« バッタの目で世の中見たら? | トップページ | たまには名画を見たりして ④ »

イギリスのオープンガーデンの仕組み

2010年10月3日(日)晴れ

Cocolog_oekaki_2010_10_02_21_41

 今日は秋晴れ。「かわらか」。この言葉さわやかってことで、爽快で気持ち良い秋の気候をいいます。今日はまさに、かわらか・・・・でした。empty

 かわらかを漢字で書きますと、「清爽」と書きます。こんな日ですから庭に出て土いじりです。まだ、雑草が幅を利かせていますのでそれを取りますと・・・額にうっすら汗がにじみます。sweat01

 私の好きな庭は、イングリッシュ・ガーデンです。もちろん憧れているだけですが・・・。lovely

 イングリッシュガーデンを知るには、本で知るしかありませんから本て勉強です。何冊かの本の中に倉橋沙恵里著のイングリッシュ・ガーデン・ガイドがあります。book

 この本、1997年に発行されました。発行されてすぐにgetしたのですが、その本の初めに、倉橋さんがこう書いています。pen

 前段の部分に、イギリスのイエローブックのこととこの本の発行の趣旨が書かれていますので・・・・。その部分を忠実に再現しますと・・・→

 「この本は、イギリスのプライベート・ガーデンの公開日を掲載して、毎年のベスト・セラーになっている[GARDENS OF ENGLAND &WALES Open for Charity」(通称)「イエロー・ブック」の内容を、日本で初めて紹介したものです。

 普段外からは全く見ることのできない個人の庭園を、年に1~2日一般に公開し、たくさんの人に楽しんでいただく。同時に自分もいっしょに楽しみ、そして入場料はチャリティーとして寄付をする。

 こんなイギリス独特のオープンガーデンの仕組み。場所や日程、内容が詳しく出ているこの本の日本語版が欲しい、多くの方々のそんな願いに答えたものである。」と書いています。 

 この本の内容ですが、勿論、イエローブックの日本版に相当するものですが、ロンドンの庭園すべてと、郊外の庭園の中から日本の旅行者が足をのばしやすい場所にある、公開日が比較的多い、英国らしい庭園で景観が美しいという条件に合った庭園250をセレクトして写真入りで紹介しています。confident

 無論、場所や行き方など情報が満載です。happy01

 また、写真が、とても綺麗で、ますますイングリッシュ・ガーデンへのあこがれが強くなってしまった本でもあります。heart04それから、オープンガーデンの仕組み、この仕組み、関係する人はみんなハッピーになりますから・・・さすがイギリスの方の考えることは、合理的だなぁと感心させられました。

 倉橋さんの本が、発行されたのは平成9年ですから、一昔前になりますが、今、何故?ってことになるのですがたまたま、先週の土曜日、9月25日、NHKのワンダー×ワンダーで「イギリス庭物語」が放送されました。eareye

 イエローブックの情報の中から選んだイングリッシュ・ガーデンの魅力や庭にかけるイギリスの方々の思い、美しい庭の草花、庭園の景観など大変楽しく拝見いたしました。happy01

 この番組を見た後に、倉橋沙恵里著のイングリッシュ・ガーデン・ガイドを思い出し、もう一度読み直したということです。なお、インターネットを覗きますと1998年版が今でも、販売されているように見受けられましたsign02

写真 イングリッシュ・ガーデン・ガイド

Img_5921

Img_5922

今日のトピックス

紫式部が実をつけました。紫色した可愛い実です。紫式部の名は、実が紫色をしているからなのでしょうか?その辺はわかりません。

Img_5904

Img_5905

空気裂き馬の一鳴き今朝の秋(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_10_02_00_29

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリンsmile 

|

« バッタの目で世の中見たら? | トップページ | たまには名画を見たりして ④ »

庭いじり・花」カテゴリの記事

コメント

今年の夏の残渣の雑草ガーデンを見ていると、ことさらイングリッシュ・ガーデンにあこがれてしまいます。
イギリスには蚊はいないのでしょうね。
ロンドンの近くのキュー・ガーデンを、のんびりと散策したことを思い出します。

投稿: Bunbunbun | 2010年10月 3日 (日) 06時44分

Bunbunbunさんへ
おはようございます。note我が家も庭に出ますと蚊がいて、待っていたとばかりに襲ってきます。イギリスにも蚊は入ると思いますが、どうでしょうか?
私も、イギリスの庭を見たくてツアーに参加しましたがやっぱり凄かったですね。shine

投稿: マジョリン | 2010年10月 3日 (日) 10時59分

イングリッシュガーデン、素敵ですよね。
写真やテレビで見ると、蚊などいないようにさわやかに見えますが…、
蚊を嫌がるより、虫アレルギー対策ですね。
蚊がいない方が不自然だということですものね。(すみません、蚊のことばかりで…)

紫式部。って名前の花があるんですね。ステキですね。


投稿: だいこんママ | 2010年10月 3日 (日) 11時40分

だいこんママさんへ
今晩は~
smileママさんのところも蚊はいますか?
多分いるんでしょうね。
虫アレルギーですか。なんか怖そうですね。ママさんのところとイギリスと緯度が同じくらいではないでしょうか。すると自然条件にているかもしれませんね。coldsweats01

投稿: マジョリン | 2010年10月 3日 (日) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バッタの目で世の中見たら? | トップページ | たまには名画を見たりして ④ »