« ときには名画を見たりして⑩ | トップページ | 東京国際キルトフェスティバル2011@東京ドーム »

義母との戦い!

2010年1月28日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_01_28_20_53

  我が家のぐうたら亭主どの。年齢60うん才。私にとっては、夫ではあっても年齢差がないため人生戦って行く戦友です。ところが、この亭主、ご存じぐうたらでございます。(笑い)smile

 話せば長くなりますから、短く話したいのですが、意を尽くせないところがありますので中間をとってほどほどに・・・・。これって日本人の得意技だ!

 亭主は、次男坊で兄と弟がいますので、どちらかといいますと母の取りあいでは不利な位置にありました。それでも亭主にも公平な愛heart04をそそいでいたようであります。

 この義母、子供たちに作法や礼儀等は厳しくしつけていた反面、男子は、厨房に入らずってな教育をしてきました。

 結婚して驚いたのは、亭主が飲み薬飲むとき義母が飲ませてあげたのを見て、いい歳をした男子がこんなことでは困ると・・・・私、一大決心をしたのであります。impactdash

 義母は私にとって姑です。謂わば憎っき敵ですが、この義母から母離れさせ自立した亭主にさせようということでございます。

 亭主が、出来ることは、電球の球を変えることぐらいだったでしょうか。(´,_ゝ`)プッ

 私は、遠謀深慮。我が家の諸葛孔明、自分でいってしまいました。(笑い)このぐうたら亭主を真の男にするため様々な努力をしてまいりました。sweat01

 そのなが~い努力の結果ですが、三つ子の魂百までもとか申します。

 まさに母の力は偉大であります。今日、只今、私の姑との戦い、私の努力もぐうたら亭主を見ていますとまさに水泡に帰し、私の完敗に終わろうとしています。(。>0<。)

 でも本当の人生はこれからです。負けたままで引っ込んでいるわけにもいきません。捲土重来を期して、巻き返しに出なければ、ライバルであります義母にも申し訳が立ちません。

 頑張るつもりでいますが、2週間も前から我が家の台所の蛍光灯、flair切れておりまして、亭主にお願いしておりますがいまだにそのままになっています。私の心配の種は尽きません。

 このぐうたら亭主を生み育てた偉大な義母、明日は27回忌です。未だにマザコンが治らない自称、全国マザコン協会会長のぐうたら亭主、お教の途中でよもや涙なんか見せないでしょうね。(´Д⊂グスン   

今日のトピックス

椿が一輪空に向かって咲いています。一輪また一輪と春の、椿が咲いて春が近ずいているのかもしれません。

027

夢うつつ呼べど答えぬ藪椿(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_01_28_20_45

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シニアブログをクリックして頂けますと、励みになります。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリ

|

« ときには名画を見たりして⑩ | トップページ | 東京国際キルトフェスティバル2011@東京ドーム »

家族・その他」カテゴリの記事

コメント

マジョリンさんおはようございます。
男の子は本当にお母さんが好きなようですね。
夫がお母さんが好きなのは「へ~ぇbearing」と思いますが、子供がお母さんを好きなのは「よ~しhappy02」と思います。
やはりライバルですね(笑)

マジョリンさんから教えて頂くことの多きこと。
四文字熟語の置き所、正しい使い方。大人の文章に惹きつけられますconfident

椿の花と写真、綺麗ですね。
だんな様の母さまは、品種改良された椿ではなく、藪に隠れるあの真ッ赤な花なのですね。

Jもピンクの乙女椿を見ると、娘だといいます。
それぞれ、心に投影する花があるのですね。
さしずめわたくしなどは鬼椿。
マジョリンさん、まだその花は出没していませんか?
これだけ多い椿の種類。
その名花が世に問われるのは時間の問題かもしれませんねhappy01


投稿: バラ | 2011年1月29日 (土) 08時51分

今日は義母さまの命日なんですね。

「親思ふこころにまさる親ごころけふ(今日)のおとづれ何ときくらん」
吉田松陰は良い事を言っています。いつも思う事ですが。

親から嫁にバトンタッチですがお嫁さんに任せっぱなしではダメなのですね。
嫁と姑難しいですね。
私の場合姑は主人の姉にお世話になり九十歳で亡くなりました。
姉が嫁ぎ先から親元に帰ってきたのです。お婿さんと一緒に。
だから看取る事もなしでした。
しっかり者の姑でしたが病気とは言え主人若くで亡くなりましたのでショックも大きかったようです。その間主人の家の敷居は高かったです。デモ私には辛くは当たらなかったです。できた姑やと思います。私を見る目も辛かったのでしょうか。

姉夫婦はもう八十歳になりますが二十年間一年に一度か二度外国に出かけています。日本より外国が良いそうです。

平和と自由が良いですね。束縛のない生活が良いです。

本題を反れてすみません。

投稿: しょこらろーず | 2011年1月29日 (土) 13時53分

こんにちわ。
あまりにも、ストレートに書かれているので、うなずきながらも心配していたら、
もう27回忌とのこと。

すべての内容に共感できることばかりなんですが、
義母に関しては、良いことを思い出すようにしています。

夫改造に関しては、
私が乳ガンで手術をするまでは、あの手この手で、考えていたのですが、
退院した時から、気持ちが変わりました。
夫を変えるより、自分が変わろうと思ったのです。
だから、入院前と同じ家事も、スッキリした気分で出来るようになりました。
その結果おまけとして、私の希望する夫に近づいてる所もあります。


