« どうなっているのこの頃の地球 | トップページ | 日本人の知恵と力が試される戦い »

歴史に残る日

2011年3月12日(土)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_03_12_17_54sun

 2011年3月11日は、歴史に残る日となりました。(。>0<。)

 一夜明けた今日、朝起きてTVtvをつけますと東北・関東大地震の被害状況が次々に明らかになりました。

 見ていて、目をそむけるような惨状でした。despair一瞬にして営々と築き上げたまちや集落があとかたもなく消えてしまっているのです。まさに日本の半分が沈没です。sweat01

 何代もかけて多くの人の手によってつくられたまち、そこに住む人達の自慢のまちががれきの山に変貌してしまったのです。(ノд・。)

 つい一昨日までは、そこに住む人達が何不自由なく普通に楽しく生活していたのです。

 自然災害って一体何なんでしょう。

 大切な命、それに私たちがコツコツ作り上げてきた生活や文化などの貴重な財産を気まぐれかどうか知りませんがいとも簡単に奪ってしまうのです。angry

 今回の東北・関東大地震。その規模の大きさに驚かされます。特に青森、岩手、宮城、福島、茨木の海辺の町はことごとく壊滅してしまったのです。bomb

 今日現在、明らかになった被害は一部に過ぎずまだまだ現在進行形、助けを求めている方も多くいます。まずは、この人たちの救出に全力を挙げることが最優先です。 think

 判明している被害だけでも、亡くなられた人、けがをされた人、家屋の倒壊、ライフラインの破壊と数え上げたらきりがありません。これらへの迅速な対応も並行して進めていかなければなりません。

 すでに、国と自治体にそれぞれ災害対策本部が敷かれ、自衛隊や駐留米軍も救援活動に入っていることが報道されています。

 世界の50カ国を超える国々もありがたいことに救援に駆けつけてくださるとのこと。私たち国民も出来ることを見つけ、お手伝いしなければなりません。think

 私に出来ることは、義捐金や被服を送ることぐらいしか出来ませんがそうしようと思っています。coldsweats02

 生存されておられる方の中には、健康な方のほか、病気の方、お年寄り、赤ちゃんなどがいます。 

 この皆さんの明日からの生活を支えてあげませんと・・・・・・・精神的なケアや医療は当然ですが、早急に衣食住の支援などきめ細かい対応が必要だと思います。

 まだ余震が頻繁に起こっておりますので、身を守ることを最優先に、全てに落ち着きを取り戻した後に、あの未曾有の災害、阪神淡路大震災から立ちあがった神戸の皆さんの経験に学びながら、ふるさとの再興に向けてそれこそ気の遠くなるような汗を流さなければならないと思います。

 このことはまだ少し先なることと思いますが被災者の皆さんだけでなく国や自治体、そして全国民がともに背負うべき大きな課題であると思います。未来を信じ希望を持って・・・・。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

みんなが一つになってこの難局を乗り越えなければ・・そして東北人の底力を信じています。・・・・・マジョリン

|

« どうなっているのこの頃の地球 | トップページ | 日本人の知恵と力が試される戦い »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全く仰せのとうりです。自分に何が出来るか
私も考えました。差し当たって衣服など生活必需品の達成、そして寄金です。
即実行。人ごととは思えない惨事に目をつむってはいけませんね。世界からの救助隊が来てくれるのです。有りがたいことです。
日本沈没は日本全体で世界の力をかりて
浮き上がらせねばならないのです。
全国民でこんな時こそ力を合わせましょう。

投稿: あざみ | 2011年3月13日 (日) 12時04分

あざみさんへ
今日は~
あざみさん、コメントありがとうございます。ご経験のあるあざみさんですが、今回の惨劇、空前絶後・・・まるでがれきの山ばかりですね。むなしい気持ちになりますが、こういう時にこそ心を合わせて立ち向かうのが日本人ですから。応援しましょう!!東北を!!

投稿: マジョリン | 2011年3月13日 (日) 14時04分

二度目の訪問です。
地震の後すぐに高い場所に避難すれば
津波に合う事はなかったのではと思います。
大きな地震は怖いですね。

テレビ見ていたら辛いです。

投稿: しょこらろーず | 2011年3月13日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうなっているのこの頃の地球 | トップページ | 日本人の知恵と力が試される戦い »