« たまには名画を見たりして⑦ | トップページ | 鎌倉彫菊花文の茶卓 »

ちょっと寂しい我が家の庭事情

2010年10月 27日(晴れ)sun

Cocolog_oekaki_2010_10_21_17_11

 今年は、夏が酷暑。sweat019月にはいっても暑さは続きました。

 今はちょうど良い気候で毎日が快適です。これが、ずーっと続いてくれたらいいなぁ~なんて無理な、お願いしてみてもきいてくれる人はいません。(笑い)(*^-^)

 四季を変えることなど人の力あるいは人知の及ぶところではありませんので・・・。

by the way

 猛暑が続いたことで、夏場に蚊の発生が抑えられて、その反動で今大量に発生しています。w(゚o゚)w

 少し庭を、手入れしょうと思って外に出ますと、蚊が襲ってきます。藪蚊ですから、刺されますと痒さも強烈です。impact

 亭主と私、比べてどちらが蚊に人気があるかといいますと、口惜しいことに、圧倒的に亭主の方が人気があります。heart04(笑い)亭主人気者!です。蚊にです。大もて・・・・heart02(笑い)

 亭主、表に出ますときゃ~きゃ~わ~~ゎ~まるでスターみたいです。蚊ですから、ブ~ンブ~ンですが。smile

 蚊が私たち二人を比べて、男女の区別などつきっこないし、どちらが顔が良いかなんてわかりっこないし、理由はわかりませんが亭主が人気あるのは事実です。

 亭主の方が、血が新鮮なのかしら?私の血は、濁っていてまずい?コレステロールが高い分栄養あるのに・・・・・ああ口惜しい!亭主にだけは負けたくない!(笑い)(◎´∀`)ノ

 こんなことで口惜しがって・・・・年齢重ねてきますと、蚊でも良いから相手にしてもらいたい・・・なんて・・・。これ冗談です。ヽ(´▽`)/

 さて庭づくりですが、この夏、暑かったのでバラの手入れをしなかったため、秋咲きの花が肥料不足と虫に食われたりで、色も形も悪く、失敗でした。weep

 仕方がないので、この秋のバラは、あきらめることにして、春には良い花が咲くようにしなければなりません。やはりバラのない庭は、華やかさに欠けて、寂しく感じます。confident

 以上が、この秋の我が家の庭事情です

 私の理想は、一年中花を絶やさず庭の何処かで何かが咲いていて、それを家の中から眺められる・・・・こんな庭づくりができたら良いなぁ~と思っています。think

 究極の、理想はスモール、イングリッシュガーデンですが、ハードルが高すぎますので夢としています。夢の中でも良いですから、実現すれば幸せってことです。(*゚▽゚)ノ

写真 英国ナショナル・トラスト紀行です。小野まりさん著

 大分前に購入しましたが、読みやすく楽しい本です。目次を開きますと、1聖地・湖水地方を訪ねて、2カントリー・ハウス、3イングリッシュ・ガーデン、4有名人の邸宅、5映画の舞台、6ナショナル・トラストを楽しむとなっています。小野まりさんは、この本、発行当時は家族とイングランドのコッツウォルズに在住と書かれていました。うらやましい~apple

Img_5919 

Img_6577

一日花の酔芙蓉です。まだ、咲いています。

Img_6334_2

この花は、八重のインパチエンスです。鉢植えですが広がってきれいです。

Img_6336_2

バラが、まばらに咲いています。もっと一杯咲くはずでしたが・・・残念です。

Img_6292

ジンジャーこれも一日花です。まだ咲いています。

Img_6363_2

バラの種です。この間、イギリスでは、バラの花の種も楽しむといっていましたのでアップしました。

Img_6248

Img_6246

バラ、クリスチャンディオール 手が届かない高さです。これ、ブランドの服のことではありません。

Img_6250

シュウメイ菊、これはきれいに咲いています。

Img_6500

サルビヤです。この奥は、藪蚊のすみです。亭主がいくのをを待っています。(笑い)

Img_6501

ガス灯やずっと続いて我が家まで (ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_10_21_20_18

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリンsmile

|

« たまには名画を見たりして⑦ | トップページ | 鎌倉彫菊花文の茶卓 »

庭いじり・花」カテゴリの記事

コメント

PC離れをしてる間にコメント頂きましてとっても嬉しかったです! なのにお返事が遅くなり申し訳ありませんでした~。

マジョリンさんのお庭、 まさにイングリッシュ・ガーデンですよ~☆  薔薇 (プラス沢山のお花) の種類といい 美しさといい 溜息まじりでいつも拝見してます!
お手入れが大変だと思うんですけど 蚊に刺されないというのはガードナーには有難い体質ですよネ! 私は刺され易く 実家では外でご近所さんと立ち話が出来ないくらい! 側にいる夫には全然寄って行かないんですよね、 不思議なことに。  「偏見だぁ!」 って痒み止めをつけながら怒ってました、 私 (笑)。

