« 転ばぬ先の杖 | トップページ | 尽くす女房に賛辞の嵐? »

家族の愛の力

2010年10月15日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_10_15_21_43

 昨日、チリの鉱山落盤事故、全員が無事救出されました。scissors

 大変過酷な状況から生還されたことは本当によかったです。心からお祝い申し上げます。shine

 人命は何よりも、大切にされなければなりません。今や、情報は、瞬く間に世界中に発信されます。そして事件発生から救出までの全ての経緯を世界の隅々の人は、知ることになります。eareye

 救出されるまでの間、世界中の人たちが、心配し祈るような気持ちで見守っていました。無事救出されたことは、その祈りが通じたということだと思います。

 閉ざされた地下での生活の恐怖と苦悩、救出までの救出側と家族の苦悩、時間との戦い、壮絶だったと思います。despairwobbly

 これから、様々な問題やエピソードが山のように伝えられることと思います。リーダーの   ルイス・ウイアナさん、54歳、この方が、閉ざされた中での生活プランなどルールを作って救出されるまでの間、みんなでそれを、守られたとの話を聞きました。

 そして、全員が救出されるのを待って、一番最後に救出されました。

 危機に陥った時の、有能なリーダーの存在は誠に大きいなぁ~と思いました。confidentまさに英雄です。

 加えて、地上にいて励まし続けた家族の存在、これも大きな存在だったと思います。

 家族・・・改めて家族の愛heart02の力、これに勝るものはないと強く感じました。

 翻って日本の家族。どうでしょうか。

 失礼ですが、日本とチリでは、豊かさに格段の差があると思います。しかし、家族のつながり、愛heart04の絆は断然チリの方が強いと思いました。

 豊かさより、もっともっと大切なものを今回の事故から教わりました。愛!家族の愛heart04です。

 今、日本の国で、行方不明の100歳以上の人がが多数にのぼると報道されました。100歳を超えて行方不明なんて、それこそありえないおかしな話だと思います。

 家族の愛、そんな話、今の日本では語られることなどない国になってしまったように思われます。

 私たちは、今回のチリの事故救出に、学ぶべきところが大変多かったのではないかと思われてなりません。

Cocolog_oekaki_2010_10_15_21_51

今日のトピックス

酔芙蓉が、まだ咲いています。今が盛りといっても良いと思います。この花一日でつぼんで赤く固まってしまいます。

Img_6193

Img_6098

こちらは、芙蓉です。一重の花ですが、上の酔芙蓉と一度アップしましたが、今さkんに咲いていますので2度目のアップです。

Img_6093

Img_6095

音一つ聞こえぬ野良の秋のナス(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_10_14_22_59

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリンsmile

|

« 転ばぬ先の杖 | トップページ | 尽くす女房に賛辞の嵐? »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に感動しましたよね。
掘削機械等のハード面もそうですが、人と人のつながりがこんなにも強いと、
大きな力になるんですよね。
逆にいうと、このつながりを見失ったら、非人間的なことを、
平気でしてしまうのも人間なんですね。

カプセルから出たところのイラスト好きですよ。


投稿: だいこんママ | 2010年10月16日 (土) 11時02分

だいこんママさんへ
今日は~note
人と人のつながりが、希薄になっていること実感します。自分だけ良ければそれで良いという考え方が日本中まん延していると思っています。一人だけでは生きられない、これが人間だと思うのですが・・・think
それから、絵のことママさんに褒めていただき本当に嬉しいです。ありがとうございました。
happy01

投稿: マジョリン | 2010年10月16日 (土) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 転ばぬ先の杖 | トップページ | 尽くす女房に賛辞の嵐? »