« 無駄になるかもしれない本 | トップページ | 大江戸骨董市@東京国際フォーラム »

風炉用香合牡丹紋

2011年2月10日(木) 晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_02_10_15_29

 昨日、午後からは、晴れましたが、約一か月ぶりの雨になりました。rain

 今年は特に天候不順で、日本列島あちらこちら大被害。

 太平洋側の私の地方では、晴れの日ばかりで、そのことについては何ら不服はないのですが、カラカラの日が続きましたのでこの雨は、私たちをはじめ草木に及ぶまでの生きとし生けるもの全てが一息つけたのではないかと思っています。happy01

 ちょっと大袈裟ですが・・・。(笑い)(◎´∀`)ノ

 これからの2月の中旬から下旬、太平洋側でも雨の日が多くなってまいります。

 暦の、二十四節気(にじゅうしせっき)では、2月4日の立春、2月19日が雨水、それから啓蟄、春分と続いて、やがて桜咲く本格的な春になります。cherryblossom

 この間に降る雨は、草木を育むうえで大変重要です。一雨ごとに草木が成長し、一雨ごとに暖かくなってまいります。

 啓蟄を迎えるころになりますと虫たちもぞろぞろ出てきて、私とお友達になります。家の庭にはカエルが住みついていまして、多分今は冬眠。sleepy

 そのカエルも土の中から出てきまして、お久しぶりって挨拶をしてくれると思います。

 この頃になりますと、虫たち同様、我が家のぐうたら亭主も、徘徊を始めます。(笑い)ゴルフ場の中ですが。golf

 私も、冬眠を続けているわけにもいきません。

 4月からは、内容は言えませんが、少し新しいことに挑戦しようと思っています。頼まれごとですが、うまくいくかは別として自分に付加をかけて新たなことに挑みます。punchうまくいくかどうかは神のみぞ知る・・・・です。ここでも大袈裟です。

 さて、今日は、自宅で鎌倉彫。

 手が空いた時間を見計らってまだ完成していない鎌倉彫の続きです。

 年々指先の力は、弱くなりますので時々休憩を入れますcake。ことによりますと、休憩時間の方が長かったかもしれません。

 先日、最近出来上がりましたお仲間の皆さんの作品をアップいたしましたが、今日は、私の作品の香合です。香合といえば、鎌倉、円覚寺蔵の俱利文大香合が有名です。(鎌倉物といわれた時代のもの。(1500年代))

 香合の詳細は→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%90%88

                      http://www.nomura-museum.or.jp/collection/kougou/

香合はお茶席で使いますが、この漆の香合は5~10月までの風炉用です。冬は、陶器になります。亭主相手にお茶をするのを楽しみにその時使おうっと思って・・・・・はいません。(笑い)

写真 アユの群遊は、仕上げの段階です。

P1020108

柿盆も仕上げの段階です。

P1020119

出来上がった香合です。文様は、牡丹。塗りは、乾口塗りです。円形ですから丸みを出すところは結構技術がいます。

034

038

今日のトピックス

 クリスマスローズが咲きました。この花下を向いて咲きますので上からですと花の形がわかりません。覗いてみますと、なかなか味のある顔しております。まだ種類がいくつかありますが咲くのはこれからです。おいおいパチリします。

P1020127

P1020128

早春の雨に打たれて放駒(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_02_10_17_22

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シニアブログをクリックして頂けますと、励みになります。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリンsmile

|

« 無駄になるかもしれない本 | トップページ | 大江戸骨董市@東京国際フォーラム »

鎌倉彫」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
鎌倉彫のお道具 ずいぶんたくさんあるのですね。
先日デパートで店員さんの隙をみて鎌倉彫を堪能していたら案の定、いかがでしょう~♪
何をおっしゃる、こんなに高価な物簡単にオススメいただいても困るんです。
とは、申しませんでしたが、細かいですね~素敵ですね~お高いんですね~
売り場には私しかいなかったので、あたたかく見守っていただけると良かったのですが・・・大丈夫ですよ~触りませんから~なんて思いました。

投稿: 華 | 2011年2月11日 (金) 07時47分

おはようございます。

鎌倉彫り本格的なのですね。すごいと思いました。
道具も多種類でこんな風に仕上がるのですね。初めて見ました。
趣味よりはるか超えて専門的なのですか?

