident

 中国南部が原産で、日本に渡って来たのですが、今では庭木としてどこでも見かけます。夏から三カ月ほど花が次から次に咲きますので百日紅といわれたようです。

 この花、うちのぐうたら亭主殿が好きlovelyだそうで、特に下の写真の百日紅、花と葉の色のコラボレーションが最高だなんて言っています。それにこの木枝ぶりが凄いです。

 私は乗り気ではなかったのですが、引っ張られてきまして、この木についてひとくさり・・・・最初あまり興味がなかったのですが・・・・なかなかのものという気がしてきました。

 枝の先などは、細く繊細で折れてしまいそうですがそれが折れないそうです。強い風には、鞭のようにあるいは柳のようにたおやかに対応します。

 木の名前、さるすべり、猿が滑るのではさるの名誉が損なわれます。実際には、サルは滑らないそうです。ただ、サルとこの木の関係が、立証されたかどうかは知りませんが。smile

 百日紅の花言葉は愛嬌だそうです。(*^-^)ぐうたら亭主、愛嬌のない私に、女は愛嬌が一番なんて使い古した言葉を発しますが、これって今の世の中では、問題がありそうです。think

 女性を愛玩の対象にしているような気がして、男女共生社会では、ことによるとご法度かもしれません。sign02

 ところで、女は愛嬌のおんなって、いくつぐらいまでを言っているのでしょうか?私の場合、男か女かで分けると女に分類されるのは間違いありません。(*^-^)

 だけど、私は、おばさんです。おばさんは愛嬌なんていうの絶対変です。そうすると私は女ではないことに・・・・・。ややこしくなってきました。(◎´∀`)ノ

 いずれにしても、昔の男共が作ったと思われます「女は愛嬌」なんてフレーズ、今の世では通用しません。当然です。プンプン!

写真 この木の枝ぶりと花の着き方、花の色が素晴らしいとぐうたら亭主絶賛です。

ぐうたら亭主が言うことですから、そのあたりは、50%offくらいに考えて良いと思います。

Img_4682

Img_4684

Img_4685

Img_4688

Img_4690

Img_4691

今日のトピックス

朝顔が、庭のあちらこちらで咲いています。やはり夏の花という感じです。太陽が出ますとすぼんでしまいます。日本人の夏の花といえば、朝顔かな?なんて思います。

Img_4671

Img_4674

Img_4672

Img_4673

蚊の奴め挟んではたいで消してやる(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_08_19_14_30

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« 熱い涙の粒が大輪を咲かす! | トップページ | とんだ我が家の事件 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

百日紅、 我が家にも咲いてます! バージニアではとてもポピュラーで殆どのお庭で満開!でもこんなに立派な枝ぶりじゃないです。 絵になりますね~。 ご主人さまの仰るとおりです♪

此方ではクレープ・マートゥルって呼んでますが 何本もあるお宅があって其処ではクリスマスになると木々にライトを巻きつけてとっても綺麗なんですよ ♪

女は愛嬌?  そうだ! 女は愛嬌の要求されてたんでしたね、 家事に育児に・・その上に、 ネ。 なぁんてこんな言い方したらご主人さまに嫌われてしまいますね (汗アセ)。

投稿: Azky | 2010年8月20日 (金) 11時24分

Azkyさんへ
今日は、Azkyさん。noteお元気で嬉しく思っています。smile百日紅バージニアのお宅にあるんですか。ビックリしました。東洋の木というイメージでおりましたので・・・。
よ~く考えますとアメリカは、何でもある国ですよね。やはり、世界の中心ですから。
闊達なAzkyさん!まだ残暑は厳しいと思います。ご自愛ください。

投稿: マジョリン | 2010年8月20日 (金) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱い涙の粒が大輪を咲かす! | トップページ | とんだ我が家の事件 »