投稿: だいこんママ | 2011年1月29日 (土) 15時46分

こんにちは。
お義母さまの思い出は良い所だけのこしましょうね。偉そうに言う私には義父も義母ももういませんでした。しかし「男子厨房に入るべからず」
の教えはしっかり守っておりました。スーパーのお買い物もとんでもないと言うところでしたよ。
マジョリンさんのご主人に対するお言葉全部反対語と読んでおります。

70歳代に突入しました。今までどうり宜しく
お願いします。

投稿: あざみ | 2011年1月29日 (土) 16時22分

バラさんへ
バラさん今晩は~wine
遅くにすみません。バラさんは、ほめ上手です。もちろん嫌みがありませんので・・・お人柄ですね。バラさんの文章は、美しいですね。そしてちゃんと落ちがあります。
組み立て方教えて欲しいです。
それと題名の付け方。凄いセンスですね。
「いつの日にか」
戻ろうね。手で書く世界へ・・・。
「斯くして」
ハートを打ち抜く美味しさ・・・
鉄砲焼っていううのですよ。
凄い!あざみさんも大感激だと思いますよ。
コメント欄がありませんのでコメント・・・です。(わらい)lovely

投稿: マジョリン | 2011年1月29日 (土) 22時42分

だいこんママさんへ
今晩は~wine
だいこんママさん偉いと思います。自分を変えることって一番難しいことだと思いますが・・・それが全ての解決の近道ってわっかってはいるのですが、頑固なもう一人の自分がいていけないですね。
姑とは、三人のお嫁さんの中では一番可愛がっていただいたような気がします。
今となりましては、良い思い出です。悪口いようものならマザコン亭主、その時は怖いangryですから・・・・故にマザコン・・・です・(笑い)

投稿: マジョリン | 2011年1月29日 (土) 22時49分

あざみさんへ
今晩は~
大阪城公園から更新がなかった理由がわかりました。大丈夫ですか?
義母の生前懐かしいことの方が多いです。もともとタイプが全然違いますので衝突はなかっと思います。ところであざみさん70歳ですか?
写真拝見しましたがまだお若い!。年齢は黙っていても加算されますが、真の年齢は気だと思っています。その気になれば50代・・・です。

投稿: マジョリン | 2011年1月29日 (土) 22時57分

しょこらろーずさんへ
今晩は~wine
吉田松陰の歌含蓄のある歌ですね。少し難しいので改めて読むつもりです。
しょこらろーずさんは大きな視点で嫁しゅうとを見ていらっしゃいますね。そういう気持ちを持っていれば、全てうまくいくような気がします。
一般的な、嫁姑の問題、橋田壽賀子さんの作品がややこしくされたようにも思ったりします。そんなこと言いますと怒られますか。(笑い)smile

投稿: マジョリン | 2011年1月29日 (土) 23時08分

私の場合 ラッキーで義母とは上手く行ってますし 男女隔てなく育てた義母には感謝もしてるんです。 リタイアした今 家事は殆ど手伝ってくれるし、 その点 (のみ!) では宝籤に当たったような気もします (笑)。
先日 日本の友人と電話で話してたのですけど 彼女 未だにお姑さんで苦労させられてるんです。 今日のマジョリンさんの記事を読んでイメージがチョットだけ重なって・・  失礼しました! マジョリンさんのご主人さまには及ばない亭主関白ぶりなんですよ、 友人のご主人。 我慢にもほどがある、 って聞いてる私の方が怒りに燃えてしまったほどですから (苦笑)。

寒中の椿に励まされますね ♪

 

投稿: Azky | 2011年1月30日 (日) 03時15分

Azkyさんへ
今日は~note
只今正午を知らせるオルゴールが鳴り響いています。只今、私の街の実況中継をさせていただきました。すみません!余分なこと書きまして。(笑い)(*^-^)
Azkyさんのこと、姑さんから見て東洋から来られた可愛い利発なお嫁さん。そう思われたと思います。lovelyブログ拝見して大分経ちますが変わることないAzkyさんの誰に対しましても思いやりの深い心配り・・・これって、できる方はそうそういません。
失礼な言い方かもしれませんが日本女性の代表として草の根の国際貢献なさっておられることだと思います。
ご主人優しくて幸せですね。heart04
わたしより長生きしそうな亭主に、自立できるようまだ遅くはありませんので、鞭を使ってでも・・・・・。日本女性いざとなると怖いですね。(笑)( ^ω^ )

投稿: マジョリン | 2011年1月30日 (日) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ときには名画を見たりして⑩ | トップページ | 東京国際キルトフェスティバル2011@東京ドーム »