ちょっと買うには高価な鎌倉彫りですね。


クリスマスローズ可愛く咲いていますね。
植木鉢三鉢なんですが葉っぱばかりです。
咲いた花一鉢のほうがよかったかなと思います。
朝雪が降っていましたがもう止んでいます。

投稿: しょこらろーず | 2011年2月11日 (金) 09時01分

私は歯ブラシの使い古しを使っています。
丸いブラシは初めてです。
私も同じくらいの大きさの「ソワージュ」と言うクッキーの
空き缶に彫刻刀を入れてます。
緑でなくピンクですが。
歩く時「カタカタ」音がするので上の空き箱等に変えた事有りますが、元に戻りました。
この缶に入らない長い特殊なものは、使用頻度が少ないのでほとんど持ち運ばないので、紙の箱に入れてます。
鮎はずいぶん大物で地すきが大変でしたでしょう。
私は最近はこんな場合の為、あら彫りは電動の彫刻刀も使ってます。手刳りは電動無しではもう彫れません。
香合はボールペンの大きさからして7cmくらいなのでしょうか?これまた彫るには小さくて大変でしたでしょう。
こんなものが彫れるうちは現役ですね。

投稿: Syu(Jii) | 2011年2月11日 (金) 09時46分

華さんへ
今日は~note
華さん、鎌倉彫に関心持って頂いて本当にありがたく思っています。
都内はデパートが多くあって、上の方の階に行きますと置いてありますね。店員さんがべったりというのは、華さんお金持ちに見られるからですよ。でも・・・必要ない時はそっとしてほしいですね。(笑い)私の場合きませんよ~weep

投稿: マジョリン | 2011年2月11日 (金) 12時40分

しょこらろーずさんへ
今日は~note
鎌倉彫は、彫るのに手間がかかるのと漆を何回も塗りますので、どうしてもお値段が高くなるようですね。
でも、手に入れれば、一生大事にしますからそう考えれば・・・・ですが、やっぱり高いかもしれません。(笑い)smile
クリスマスローズ。咲くのはこれからですから、咲くと思いますが・・。家ではこれ最初に咲きまして、あとは、これからだと思いますが今は何の気配もありません。今日は、全国的に雪snowのようですが、私のところは雨が降っています。

投稿: マジョリン | 2011年2月11日 (金) 13時16分

Syu(Jii)さんへ
今日は~note
アユの地すきは、板が大きいので大変でした。これ時間をかけてますので、少し前に地すきは終わっています。sweat01
あら彫を Syu(Jii)さんは、電動でと書いていますが、そんな裏技があったのですね。どんな刀で、どちらでお求めになられましたか?教えてください。うちの中に、80代の方がいますので、教えて差し上げたいのでよろしくお願いします。香合は7センチくらいですね。私は、どちらかといいますと、このような小さい物を彫るのが好きです。smile

投稿: マジョリン | 2011年2月11日 (金) 13時26分

見せびらかして、なんですが、電動彫刻刀あまりお進めしません。
理由は、簡単に彫れて行きますので「寸止め」の技が必要となり、これが緊張します。肩こりもします。

大物作品の地すきや手刳りには重宝しますが、使うには練習が必要でしょうし、自分には使えないと判ったら「高い買い物」になってしまいます。

言っちゃったので、一応書いておきます。
何社かの製品が有る様ですが、私は(株)キソパワーツールのPROXXONカービングプロ(製品名から想像できる様に木彫りの小鳥等を彫る為の道具みたいです)です。

刃は平刀、丸刀(以上9mm)と角刀(4mm)が添付されてます。
刃は刃だけでも別に売ってます。砥石も売っている様ですが、研がないで使い捨てと言う手も有ります。
研ぐには刃が小さすぎるし、固い刃みたいなので研ぐ事は大変な割に切れが悪くなるのにかなり使えます。

角刀は私たちが鎌倉彫習ったときは使わない刀でしたが、向かいの別荘地の方は角刀を使ったそうです。
90度と60度の角刀が別売で有りました。

15分くらいで道具が熱くなります。
15分以上の連続使用は禁止事項です。
(道具が冷えるまで一旦美味しいコーヒーを入れて飲む事になってます。紅茶でもかまいませんしはやりのココアと言う手も有ります。)

15分彫れば普通の彫刻刀と違い、かなり彫れますので、あの鮎位なら15分4回くらいで大まかの地すきは出来るかもしれません。個人差があります。

最初書きました通り、15分で日を改めた方が肩こりの為には良いかと思います。

重さが700g有りますので、それも慣れなければなりません。
その代わり桂だけでなく、より固い朴等にも同じ感覚で彫る事が出来ます。

DIY等の電動工具売り場に有ると思います。

かなり長くなりましたが。

投稿: Syu(Jii) | 2011年2月12日 (土) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無駄になるかもしれない本 | トップページ | 大江戸骨董市@東京国際フォーラム »