« 義母との戦い! | トップページ | 私の仕事への満足度 »

東京国際キルトフェスティバル2011@東京ドーム

2010年1月29日(土)晴れsun

 今日も晴れて、一日からからのお天気でした。 毎日庭の手入れや家事に追われた毎日を過ごしておりましたが、先日、その合間を縫って、別に今日のテーマがキルトですから糸で縫ったというわけではありません。(笑い)合間を、利用して恒例の東京国際キルトフェスティバルへ行って参りました。

 キルトは以前独学で作品を作っていたのですが、ここのところ専ら刺繍に凝っているのでしばらくお休みconfident。 でも、このフェスティバルを見に行くのは楽しみにしています。今年は10周年目というので、絶対見逃せません!前売り券を早くからget楽しみにしていました。

 わたしと同じように手芸好きな主に少しお年を召したお嬢さまが全国から東京ドームに集結~。この日のドームは、野球の時とは違った熱気に包まれていました(笑い)

 すみません。巨人戦を亭主に連れていっていただいた時、凄い熱気で私も興奮しまして球場全体も興奮!その時の熱気は凄いのですが、今日のとは異質な熱気という意味です。野球ファンの皆様に誤解を頂かないよう気をつかわさせていただきました。

写真 会場の東京ドームです。またの名をビッグエッグ。

069

グラウンドに広がるキルトのブース!これ見ますと大興奮です。闘志(?)が沸きますhappy02

070

 下はタレントでキルト作家のキャシー中島さんの作品で、ポスターやチケットにも印刷されている今年の顔。思ったよりは小さな作品ですが、花の中心にラインストーンがキラキラ輝いてキャシーさんらしい華やかな作品でした。キャシーさんは毎年素適な作品をは発表されていますので楽しみにしていました。

140

下の写真は、正面に飾られ一番の行列が出来ていた作品。爽やかな庭がキルトで表現されています。

161

何故、そんなに行列ができているのかとい云いますと・・・こちら、あの山口もとい三浦百恵さんの作品なのです!素適でした。

157

「祈り」という作品で、ハートのモチーフで教会のステンドグラスが表現されています。

156

百恵さん、キルトは23年も続けられているそう。ここ何年かこのキルトフェスティバルに作品を発表されています。今でもこの人気。百恵さんのお人柄なんでしょうね。

こちらは人気作家の方が直接お客さんの質問に答えて下さるコーナー。この時間は和風キルトの黒羽志寿子さんが担当されていました。

138

 下の写真はアメリカ・ペンシルバニア州ランカスター地方のアーミッシュと呼ばれる方々。今でも厳格に宗教の教えを守り、自給自足、質素で伝統的な暮らしを守っているそうです。

 これ以上の撮影は禁止。残念です。著作権の関係?でしょうか。(本当は宗教上の関係です。)

 これは「キルト・ビー」と言って、仲間同士おしゃべりしながらキルトを仕上げているところ。物を大切にし助け合って暮らす、キルトの原点を見たように思いました。

194

 特別参加、ニットの貴公子・広瀬光治さんも登場!今回出品された下の作品についてのお話を聞く事ができました。ニットでキルト・・・。初めての試みという事でご苦労もあったようです。

198

 この作品、9色の糸を使ったそうです。一辺が5センチの正方形のモチーフをびっしり。周りを囲むのはオフホワイトのモアレの生地。布のキルトは違う温かみと上品さがある作品でした。

141

 なんとこのモチーフ、すべて今回の為のオリジナルで 同じデザインの物は一つとしてないそうでした。並べ方ひとつとっても大変に苦労して作ったが、その甲斐あってとても大切な作品となりました、と話されていました。

144

こちらも特別参加、ビーズ作家の田川啓二さんの作品。こちら、オフホワイト一色で一見シンプルな物に見えますが、細かいビーズ刺繍で作られています!う~ん!うっとり~shine。参りました。興奮しておりまして、え?何を?なんていってる暇ありませんでした。(笑い)

131

このビーズ刺繍!デザインも洗練されていて、しかも豪華!ため息が出ます。フーです。←今のため息の音です。(笑い)

128

 こちらはキルトではなく、日本刺繍の四季の屏風。同じく特別参加の日本刺繍家、草乃しずかさんの作品。日本刺繍の世界、憧れます。・・私、草乃しずかさんの本何冊か持っていまして憧れています。いつか挑戦してみたいと思っていますが・・・・

132

世界に誇れる日本の美ですね。デザインがとにかく素敵でした。

133

さあ、もう1つのお楽しみ!キルト関係のお店のブースもたくさん出ています。

092

 私の目的は「宮崎順子さんのリメンバーキルト」のブース。ビクトリア朝風だったり、アンティーク風だったり、独特な作品のファンです。宮崎さんの本は全て持っていて、眺めてはため息をついています。

 アンティークな材料を揃えるのは難しいので、この時にキットや材料を買うのを楽しみにしているんです。今日はブースに宮崎さんがいらしたので、ちょっとお話も伺ってきました。(ミーハーなのも脳の活性化につながる?)

