« NY定期便♪ 「ディズニーワールド『アニマル・キングダム・ロッジ』ホテル」 | トップページ | また、お会いする機会まで。 »

たまには、名画を観たりして⑧

2010年11月14日(日)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_11_11_22_58

 今年の秋は、どうやら 、美術展はいけそうもありません。despair

 東京へは何回か行ったのですが時間が取れなくてあきらめました。sad今、新国立美術館では、ゴッホ展をやっていますが、一度は美術館までいったのですが、その日が、休館日というなんともお粗末な私でした。

 そんなこんなで、あきらめましたがゴッホの絵は、以前ゴッホ展がすでに開催されていて、もちろん絵画の内容は違うと思うのですが、それに、日本ではゴッホの絵は人気がありますので様々な展覧会で来ておりますので、あきらめも早かったです。smile

 今日は、「たまには名画を見たりして」の⑧回目ですが、2006年3月に東京都美術館で開催された「プラド美術館展」を振り返ります。サブタイトルは、「スペインの誇り巨匠たちの殿堂shine」です。

 それでは、主催者のあいさつ抜粋です。

「世界屈指の絵画の殿堂、国立プラド美術館は、スペインはもちろんのこと、16,17世紀を中心とするイタリア、フランドル絵画の宝庫としても知られ、幅広く重要な作品を所蔵しています。

 絵画史上に燦然と輝く巨匠たちの傑作が・・・略・・・・・本展は、プラド美術館の粋を伝えるべくルネサンスの巨匠ティツィアーノから近代絵画先駆けとなったゴヤまで52作家の油彩画81点を一堂にご紹介するものです。略」とありました。

 この絵画展、プラドと聞いただけでワクワクしながらまいりましたが、やはり素晴らしい内容のものでした。

写真 <王女イサベル・クララ・エウヘニアとカタリナ・ミカエラ> サンチェス・コエーリョ・アロンソ   1575年ころ 

 二人ともスペイン王フェリペ2世の子、左が姉9歳、右が妹8歳 姉のイサベルは、やがてネーデルランドんの統治にあたったオーストリア大公アルプレヒトと結婚。下のブリューゲルの絵、「大公夫妻の主催する結婚披露宴」は、この夫妻が主人公の作品

Img_0002

<十字架を抱くキリスト エル・グレコ>1597-1607年ころ エル・グレコギリシャ人ですがスペインに住む。エル・グレコの「受胎告知」倉敷美術館にありましたね。

Img_0014

<ハンガリー王妃マリア・デ・アウストリア>  ベラスケス 1628-1630年ころ フェリペ3世の娘、従弟のハンガリア王(のちの神聖ローマ帝国皇帝)フェルナンデスと結婚。

Img_0001_2

<皇妃マルガリータ・デ・アウストリア>  マルティネス・デル・マーソ  1665-1666年ころ  フェリぺ4世とマリアナ・デ・アウストラリアの娘として生まれ、神聖ローマ帝国皇帝レオポルド1世と結婚22歳前に亡くなります。母親のマリアナ・デ・アウストラリアは、上の写真のマリア・デ・アウストリアの子。ということは、上の絵の方とは祖母と孫の関係、う~んややこしい・・・・・。大きな赤い幕は王族の象徴だそうです。

Img_0004

<エル・エスコリアルの無原罪の御宿> ムリーリョ 聖母マリアが三日月に乗っています。母アンナが懐妊の瞬間から聖母マリアが原罪をまぬがれていたとするマリア信仰を・・・

