« 鎌倉彫の作品が出来ました。 | トップページ | どう見ても私庶民! »

「芽守り」

2011年2月6日(日)晴れのち曇りsun

Cocolog_oekaki_2011_02_06_15_25cloud

 立春も過ぎて、あと一月もたてば春です。cherryblossom私は、2月というのは、1年12月のうちどちらかといえばあまり好きではないのです。

 やがて来る春の喜びの前の耐える月のような気がして、その耐えるのがちょっと苦手。sweat01

 自然の中では、春への準備が目に見えないところで行われているのでしょうが、この月は、春めいたり、冬に戻ったりの行ったり来たりの繰り返しです。┐(´д`)┌ヤレヤレ

 その度ごとに一喜一憂、服を出したり、またひっこめたり、体調管理が難しいのです。

 出来れば2月を飛ばして一気に3月になって欲しいなんて思ってしまいますが、でもそんなことになりますと1カ月早く齢をとってしまいます。それは困ります。(キッパリ)pout

 自分の考えを変え、2月をとっても魅力のある月だと思い、毎日を楽しんだ方がずっと賢い生き方です。happy01

 好きになれば、見えなかったものも見えてきます。eyeあばたもえくぼの類です。そんなこといいますと2月に叱られますので、訂正です。今の、亭主のことで、亭主はあばたもアバタ。(≧∇≦)(笑い)

 あばたもえくぼでは、ちょっと、例えが違ってましたね。coldsweats02気がつかなかった良いところが一杯あるということでした。coldsweats01

 光の2月ともいって、暖かい日、外を歩くとわかるのですが、光が燦々と降り注いでいるのです。重装備の背中はポカポカ・・

 それでも、空気が研ぎ澄まされていますので、肌にあたる風は冷たく、寒の戻りが必ずありますので、重ね着はまだ必要です。confident

 自然界では、この重ね着のこと、「芽守り」といいます。枯草や葉は、布団のような役目をして早春にほころぶ草の芽を抱き込むように寒さから守るのです。自然のメカニズムってなんて合理的なのでしょう。

 もう、気の早い草花では芽をだしはじめています。いずれにしましても少しずつ動く季節の営みに目をやりながら一日を過ごしていけば、これもまた楽しからずやです。notes

 2月のお天気の良い日中は、そこここに光が溢れていると申し上げましたが、我が家の台所、ようやくぐうたら亭主が蛍光灯を取り替えてくれましたので、夕食の支度は、光溢れる中で行うことができ、ここにも立春が訪れることとなりました。shineflair

写真 出た芽が、少しづつ成長していきます。小さな芽も結構、逞しいです。

P1020057  P1020058

P1020059

P1020061

今日のトピックス

西伊豆特産の八朔を西伊豆の方に頂きました。西伊豆の太陽の光を毎日吸収して育った八朔です。新鮮でとても糖度が高く太陽の味がとても美味しかったです。

P1020051

小さな花、ノースボートが咲いています。こんなに小さい花に、もうハチのような虫がついていました。

P1020055

P1020071

早春の命育む光かな(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_02_06_15_29

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シニアブログをクリックして頂けますと、励みになります。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリ

|

« 鎌倉彫の作品が出来ました。 | トップページ | どう見ても私庶民! »

庭いじり・花」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
2日に1回スーパーでみかんを買っていましたが、みかんと苺だらけだった果物売り場がデコポンや八朔に占領されつつあります。
季節がかわっていくのですね。
「芽守り」っていうのですか。又賢くなりました。忘れないようにメモメモです。happy01

投稿: 華 | 2011年2月 7日 (月) 06時19分

おはようございます。

芽守りですか。これも初めて聞く言葉です。なるほど枯れ葉も守る力があるのですね。重ね着はとても暖かいです。
年をとる度に一枚づつ増えたら大変ですけれど。
ベランダはまだ寒い冬ですがマジョリンさんの庭では植物の芽も元気にニョキニョキと春だなあと思います。
スノーボール可愛いですね。

投稿: しょこらろーず | 2011年2月 7日 (月) 07時09分

華さんへ
おはようございます。note
華さん、この八朔は、本当に甘いですよ。西伊豆においでの節は八朔!宣伝してますね。(笑い)smile
今日も暖かで、良いのですがいつ寒の戻りがあるのか心配です。

投稿: マジョリン | 2011年2月 7日 (月) 08時59分

しょこらろーずさんへ
おはようございます。note
芽守り、植物にとっては、重要なお布団です。雪も霜も植物が育つのには役に立ちますよ。自然界って面白いですね。
チューリップの芽が出てきていますからいつになるかわかりませんが咲くのが楽しみです。smile

投稿: マジョリン | 2011年2月 7日 (月) 09時04分

こんばんわ。
芽守りっていうんですね。
北海道では、落葉の上に雪があるから、二重の芽守りですね。

2月は、好きな方です。
同じ雪景色だけれど、昼間が長くなり、
太陽も明るく感じられます。

投稿: だいこんママ | 2011年2月 7日 (月) 18時40分

だいこんママさん
今晩は~wine
そうなんです。雪は保温の役目もあるといいますね。
ママさんが2月好きだという意味、何となく理解できます。
光が多く雪に反射して明るくて意外に過ごしやすいのではないですか。shine

投稿: マジョリン | 2011年2月 7日 (月) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎌倉彫の作品が出来ました。 | トップページ | どう見ても私庶民! »