« ベテラン先生、飴と鞭の使い分け。 | トップページ | しらざざ~言って聞かせやしょう。 »

確かに変ですが、変でもない話。

2010年11月5日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_11_04_22_01

 今日は、また、雲一つ見えない秋晴れでした。私の部屋の窓からはそう見えたのですが外に出ますと多少の雲が・・・・それでも秋晴れには違いがありません。

 この青い空に、すいこまれそう。そんな感じのお天気でした。午前中は、庭の手入れです。草を取ったり、伸びきった枝を落としたり。結構ハードです。それでも1時間と決めてやりましたので疲れ・・・・・・・ました。(笑い)sweat01私、最近は疲れを歳のせいにしたがる傾向が出てきましたので要注意です。smile

 午後からは、鎌倉彫のお稽古の日です。午前中の疲れを引きずらず出かけました。run

 全員がそろっての稽古ですが、今日は特別ゲストとしてOさんの小学校2年生のお孫さんがいらっしゃいました。女の子で興味があるのかおとなしく座って見ていました。

 3時間のお稽古ですから、結構辛抱がいますが最後まで集中力切らさず見ていたのには感心いたしました。子供は、可愛いですね。heart04

 稽古中のお話は、相変わらずで、あちらに飛んだりこちらに飛んだりでしたが、最後は、最後のお話でした。(笑い)

 最後に住む場所を、何処にするかというお話。縁起でもないなんて言われそうですが、鎌倉彫はもともとが仏具ですから、そのあたりは少し大目に見て頂くとしまして、うちの地方では、一般的には先祖代々のお寺か、近くの寺で確保します。

 それが嫌な人がいて、そういう方は、富士スピードウェイのある富士山麓の小山町に富士霊園という大規模な公園様式の霊園がありますが、そこを購入しています。

 霊園は、春は桜の名所で環境はとてもよく、管理もしっかりされています。若いころは、桜の季節になると霊園にいって花見会をやるのが恒例になっていました。(怖くない。)そこに、お墓があることなど桜の美しさの前にすっかり忘れて・・・・・・大騒ぎです。(笑い)

 そんなわけで、ロケーションも良くお勧めなのですが、(私、営業ではありません。)問題は、交通の便です。bus

 高齢者が一人で行くには、御殿場線の小山町駅で降りてタクシーで行くしかありません。バスが出ていますが、バスで行った場合は、終点で降りてから、坂道を上まで大分歩くと思います。下から開発されて、上に広がっていったためだと思います。

 とても歩くなんてできないわ。それに、何回もいけないしっていう意見が多く、結局お話はそこまででした。

 メンバー80歳代1人、70歳代1人、60歳代3人ですが、皆さん気がお若いのか、まだ、他人事、先のことと考えていましてこの話、結構盛り上がりました。(笑い。)きっとみんなさん100歳まで生きられる・・・・・と、思いました。

 今日のお話は、こんなお話でしたが、こんなお話で盛り上がってどうするの?なんてことですが確かに変ではありますが変でもないお話でした。

写真 この鎌倉彫の茶卓、15年前くらいに彫ったものです。文様は古瓦です。塗りは淡口乾口です。彫りは、シンプルですので、あまり苦労しませんでした。

Img_6554

Img_6555

Img_6556

今日のトピックス

バラが次々に咲きはじめました。大分形の出来てきているのもありますので、先にアップして重複するのもありますが、ご勘弁のほど・・・・。

イングリッシュ・ローズのヘリテージですが、少しとうがたっています。私と同じです。

Img_6499

プリンセスオブモナコ

Img_6502

不明

Img_6507_2 

紫雲 バラはこれくらいの時が一番形が良いのかな~なんて思います。

Img_6509

標高1000mの伊豆高原からの富士山。紅葉も進んでいてこの日秋晴れ。富士山が素晴らしく高く見えたそうです。高いところで見る富士山は、その高さが更に高く見えるそうです。

この写真と内容は、ぐうたら亭主提供です。

Img_6796

Img_6790

Img_6780

Img_6791

秋の野をさまよい歩けば修行僧(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_11_04_22_09

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ここを一日一回クリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリンsmile

|

« ベテラン先生、飴と鞭の使い分け。 | トップページ | しらざざ~言って聞かせやしょう。 »

鎌倉彫」カテゴリの記事

コメント

ほんとに、
そんなテーマで盛り上がってどうするの、
ですね^^。
この写真ではまだですが、
富士山、もう雪をかぶりましたね。
これから毎日見れます。

投稿: Bunbunbun | 2010年11月 6日 (土) 05時48分

富士山の山頂、意外と雪が少ないのですね。
 
最後の住処は、交通便利で子孫達が来やすい所が、迷惑かけないと言うものでしょう。
山奥だと「来年になって雪が解けたら、納骨してやる」なんて場所では、敬遠されますね。
 
我が家のバラのつぼみは、花が開きながらふちは霜にやられたのか?枯れて茶色。もう無理な時期なのでしょう。
 
再来年の会の展示会に、作品を2点出す様に先生からの御命令?
1点は彫り始めた作品がありますが、もう1点これから大慌てで、デザインします。
間に合えば展示できますが、どうなるのだろう?

投稿: Syu(Jii) | 2010年11月 6日 (土) 06時37分

Bunbunbunさんへ
おはようございます。note
アハハハ・・・そうなんです。困ったことですが、皆さんまだその気はないようでして(笑い)永遠の命の飛躍を持っているかのようなスタンスでした。(笑い)
富士山の山頂にわずかに雪が・・・・帽子かぶっているようです。fuji
富士山の近くに住んでいて、このような富士山見たことありません。初冠雪の場合、大抵、一日で半分くらい真っ白になりますので。

投稿: マジョリン | 2010年11月 6日 (土) 10時02分

Syu(Jii)さんへ
おはようございます。note
最後の住処、核社会の中では色々考えなければなりませんね。この問題は、伝統は伝統としても画期的な新しい仕組みが生まれる可能性がありますね。古い仕組みが、少子高齢化社会では成り立たないとしたら、仕組みを変えるしかないと思いますので。think
バラは、冬咲きますが、霜に弱いかもしれません。開きかけの時に、切って花瓶にさせばよいと思います。花瓶の中で花開いてくれると思います。tulip
鎌倉彫、目標が出来てやる気が出ますね。寒い冬に取り組む時間を確保されて頑張って2点作ってください。
smile

投稿: マジョリン | 2010年11月 6日 (土) 10時28分

教室の人たちの年齢に驚きました。
彫刻ってけっこう大変だと思っていたものですから…。

でも、みなさん若そうですね。

投稿: だいこんママ | 2010年11月 6日 (土) 15時37分

だいこんママさん
今晩は。smile
え、そうなんです。若い人が入ってこないんです。私が、下から二番目で、キャリアは一番永いのですが、ただ古いだけです。(笑い)(*^-^)
彫るのは、指に力は必要ですが、要は、コツと慣れでしょうか。

投稿: マジョリン | 2010年11月 6日 (土) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベテラン先生、飴と鞭の使い分け。 | トップページ | しらざざ~言って聞かせやしょう。 »