« 証拠は、本人の顔 | トップページ | 合理的に生きていく知恵 »

「でも」は、私の無くて七癖

2010年12月21月(火)晴れsun

Cocolog_oekaki_2010_12_14_11_05

 人は、無くて七癖あって四十八癖といわれているようですが、どんな人ても癖はあるそうです。

 私も、癖はいくつかあると思いますが、亭主と話をしていていつも嫌がられる癖があります。shock

 亭主が、何か言いますと、必ず「でも」と言ってしまいます。(;´д`)トホホ…

 「でも」の後にどういうフレーズが来るかといいますと、一般的に亭主の意見を否定するフレーズが来ます。(・A・)イクナイ

 例えば、亭主が、「この○○美味しいね。」といいますと、私の返事は「でも」が入ってしまうのです。

 「でも、この前に頂いた物の方がおいしかった。delicious」となるのです。

 もうひとつ例を。・・・・・亭主「この作品は、綺麗に出来てるね。」に対し、私「でも、ここの色は、あまりきれいではないから、私は嫌い。」という具合です。smile

 自分では悪気はないのですが・・・・誤解される癖なんです。

 この「でも」が癖になっていますので、亭主が機嫌が良い時は、そのままで終わるのですが、ご機嫌斜めの時は、「なにが『でも』?でももへちまもあるか!」ってな具合です。angry

 そこで、こちらも負けじと、「怒るのはわかるけど、でも、へちまもあるかって、どういう意味?」なんて聞いてしまいま・・・せん。(笑い)火に油注いでしまいますから。(笑い)

 この癖がついたのは、学校で先生から人の云うことをただ聴くだけでなく、一応考えて自分の意見をもつことが大事、なんて教育されまして、以来、相槌を打つ前に「でも」が出てしまうのです。

 ぐうたら亭主どの、何でも自分の云ったことに「そうね」「そうそう、あなたのいうとおり。」っていっていれば満足するという、極めて単純なエセ明治男ですからsmile・・・・・私にとっては相手が悪い。(笑い)

 さて、今日は、お花のお稽古がありまして、午前中行ってきました。bicycle前から、申し上げていますが、今一つお花のお稽古は気合が入りませんが、それでも続けています。

 そんな私の気持ちを察っしてか、亭主が、「いやなら、やめればいいのに」っていいますので「やめてもいいんだけど、『でも』ここまでやってきたからもったいない。」ってここでも癖が出てしまいました。(笑い)・・・・・亭主の反応何もありませんでしたのできっとご機嫌良かったようです。smile

写真 今日のお花です。

Img_8049

今日のトピックス

 日曜日、息子がひょっこり訪ねてきて、1週間ほどパリに出張。無事帰ったと報告。お土産を少しばかり。・・・・・私が、「これだけ?」っていいますと、息子、ムッとして「仕事、仕事だよ!お土産買いに行ったんじゃないよ。『でも』これだけで買ってきたんだから・・・・・」ってここでも、「でも」を使っていました。私のDNAかしら?紅茶とお菓子だけでした。つまんない。weep

Img_8160

HEDIARD(エディアール)のアフタヌーン・ティー まだ未開封です。エディアールはフランスの高級食料品店。日本でも伊勢丹で買えた記憶があります。この紅茶はどんな香りか楽しみです。

Img_8252

 FAUCHON(フォーション)のPetits Pave ビスケットにビターチョコ、ホワイトチョコ、ミルクチョコでコーティング。洋酒の香も。なかなかおいしくて、さすがフォーションとパリという名に弱い私。

Img_8256

FAUCHONのCrocantes 木の実が入っているチョコレートのお菓子。deliciousでした。洋酒とも相性が良さそう。

Img_8258

あと、NUTELLA(ヌテラ) これはイタリア製、チョコレート風味のスプレッド。トーストにつけて頂きます。ヘーゼルナッツの風味でなかなかです。これは、娘(NY)からももらったことがありまして、姉弟、同じものを・・・・共通点があるのでしょうか?日本でも手に入ると思いますが私が、探しませんので・・わかりません。

肝太し明治男に冬の海(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2010_12_20_18_11

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シニアブログをクリックして頂けますと、励みになります。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリン smile

|

« 証拠は、本人の顔 | トップページ | 合理的に生きていく知恵 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

なるほど、なるほど。
1、『でも』は懐疑的姿勢のなせるわざですか。
2、我が連れ合いも、何が何でもまずは反対するという傾向があり、かちんと来ることがあります。
考えてみます。

投稿: Bunbunbun | 2010年12月22日 (水) 04時29分

「でも」は、きっと素直に肯定すると、自分に重みが無い様に感じるからなのかもしれません。

私は妻と張り合うつもりはありませんから、
妻が、「この○○美味しいね。」と言えば、私は「そうだね、もっと食べたいね」と言いますが、妻の分が回って来た事はありません。

だいたい、一般的に言って、本当においしい食べ物を、女性が手放すのは、結婚前の少しの期間だけな様に思います。男性は割と簡単においしいものを手放す様に思います。

私の回りだけか、地球規模の傾向かは、判りませんが?

投稿: Syu(Jii) | 2010年12月22日 (水) 10時03分

Bunbunbunさんへ
おはようございます。note
Bunbunbunと Syu(Jii)さんのお二方のお話伺いまして、クスクスでした。(*^-^)失礼しました。
殿方は、大人ですから我慢なさっている。うちと同じです。何しろ、平均寿命が違いますように私たち女性の方が、元気があり、この年になりますとストレートですから・・・。(笑い)

投稿: マジョリン | 2010年12月22日 (水) 10時23分

Syu(Jii)さんへ
おはようございます。note Syu(Jii)さんは大人ですね。
奥様と張り合わない方がよろしいかと・・(笑い)
美味しいものをまず最初に・・は、私たちより一代上の母親の代で終わりまして、私たちの代では、まず私が先。smile(笑い)
これ、日本中の傾向だと思います。戦後、靴下と女性、強くなったものの代名詞。
古い話になってしまいましたが、平和時は女性上位が歴史の示すところのようですね。(笑い)smile

投稿: マジョリン | 2010年12月22日 (水) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 証拠は、本人の顔 | トップページ | 合理的に生きていく知恵 »