Img_0006

<アモールと音楽にくつろぐヴィーナス(ビィーナスとオルガン奏者)>  ティツィアーノ

 1555年ころこの絵は前回参考としてアップしました。

Img

<リマの聖ロサ>  コエーリョ・クラウディオ  1684年ー1685年ころ ペルーに生まれ新大陸で初めての聖人

Img_0013

大公夫妻の主催する結婚披露宴 ブリューゲル・ヤン1世) 1612年ー1613年ころ

農民の結婚式に、ハプスヴルク領ネーデルランド総督であるオーストリア大公アルプレヒトと一番上の作品の左側の王女夫妻が出席しての披露宴の様子。

Img_0008

フォルトゥーナ(運命) ルーベンス  1636年ー1638年ころ 航海者の「運命」を翻弄する海の女王、女神フォルトゥーナ

Img_0007

<ニンフとサテュロス> ルーベンス  1635年ころ この作品ルーベンスが亡くなった後遺作として競売にかかりフェリペ4世が購入しスペインに・・・。

Img_0010

<村の祭り> テニール・ダーフィット(2世) 1647年 スペイン領フランドルの村の祭り

Img_0009

<ビリャフランカ侯爵夫人マリア・トマサ・デ・パラフォクス>  ゴヤ 1804年 ゴヤの描いた最も素晴らしい女性像に数えられると云われています。

Img_0012

<アブランテス侯爵夫人>  ゴヤ 1816年 この方貴族、美声の持ち主だったそうです。

Img_0011

縁側で簾はずして茶をすすり(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_11_13_21_49

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリンsmile

|

« NY定期便♪ 「ディズニーワールド『アニマル・キングダム・ロッジ』ホテル」 | トップページ | また、お会いする機会まで。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

あれ!
マリアさまのこと、よくご存知ですね。
ひょっとして・・・。
我々夫婦は、2002年、初めてのイタリアで中世芸術に圧倒され、2003年には、カトリックの洗礼を受けてしまいました^^。

投稿: Bunbunbun | 2010年11月16日 (火) 01時57分

Bunbunbunさんへ
おはようございます。note
そうなんです。ムリーリョの聖母マリア様とてもかわいい綺麗な方でした。
この展覧会でも目だちましたから覚えていました。Bunbunbunさん洗礼お受けになられていましたですね。confident

投稿: マジョリン | 2010年11月16日 (火) 07時12分

休館日に行かれることもあるのですね。
いろんな展覧会に行けていいな〜と思っていたんですが。

最近のマイブームは、日本画で、
東山魁夷、堀文子が好きなんですが、
まだ本物を見たこともないし、図録や本も持っていなくて、
テレビの特集などで見るだけなのです。
でも、とても気に入っています。

投稿: だいこんママ | 2010年11月16日 (火) 18時15分

だいこんママさんへ
今晩は、smile何事もaboutで杜撰ですから・・・ただ今回の場合は、他の用事を終えてから行ったら休館日ということでした。(笑い)smile
東山魁、それから、堀文子さんだいこんママさんお好きですか。私も好きで特に堀さんは大好きでlovely、今、本のお話がありましたが、画文集「花」、「命といふもの」、「時の刻印」の三冊が手元にあります。どの本も素敵ですよ。堀さん文も大変素晴らしいですshine。 

投稿: マジョリン | 2010年11月16日 (火) 19時05分

またの更新、楽しみにしています。

投稿: Syu(Jii) | 2010年11月17日 (水) 06時36分

Syu(Jii)さんへ
Syu(Jii)さんありがとうございました。本当に感謝の気持ちで一杯です。confident
鎌倉彫これからもがんばってください。私も一生の宝だと思って続けていきます。更新しましたらまた、訪問して下さると嬉しいです。happy01

投稿: マジョリン | 2010年11月17日 (水) 07時47分

また、楽しませてくださいね。
お待ちしています。 happy01

投稿: 華 | 2010年11月18日 (木) 15時49分

ご無沙汰しておりました。 水曜にロスアンゼルスから帰り マジョリンさんはどうなさってるかなぁ、 と楽しみにお邪魔してみたら・・・あらら 暫くお休みとのこと!  私と入れ違いになってしまいましたね~。
復帰なさるのを首を長くしてお待ちしてますよ~~

投稿: Azky | 2010年11月20日 (土) 23時04分

華さんへ
今晩は。smileお久しぶりです。お元気にご活躍のことと思います。
ようやくなおりました。ぼちぼちやっていきますのでよろしくお願いします。heart04

投稿: マジョリン | 2010年11月29日 (月) 22時05分

Azkyさんへ
今晩は。ご無沙汰いたしました。confident
ようやくPCが退院しました。smile
ぼちぼちと楽しみながらやっていきますので、よろしくお願いいたします。heart04

投稿: マジョリン | 2010年11月29日 (月) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NY定期便♪ 「ディズニーワールド『アニマル・キングダム・ロッジ』ホテル」 | トップページ | また、お会いする機会まで。 »