« 若者の創作意欲 | トップページ | 難攻不落な難敵「坂の上の雲」 »

百聞は一見に如かず、静岡県立がんセンター

2010年12月3日(金 )晴れ sun

Cocolog_oekaki_2010_12_03_12_32_2

  日曜日、静岡県東部の長泉町八分平のイチョウ並木の紅葉を見ようと思って例によって亭主に運転手を命じました。catface

 今日は、ご機嫌がよくsmileすぐに合点承知の助とばかりに引き受けてくれました。

 このハ分平は、丘陵地帯に開発された高級住宅地で、合わせてクレマチスの丘(自然とアートのテーマパーク)、井上靖文学館、ビュフェ美術館、ゴルフ場などがあります。

 そのメーン道路がイチョウ並木で多分、色づく頃合いがちょうどよい時期だろうと出かけました。

 ここへは国道246号線から入るのですが、アクセス道路は一本だけです。

 途中に静岡県立がんセンターがありまして、246号線を通るたびに遠くから見てはいたのですが、行く機会がなかったものですから見学することにしました。

 以前、この病院のトップの山口先生の講演を拝聴したことを書きましたがhttp://mary-everyday.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-9aa2.html 静岡県が威信をかけて作られたがんセンターです。

 当時、国内でも数台しかないと言われた陽子線治療も行われ最先端の医療技術と最高の患者へのケアなど、評判のすこぶる良い病院です。

 「百聞は一見に如かず」、「見てから信ぜよ」で、とにかく中に入りました。病院嫌いの亭主も恐る恐る私の後に付いてきました。

写真 丘にそびえる静岡県立がんセンターの容姿

Img_7810

駐車場に車を止めて少し歩きます。      玄関前

Img_7813  Img_7814 

施設の案内図 黄色が病院本棟

Img_7816

全体の模型です。がんセンターの施設の位置がこれを見れば概ねわかります。

Img_7820

玄関(2階)入りますと、総合案内とその先に相談カウンターがありました。

Img_7817

玄関の正面から見下ろす1階のロビーです。患者や付添の方などが話をしたり休憩したりしていました。吹き抜けになっていまして開放感のある空間となっていました。

Img_7818

外来の受付カウンター、この風景はどの病院でも同じようです。

Img_7821

1階休憩ロビーから続く南側の通路。日当たりがよく開放感ある空間です。ここから見る外の景色に心が癒されます。

Img_7823

コーヒーなど飲むことのできるラウンジ

Img_7824

1階の売店です。かなり広いスペースでコンビニ並みに見えました。

4階からが病棟で、右の写真、最上階の11階にはレストランと喫茶店がありました。レストランへの通路から見る風景はパノラマ。

Img_7829  Img_7842

前方駿河湾が一望されます。手前沼津の市街地、左手の山は、箱根山、手前三島の市街地

Img_7839 Img_7847

喫茶店

Img_7852

見学を終えた施設の印象ですが、全体的にスペースに余裕があり光があふれ開放感満点でした。案内等のスタッフの皆さんの感じも良く、周囲の環境も自然が一杯ですから、ガンで厳しい状況に立たされている患者さんにとっては、大変心強い病院だと思いました。この病院の基本理念は、がんを上手に直す。患者さんと家族を徹底支援する。成長と進化を継続する。の三本の柱で運営されています。心強い限りです。shine

今日のトピックス

このバラ、プリンセス・ド・モナコですが次から次によく咲きます。

Img_7511 

Img_7515

Img_7520 

バラの花秋とはいえどおらが春(ぐうたら亭主)

  Cocolog_oekaki_2010_12_03_21_07

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シニアブログをクリックして頂けますと励みになりますhappy01。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリンsmile

|

« 若者の創作意欲 | トップページ | 難攻不落な難敵「坂の上の雲」 »

健康」カテゴリの記事

コメント

『病院が観光地・・・』、ヨシイクゾウノ歌にあってもおかしくない感じがしました『ジュズを片手に空仰ぐ』・・・(失礼)。
沼津、三島の写真を見ると、東名沼津インターの近くでしょうか?
このインター、妻がまだ静岡、私が東京にいた頃の待合場所でした、伊豆が近いもので・・・(これも関係なし。失礼)。

投稿: Bunbunbun | 2010年12月 4日 (土) 07時21分

立派な病院ですね!
ホテルのような素晴らしい建て方ですけど陽子線など信頼出来る治療を提供してくれる、という内容が伴うもので素晴らしい、 流石日本だわ、 と思いました~♪
もう大分前に此方の病院は企業化しつつあり困ったものだ、 という嘆きを医療関係者の友人から大分前に聞いたことがあるんですけど なにかと問題を抱えているアメリカと比べ 医療制度の優れている日本は国民は安心してられて良いですね~♪

投稿: Azky | 2010年12月 4日 (土) 08時41分

Bunbunbunさんへ
おはようございます。note
東名沼津から、15分くらいできます。
Bunbunbunさんの待ち合わせの場所が、インターチェンジですか。それでは、このあたり懐かしい思い出がおありでは?smile

投稿: マジョリン | 2010年12月 4日 (土) 11時30分

Azkyさんへ
おはようございます。note
この病院は、最新設備の自慢の病院の様です。中見せて頂きましたが、広いので空間はあるのですが、人が多くてがんで治療している方の多さにびっくりでした。でも、外来だと思いましたが、その方たちは明るい顔されていましたので救われました。confident
Azkyさんのお住まいの米国は、病気治療では先進国だと思います。技術開発のスピードが日本とは違うように感じますが。技術力は米国、制度は日本でしょうか。孫が、歯の治療したのですが、徹底した治療のようでしたが、後の支払い・・・大変のようでした。(笑い)(*^-^)

投稿: マジョリン | 2010年12月 4日 (土) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若者の創作意欲 | トップページ | 難攻不落な難敵「坂の上の雲」 »