« 美人だって長生き | トップページ | どうなっているのこの頃の地球 »

仰げば尊し我が師の~

2011年3月10日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_03_09_14_35

 卒業シーズン。春風とともに今、卒業シーズン。

 校庭には、陽炎が燃え草や木の息吹が五感をくすぐるこの時期・・・・。

 ああ~懐かしい・・・中でも中学の卒業式は何故か思い出が一杯です。confident

 兎追ひし かの山~小鮒(こぶな)釣りし かの川~notes 中学の卒業を契機に小学校からずっと一緒だったお友達と別れ、各々がそれぞれの道に進みます。早すぎる別れです。weep

 この卒業式をもって、思春期の多感な時期、人とのつらい別れを経験をします。人との関係は必ず別れがあるということを学ぶのです。(;д;)

 A君とI君それからM君、Y君、H君、N君・・・まだいます。この人たちと別れるのが辛い。とても気の多い私でした。(笑い)smile

 そして、式では仰げば尊し和菓子の恩?(笑い)catface・・・・ これ,PCの変換でこう出てしまいましたので・・・・・。

 ・・・一番盛り上がるところで・・・・・すみません。sweat01気を取り直して、我が師の恩、教えの庭にもはや~幾歳~・・・・notesこの曲「仰げば尊し」を先生との別れを前に心をこめて歌いました。

 歌っているうちに、目頭が熱くなってきて、お隣の友人を見ますとやはり涙。(´Д⊂グスン

 私たちとても純真な生徒だったのです。先生の恩って何?なんて疑問ももちません。

 在学中、先生との間に多少のことはあったとしても、卒業時には、ノーサイド・・・。smile

 ノーサイドって言葉何処かでききました。そうおっしゃった偉い方、云ったことそっちのけで国民ほったらかし。闘鶏のように戦うpunchことだけがお好きな方でいらっしゃったことがわかりましたが・・・・

 この方が戦いに夢中になっている間、学生は就職超氷河期の中で就職が決まらず右往左往。卒業式どころではありません。いったいどうしてくれるの?学生に代わってつい私が云ってしまいました。annoy(怒り)

 本来なら夢膨らませて社会に巣立つそのスタートになる卒業式が、しぼんだ夢の暗い卒業式。こうなったのも学生ご本人の責任ではありません。shock

 そうだとすれば、就職が決まらない学生さんたちのために、なんとかしてあげませんと、日本の未来はないのです。若い人たちが希望に満ち溢れるshine社会こそが健全な社会と云えるのです。偉い人、自分のことばかり考えないでなんとかしてやってくださ~い。

今日のトピックス

 今日、バラさん(ブログ、バラの住人)のブログにお邪魔しましたら、ブログ村のバナーがはずされておりました。そしてブログ村覗きますとバラさんの文字が消えていて探してみたのですがありません。(;д;)

 記事の人気ランキングの常連で先頭走っていたバラさん。ブログの中では、のんびりと自由気ままに、そして羽を休めて・・・・と書かれていました。

 私の目標であったバラさん、格調高く上品でご本人の優しさがそのまま醸し出される文体に魅せられていた私としましては、バラさんという文字が見当たらないことに大きなショックshockと限りない寂しさを感じてしまいました。

 でも、一年間やられて先頭走ってきた達成感。見事な卒業って思って暫くのんびりと気ままに続けてくださることを認めざるを得ません。

 仰げば尊しわが師の恩です。lovelyでも、バラさんは、私のように魔女ではありませんから別の世界にはいけません。(笑い)私が、呼び出しの笛ピーって吹いた時には、その時は、また元気で可愛い姿見せて仲良くして下さいね。ピ~note

写真 今日のバラさんのブログの写真クリスマスローズ バラさんのお好きな花です。

今日のバラさんのこの花に寄せた部分の記事からです。

「これからのこと」

 美しい花が咲いた。 三年を経て、やはり下を向いて咲いている・・・・・

「真心」

 下を向けば あなたの愛があるが みえそうで 上向くことは 二の三の次 

P1040154

127

P1040132

P1040133

万事控えめで皆さんに愛されているバラさん。この花のように・・・・です。 

絹糸が光って白き春の雨(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_03_09_20_45

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シニアブログをクリックして頂けますと、嬉しいです。マジョリンsmile

|

« 美人だって長生き | トップページ | どうなっているのこの頃の地球 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

♪お~かしくって な~みだが出ちゃう。
 
嗚呼何というセンスの持ち主でいらっしゃることでしょう。文字で繋がった方に、こんなに惹かれたことはありません。

わたくしを振ったドイツよりももっと好きになった方です。

ランキングの参加からは離れましたが、マジョリンさんからは卒業できません。
本当にお別れする時は、第二ボタンの変りに、黒いマントを頂きますから。

マジョリンさんから色んなことを吸収して、少々の辛いことも乗り越えて参ります。

ほのかな笑いこそ、わたくしが今から、これから大切にしなければと思っている“笑顔”に繋がって行きます。
マジョリンさんのブログはその薬箱です。
多くの方に見て頂き、心のビタミンにして頂きたいと心から思っています

投稿: bara | 2011年3月10日 (木) 21時07分

weepbaraさんへ
今晩は~
wineとてもとても寂しいです。いつもいらっしゃる定席に今日見ましたらbaraさんが座ってらっしゃいませんでした。中学の卒業式の時と・・・同じです。突然のことでなぜ?って思いましたが、今日のbaraさんの記事を読みまして少しづつ謎が解けてまいりました。think
私は、baraさんの吹く地上の笛で戻ってきたのです。戻ってきて今度はbaraさんが・・・・。
暫くは静かにそっとシッー!でいきますが、でも時々は書いて下さるのでそれを楽しみに続けていこうと思います。smileいつか笛を吹きますからね。ピ~聞こえますか?lovely
今の笛、その時のための練習です。smile

投稿: マジョリン | 2011年3月10日 (木) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美人だって長生き | トップページ | どうなっているのこの頃の地球 »