« NY定期便♪ 「ジョーズ・シャンハイの小籠包」 | トップページ | 東洋一の柿田川湧水群 »

考える人は、やっぱり考えていました!!

2010年8月2日(月)曇りcloud

Cocolog_oekaki_2010_08_01_22_37

先日行きました 静岡県立美術館は、1986年4月に開館しました。shine

 コレクションは、17世紀以降の東西の風景画や富士山を描いた有名作家の作品群で、毎年予算を計上、作品を増やし収蔵作品も充実してきています。up

 建物は、自然石を使った重厚な建て物で、中は開放感がありモダンです。

 この美術館より先に、山梨美術館がオープン。ミレーの傑作、種をまく人を購入して全国的に話題になりました。confident

 この種をまく人、オープン早々見にeyeいきました。素晴らしい絵でした。

 山梨県立美術館は、この絵を看板に、全国自治体のトップランナーrunとなり、成功しましたが、その後、各県が競って後に続きました。静岡県も例外ではありませんでした。

 富士山fujiを挟んで甲斐の武田と駿河の今川ですから、駿河としては簡単に負けるわけにはいきません。smileその意気込みが感じられる美術館です。

 さて、静岡県立美術館、開設後の1994年3月に併設してロダン館がオープンしました。ロダン館、リーフレットには、「ガラス屋根から降り注ぐ明るい光の中に、奇跡とも呼べるような光景が広がります。世界でも屈指のロダン・コレクション32点がこのロダン館でご覧になれます。」とあります。ここに書いてあること、本当だと思います。smile

 ロダンとは、改めて申し上げるまでもありませんが、フランスが生んだ19世紀を代表する彫刻家オーギュスト・ロダン。(1840年~19217年)です。shineflair

 西洋美術館にあります地獄門、考える人、カレーの市民など、ここにもありまして、世界屈指のロダン館というのが一般的な評価です。私も何回か訪れ、そのように確信しています。一見の価値のあるコレクションです。heart04 詳細は、こちらでhttp://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/rodin//about_rodin/a_rodin/r03.php

写真 ロダン館のアトリューム。開放感一杯、明るいです。 

Img_3402

このように、彫像が置かれています。

Img_3403

広い空間ですからゆっくり見ることができます。

Img_3401

ロダン館の目玉の地獄門です。世界に7つ。そのうちの一つです。上野の西洋美術館の前庭に置かれているのはあまりにも有名です。Img_3431

この門の上のところにに考える人が考えておられます。

Img_3424

Img_3426

パオロとフランチェスカ 上の写真の中にありますです。

Img_3442

Img_3428

Img_3429

考える人 あまりにも有名です。考える人は。ダンテが苦悩する様を表現したとされています。日本には、ここのほか、西洋美術館、京都国立博物館にあります。ゆっくりと近くで見ましたが、考える人って、やっぱり考えていました。国立西洋美術館の時もそう思いましたが・・・・・。

Img_3445

Img_3446

カレーの市民 イングランドとフランスの戦い・・クレシ―の戦いでフランスが敗れ、カレーは占領されました。市民を助けるため6人の市民が犠牲になる覚悟をしたことによって市民はすくわれたといいます。その故事を作品化。6人の市民の像です。

Img_3410

上の像の一人一人を以下に・・・アップ。

Img_3404

Img_3405

Img_3406

Img_3407

ピエール・ド・ビィッサン  カレーの市民から。

Img_3408

ユスターシュ・ド・サン=ピエール カラーの市民から

Img_3412

このほかその時代の作者の作品が展示されています。

Img_3441

その中のダル・エメ=ジュールの乳を与えるパリの女

Img_3439

今日のトピックス

 るりまつりが咲きました。と、いっても大分前からですが。薄い空色で涼しげで、この時期の花として、良い感じです。

Img_3971

Img_3970 

打ち水や扇ぐ団扇の止まりけり(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_08_02_12_05

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。マジョリン think

|

« NY定期便♪ 「ジョーズ・シャンハイの小籠包」 | トップページ | 東洋一の柿田川湧水群 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

マジョリンさん、こんばんはmoon2
静岡県立美術館、ロダンがこんなにたくさん
あるんですねsweat01
これは、行かねば、と思いました。
マジョリンさんのブログを拝見していると
どんどん
「いきたい所リスト」が埋まっていきますheart04

ところで、お野菜、すごい豊作ではないですかdashup
こんなにたくさん、できるのですね。
自給自足ができそうです。happy01

あと、刺繍の写真ですが、
糸がたくさん写っていた写真は
糸の色見本ですか?
奇麗ですねshine
色見本とかたくさんの絵の具、色鉛筆,、等
見ているだけで楽しく幸せな気持ちになります。

投稿: momomo | 2010年8月 3日 (火) 01時49分

おはようございます♪
勉強になりました。
しょっちゅう通っている西洋美術館のロダンの作品。ぼ~っとみていましたが、今度はちょっとはまじめに、そうでしたか・・・と、みてきます。
カレーの市民はカレーライスのカレーではないことは承知していましたが、連想先はとりあえずいつもカレーライス・・・sweat01 でもこれからの私は違います。マジョリンさんのおかげで進化しました。

投稿: 華 | 2010年8月 3日 (火) 07時15分

momomoさんへ
今日は~。暑いですね。sweat01猛暑、なすすべもありません。ロダン館は良いと思います。goodただし、作品が常設ですから一度ということで。企画展と一緒に見ることができますので、何回か見てしまいますけど。(笑い)smile
野菜は、いい加減にやっていましても勝手にできてしまいます。ただ、あの日がピークですね。
刺繍の糸は、色見本でなく本物です。あの糸を使って刺繍しています。種類がたくさんありますので驚かれたと思います。絵具のように色を作れませんので・・・・。lovely

投稿: マジョリン | 2010年8月 3日 (火) 16時26分

華さんへ
華さん今日は~。猛暑ですね。sweat01カレーの市民のとこ書くとき、カレーライスと絡めて書こうと思ったのですが、今回ぐらいは真面目にと思いました。smile
発想が華さんと同じで思わずニヤリとしてしまいました。
なんといってもカレーですから、私たちのとってはカレーライスしか浮かびませんね。(笑い)o(*^▽^*)o

投稿: マジョリン | 2010年8月 3日 (火) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NY定期便♪ 「ジョーズ・シャンハイの小籠包」 | トップページ | 東洋一の柿田川湧水群 »