投稿: Azky | 2010年10月28日 (木) 01時41分

我が家の蚊どもは見境がなく、誰でも近寄ってくれます。まだまだ元気いっぱいです。それでも明日の予測は12度なので、これでお別れでしょうか。
コッツウォルズ、行きました、行きました! 夢のような世界でした。確か、はちみつ色の石を積んだ、おとぎばなしの家た並んでいました。

投稿: Bunbunbun | 2010年10月28日 (木) 03時14分

おはようございます♪
私も蚊には人気者です。因みにブヨに大人気です。ぼっこぼっこ腫れます。 coldsweats01

コッツウォルズ 美しかったです。今度イギリスに行く事があったらロンドンはスルーして、湖水地帯に行きたいです。 happy01

投稿: 華 | 2010年10月28日 (木) 07時53分

Azkyさんへ
Azkyさん、嬉しいコメントいただきありがとうございました。happy01私の庭いじりは、ごちゃごちゃです。(笑い)空いていれば、植える、って具合ですから統一性、コンセプトがないんです。性格そのもの、大雑把です。(笑い)smile
蚊のお話、私は、ご主人と同様蚊に強いんです。亭主、 Azkyさん同様蚊には大変弱いんです。
夫婦は、色々な面で正反対のことってありますよね。良い面も悪い面もありますが・・・。ま、フォローしたりされたりでしょうか。lovely

投稿: マジョリン | 2010年10月28日 (木) 10時55分

Bunbunbunさんへ
蚊のお話、 Bunbunbunさんが、書いてましたので、私も悩まされていましたので、記事にしました。coldsweats01今年は、特に大量発生。
コッツウォルズいかれましたか。今日コメントいただいている華さんも行かれていますし、私も行きました。はちみつ色の石おっしゃる通り素適で、村全体が、おとぎ話の世界でしたね。happy01

投稿: マジョリン | 2010年10月28日 (木) 11時07分

華さんへsmile
おはようございます~smile
華さんも、蚊の世界では評判の大スタ~(笑い)ですね。(*^-^)ぶよは、ことによって夏の信州ですね。足が膨れますと確実に、体重膨れた分だけ増えて・・・いませんね。(笑い)
華さんも、コッツウォルズ行かれましたよね。今度は、湖水地方ですか。
羨ましいです。私も行きたいですが、多分本の中でいくことになりそうです。note

投稿: マジョリン | 2010年10月28日 (木) 11時22分

御庭の手入れに余念がないマジョリンさんですが
それなりに素敵な御庭です。手入れが行き届いておりそれだけ愛情を注いでいる証です。

蚊さんはお酒やビールを好む人が好きらしいですよ。そんな事を聞いた事があります。
あまり好かれても困りますね。

投稿: あざみ | 2010年10月28日 (木) 14時33分

我家では、逆で、蚊に人気があるのは、私です。
同じように、外に出ても夫はほとんど咬まれません。

庭の手入れ、菜園、お稽古、旅行、美術館……。
マジョリンさんのパワフルな行動力に感心しながら、
少しは見習わねばと、ネジを巻くのですが…なかなかです。

投稿: だいこんママ | 2010年10月28日 (木) 18時31分

あざみさんへ
今晩は~smile
庭は、今大分荒れています。私の力では、思うようにいかないところがありますので。
それでも、お花だけは咲かそうと努力しています。
蚊のお話ですが、お酒のこと聞いたことあります。蚊も、お酒好きかしら(笑い)これ、冗談ですが・・・( ^ω^ )

投稿: マジョリン | 2010年10月28日 (木) 21時44分

だいこんママさんへ
今晩は~happy01
ママさんも、蚊にとってはスターですね。heart04
ありがたくないスターですが(笑い)
ご主人は、人気がない・・・面白いですね。うちとは逆です。
蚊にも好みがあるのかもしれませんね。
私の毎日ですが、私いい加減ですから・・・何処かで手を抜いていまして、特にお掃除など・・・後、部屋の片付けとか・・・こういうのはどうも苦手です。そしてゴロっとするのは得意です。(笑い)ヽ(´▽`)/

投稿: マジョリン | 2010年10月28日 (木) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまには名画を見たりして⑦ | トップページ | 鎌倉彫菊花文の茶卓 »