« ジェシカおばさんの推理 | トップページ | 好きこそ物の上手なり! »

たまには、名画をみたりして ⑤ 

2010年10月10日(日)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_10_10_18_23

 2010年10月10日・・・10が三つも並びました。1010年であれば、完ぺきでした。note

 10を四つならべるには千年も遡らなければなければなりません。西暦1010年、凄い昔ですが、1010年10月10日。10が4つ並びました。smile

 そんなこと考えているうちに千年前は、何時代だったのか調べたくなりまして早速調査開始。調べましたところ平安時代でした。

 平安時代の詳細はこちら→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%89%E6%99%82%E4%BB%A

 千年前に何があったかが興味深かったのですが、あっと、驚きました。w(゚o゚)w

 あのモテ、モテ男の石田純一さん、あ、違います。あの光源氏さまheart02の物語の誕生です。そうです。紫式部の「源氏物語」が完成されているのです。思い起こしますと、2008年に源氏物語千年紀というイベントが行われたこと思いだしました。think

 紫式部の書いた源氏物語、千年の時空を超えて未だその物語の人気は衰えません。このままでいきますと、これから先2千年も3千年先までも語り継がれるのだろうと思います。shine

 さて、今日は、こちらも、末永く残るであろうと思われます名画。shine1985年10月、シカゴ美術館 印象派展が西武美術館で行われたのです。

 アメリカ三大美術館の一つといわれておりますシカゴ美術館からいくつかの名画が日本にやってきました。

 その名画の数々をぐうたら亭主をお供にし、勿論、きび団子はありませんから、あげませんでしたが、本人が観たい、連れて行って下さいと言いますので許可しました。

 なにか、私って、すご~く高圧的に見えますが、そうでは・・・・・・あります。sign01

 今日は、その時の名画をアップ!たまには名画を見たりeyeして!です。

 開催にあたっての主催者のあいさつ文の中から・・・・・・「この、展覧会、印象派の形成から成熟。発展という美術史的な流れを通観できるよう構成。

 印象派の先駆となったバルビゾン派のコロー、ミレーから、印象派の頂点に立つマネ、モネ、ルノアールそして独自の絵画世界を築いたゴッホ、ゴーギャン、セザンヌなど印象派を華麗に彩った巨匠30人の名作を展示します。」・・・・と書かれてありました。会場で見たときいい絵がたくさんあってときめいたheart04のを覚えています。

写真、

  コロー <傷ついたエウリディケー> 1868-70年ころ コローの作品銀ネズの色と

      枝先までの木々の描き方、繊細ですね。  Img_0002 

  ミレー <家に連れて帰られる生まれたての仔牛>  1864年ごろ やっぱりミレー

  の作品は農夫ですね。

Img_0001_2

 

 ルノアール <テラスにて> 1881年 この作品と、一番最後のゴーギャンの作品はシ

 カゴ美術館の入館者に最も人気の高い作品だそうです。

Img_0007 

 モネ <ベンヌク―ルのセーヌ河岸にて>  1868年 モネの絵のボート遊びの

 絵、何枚か見たことを記憶しています。

Img_0005

 ドガ  <出を待つ踊り子たち> 1872-76年ころ 例によって踊り子ですが、踊り子

    の踊り着等のシャーベット色、透明感が凄く綺麗だと思いました。

Img_0004_2 

 ゴーギャン<大樹> 1891年

Img

 ゴーギャン <なぜおまえは怒るのか>   1896年 この絵シカゴ美術館の目玉だそ

 うです。

Img_0006_2

今日のトピックス

サルビヤが咲いていますが、この花ずっと前から咲いています。一杯植えこめば秋の青い空に合ってとても綺麗ですが、家では、まばらです。それでもこの赤色は、個性があります。

Img_6011

Img_6012

Img_6013

栗を焼く里の匂いの日暮れかな(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_10_10_18_31

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリンsmile 

|

« ジェシカおばさんの推理 | トップページ | 好きこそ物の上手なり! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
コローの風景画 大好きです。
と言っても、コローさんはちょっと前に知ったばかりです。confident

投稿: 華 | 2010年10月11日 (月) 07時58分

華さんへ
おはようございます。note
華さん、コローの絵お好きですか。私も好きです。日本では、葉の色緑か紅葉の色ですがコローの色は、違いますね。
華さんの絵のお勉強、楽しそうでいいですね。notes

投稿: マジョリン | 2010年10月11日 (月) 11時05分

芸術の秋!
印象派が一番好みの私にとっては見学したい展覧会です~☆
当地は小さな地方都市ですけど美術館だけは良いものがあって マジョリンさんを一度ご案内したいくらいです~ヽ(´▽`)/
印象派の作品がずらり、 なんですよ ♪
一度 ドガの踊り子の記事を書いてるのでURLを貼り付けておきました。 よかったら覗いてみてください~♪

高圧的なマジョリンさん?
いえいえ お優しさが満ち溢れてますよ、 ブログに!
でも・・・なにか身に覚えがあるのでクスクス笑ってしまいました(*´σー`) 

投稿: Azky | 2010年10月11日 (月) 22時14分

Azkyさんへ
美人の Azkyさん、今日は~。note亭主にお顔紹介しようと思ったら、伊賀流忍法で霧隠才蔵ドロンと消えていました。(笑い)(*^-^)
絵画、 Azkyさんもやはり印象派ですか。そうですよね。早速バージニア州の美術館拝見させていただきました。立派な美術館ですね。shineありがとうございました。何か不思議な感じがしていますのは、この前の日曜日、NHKの日曜美術館という番組がありまして、ドガをやっていました。同じブロンズ像が出てきました。そして、 Azkyさんがアップで撮られた写真と同じアングルの少女の顔も同じでしたから・・・2度ビックリでした。今ドガ展横浜美術館でやっています。

投稿: マジョリン | 2010年10月12日 (火) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェシカおばさんの推理 | トップページ | 好きこそ物の上手なり! »