081 082

083 088

 宮崎さんは年に何度かヨーロッパやアメリカのアンティークマーケットを訪れるそうです。玉石混合のアンティークマーケットから素敵な物を選ぶ審美眼がおありです。

080

今回は上の写真のティーコゼーと、ロマンティックなめがねケースのキットを購入しました。完成したら優雅なお茶の時間を・・・cafe。なんて考えたりしていますが、お茶とお菓子だけに惹きつけられるぐうたら亭主がおりますので優雅が何処かに逃げてしまいます。coldsweats01

202_2 203_2

ドーム中にキルトの素敵な作品が本当にたくさんありました!1度で紹介しきれませんので、改めて次回の記事でご紹介したいと思います。手芸好きな方、斯うご期待です。

今日のトピックス

これ枇杷の花です。今頃咲きます。もう花から枇杷の実の形が出来ています。花は綺麗っていうのは、必ずしも当たりませんね。何となく気持ちが悪いです。でも、琵琶が食べられる6月。黄色い実は魅力があります。

040 

039

一人舞う都会の中の冬の蝶(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_01_29_22_19

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シニアブログをクリックして頂けますと、励みになります。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリ

|

« 義母との戦い! | トップページ | 私の仕事への満足度 »

お出かけ」カテゴリの記事

その他ハンドメイド」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
東京国際キルトフェスティバルは毎日お邪魔しているキャシーさんのブログでみていました。
にぎやかなのですね。happy01
キャシーさんのハワイアンキルトのキットで一度だけ挑戦したことがありましたが・・・coldsweats01
ご主人の勝野さんもいらしていてとても楽しそうでした。
マジョリンさんも楽しまれたのですね。楽しい雰囲気満載です。 lovely

投稿: 華 | 2011年1月30日 (日) 09時18分

こんにちわ。
キルトフェスティバルへ行かれたんですね。いいですね〜。
私は、テレビで見るぐらいです。

義母が残した古い着物などが多くあるので、
いつか、キルトに出来ればと思って置いてあるのですが、
一向に手を着けていません。


投稿: だいこんママ | 2011年1月30日 (日) 11時25分

華さんへ
おはようございますnote
行ってきました。凄い熱気でした。これとバラ展、ラン展この三つのイベントは、逃さず楽しみにしています。
スケールが違いますので、見ごたえ100%でした。happy01
キルトいずれはやりたいなぁ~なんて・・・欲張りです。(笑い)

投稿: マジョリン | 2011年1月30日 (日) 11時51分

だいこんママさんへ
今日は~
noteママさんが東京まで出てこられるのは大変ですね。
ママさんなら独創的な素晴らしいデザインできますから、それに環境がターシャの世界。
冬、そとは雪、snowゆっくりキルト縫うなんてそんなゆったりした時間が出来れば最高ですね。happy01

投稿: マジョリン | 2011年1月30日 (日) 11時57分

キルトフェスティバルなんてハイカラな
名前ですね。とても綺麗ですね。

パッチワークをちょっとかじり
簡単な模様を作りました。
あとは軍手で作る人形とか
米山京子さんの人形を少し
だけで終わりました。
根気がいるけれど仕上がると
芸術ですね。
有難うございます。知らない世界でした。

投稿: しこらろーず | 2011年1月30日 (日) 13時53分

う~ん素晴らしいです。
ため息がでそうです。
これらの作品は買うこともできるのでしょうか
キャッシーさんの作品がほしい ほし~い。
細かい仕事ですね。根気がいりますね。
私には無理。スケールの大きなイベントですね。

投稿: あざみ | 2011年1月30日 (日) 16時00分

しょこらろーずさんへ
今晩は~
wineしょこらろーずさん、パッチワークのご経験あるのですね。こういうイベントは、今東京が中心になってしまいましたね。
一年に1度ですから、東京か大阪かっていいますと東京になってしまいますね。
私の場合、幸い東京には近いですからいくことができるのです。smile

投稿: マジョリン | 2011年1月30日 (日) 19時02分

あざみさんへ
今晩は~wine
素晴らしい作品群で圧倒されましたね。shine人がやるものですから・・・義経ではありませんが鹿も四足、馬も四足ってなわけにはいきませんね。(笑い)

あざみさんが云われますように、私も欲しいです。物販もありましたので、私は、レースの小物買ってきました。大物は買えませんので・・・(笑い)

投稿: マジョリン | 2011年1月30日 (日) 19時07分

お客さんが写っている写真を見ると、警備員の人以外はやはり女性の世界ですね。
こんな世界も有るんですね、初めて見る光景です。

投稿: Syu(Jii) | 2011年1月31日 (月) 14時25分

Syu(Jii)
今晩は~
wineはい。ほとんど女性です。禁男性ではありませんが・・・。
一般的には、男性は興味を示さない世界ですね。(笑い)smile

投稿: マジョリン | 2011年1月31日 (月) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 義母との戦い! | トップページ | 私の仕事への満足度 »