« 良妻賢母の返上 | トップページ | 次第に遠ざかっていく昭和という時代の足音 »

たまには名画を見たりして⑨

2011年1月8日(土)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_01_08_21_49

 亭主が、お付き合いしていますガソリンスタンドは、ENEOS。rvcar

 年末になりますと、カレンダーを頂いてくるのですが、素晴らしいカレンダーで世界の名美術館の印象派絵画シリーズです。lovely

 これ作っている会社、凄く良いセンスだと思っています。

 そこの社長さんが、亭主の分を確保してくれていますのでおかげさまで、毎年名画のカレンダーを部屋の中に飾ることができます。happy01

 世界の頂点に立つ美術館の名画ばかりですから、毎日目にするのは良いものです。

 去年はワシントンDCにある「フィリップス・コレクション」でしたが、今年は、ロンドンナショナル・ギャラリーの名画です。 表紙がゴッホの向日葵の絵です。ゴッホは向日葵の絵を7枚描いているといわれておりまして6枚が現存しているそうです。w(゚o゚)w

 そのうち一枚が新宿の損保ジャパンの東郷青児美術館にあります。

 私も、以前、新宿西口を降りて都庁までの間にあります損保ジャパンのビル25階だったと思いますがゴッホの絵を見てきました。note

 当時、日本は、経済大国で羽振りが良く名画の購入は大いに話題になりました。

 今日は、新しいカレンダーに触発されて、久々に「たまには名画を・・・・見たりして」の第9回目です。

 1999年4月17日から7月まで東京都美術館で行われたワシントン・ナショナル・ギャラリー展。

 主催者の挨拶では、・・「・略 モネ、ルノワール等の印象派の代表作をはじめコロー・マチス・ピカソらその前後に活躍した巨匠の作品。・・・・ワシントン・ナショナル・ギャラリーの所蔵品の奥深さを感じ取って頂けることと思います。」と云っていました。

 東京都美術館開催の展覧会はいつも充実していると感心させられます。今回も良い絵がたくさん来ていたことを記憶しています。happy01

写真 オーギュスト・ルノアール 「髪を編む若い女性」 1876年 ルノアールの印象派の絵にしては光が弱いような・・・。

Img_0001_2

エドガー・ドガ 「バレェの前」 1890-1892年 お馴染のドガの踊り子。

Img_0002

クロード・モネ 「日傘の女性(モネ夫人と息子)」 1875年 風、光、気温まで感じ取れて、雲が流れ、草が揺れる、まさに元祖印象派。

Img_0003

(参考)この絵は、オルセー美術館にある「日傘の女性」1886年 モデルは、シュザンヌ・オジュデ(18歳)。モネは、上の絵を描いた後、11年経てまた、日傘の女性を描いたということになります。

Img_new

クロード・モネ 「太鼓橋」 1899年 てっきり題名は睡蓮と思っていましたが、違いました。そういえば、橋が目に飛び込む位置に描かれていると思います。橋の上まで描かれている絵の方をよく見ていますので・・・。でも、池の睡蓮丁寧に描かれていてとても綺麗。この絵好きです。

Img_0002_2

オーギュスト・ルノアール「花瓶の花」 1866年 この絵を見てルノアールが描いたのか~なんて感じで見ちゃいました。

Img_0004

ポール・セザンヌ 「愛の争い」 1880年ころ セザンヌらしい構図だと思います。

 Img

ポール・セザンヌ 「アルルカン」 1888年ー1890年 アルルカンはイタリア喜劇の道化、ピカソも描いています。

Img

ヨハネス・フェルメール(オランダ絵画の巨匠) 「手紙を書く婦人」 1665年ころ  私の大好きな、フェルメール。生涯作品、35点しか残ってないとのことですから貴重です。この絵を見るのは、国内で2回目です。メトロポリタンにある「リュートを調弦する女」のモデルと同じ服を着ています。こちらは、1664年作です。同じモデルるかも?です。

Img_0001

今日のトピックス

真っ赤な八重の椿です。花芯が花弁に隠れそうです。

P1010438

坂道を登れば近き冬の空(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_01_08_22_09

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シニアブログをクリックして頂けますと、励みになります。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリン smile

|

« 良妻賢母の返上 | トップページ | 次第に遠ざかっていく昭和という時代の足音 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

マジョリンさんこんにちは!
どんな絵もすぐ忘れてしまうのですが、こんな風に説明を頂きながら拝見して行きますと思い出すこともあり、有難いことだと感謝しています。
ルノアールは人物画だけではなく、お花の絵も素敵ですね。
わたくしもしばらく見入ってしまいました。
だんな様の後を登ってくるのは愛犬ですか?
マジョリンさんの一筆画の絵も、何派というのでしょう、私好きです!人柄派?confidentheart04

投稿: バラ | 2011年1月 9日 (日) 14時47分

名画を一緒に見させて頂きました モネは
柔らかな繊細なタッチで描かれていますね。
あざみもモネの絵は大好きです。
美術館に行かずして名画ありですね。
わたしもENEOSですがカレンダーなぞもらった事がありません。
もっとも二ヶ月に一回位しかガソリンは入れませんが。

投稿: あざみ | 2011年1月 9日 (日) 18時30分

バラさんへ
今晩は。wine
絵画はよいものですね。見ていて楽しくなります。バラさんもお好きなんですね。lovely犬のことですが、架空の犬なんです。可愛く描けませんので、少しにくったらしい顔です。(笑い)でも私の中で次第に可愛くなってきました。
今日バラさんのところにお邪魔しました。コメント欄がない理由良くわかりました。是非引き続き遊びに来て下さい。私も引き続きお邪魔させていただきますので。lovely

投稿: マジョリン | 2011年1月 9日 (日) 19時13分

あざみさんへ
今晩は。wine
モネは良いですね。あざみさんもお好きですか。lovely
カレンダー今度頂いたら良いと思います。
毎日カレンダーは目に入りますので・・・。smile

投稿: マジョリン | 2011年1月 9日 (日) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良妻賢母の返上 | トップページ | 次第に遠ざかっていく昭和という時代の足音 »