« ドラマ「てっぱん」 | トップページ | うき世になにか久しかるべき。 »

気分を変えて・・・「椿姫」

2011年3月25日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_03_28_21_39

 今日、福島に実家がある知人にお見舞い申し上げました。

 実家は半壊だそうです。でも、実家では、いつまでもうじうじしていても元には戻らないと前だけを向いて頑張っていらっしゃるというお話を聞きました。

 心配や不安は尽きないけれど、それ以上に平和や幸福のイメージパワーを強く持って過ごしたいと、そして被災地以外の人にもそうあって欲しいといっていました。

 どんなに苦しくても、負けずに前を向いて進む東北人魂を見せていただいたように思いました。 

 自衛隊、ボランティア、地方自治体の皆さんが不眠不休で頑張っている姿には頭が下がります。皆さんの活躍には勇気づけられますが一日ニュースを見ていますと被災規模のスケールが大きすぎて、状況がほとんど変わっていないのではないかとさえ思ってしまいます。

 そして原発事故は、さらに危険な状況に進んでいきそうな気がして気が滅入るばかりです。

 そんな状況の時、気分を少し変えて春の花、椿のこと。・・・・・・・

 今年は例年より少し咲くのが遅い感じがします。3月には入って寒い日が続いたせいかもしれません。

日本の花、椿。種類も多く江戸時代に盛んになったようです。

 私も、椿は好きなのですが、うちのぐうたら亭主などは、花の落ち方がよくない。ポトリと落ちるのは縁起が悪いなんて一丁前のことを言いますが、冬から春にかけて花の少ない時、寒気の中凛と咲く花の美しさには、気品さえ感じます。shine

 この椿、ヨーロッパには19世紀にわたり当地でも多くの人に愛されたようです。

 皆さんご承知の、ベルディのオペラ「椿姫」(あちらでの題名は「ラ・トラビアータ」(堕落した女))。

 フランスが舞台。主人公の高級娼婦ビオレッタと田舎貴族の青年アルフレッドの悲恋の物語。オペラでも最も人気があるものの一つといわれています。

 オペラの題名、「椿姫」は、日本での題名なのですが何故椿姫なのでしょうか?

 私は、ビオレッタが白い椿を好んだことからそう名付けられたと聞きました。実のところは定かではないのですが、そう信じております。

 日本の椿がビオレッタに好まれていたってことも物語ではありますが嬉しいですね。

 この、ベルディのオペラで歌われる歌がどれも素適で好きです。有名な「乾杯の歌」から始まって・・・・・・。そこで再現、you   tubeからちょっと拝借いたしました。

 オペラ「椿姫」 最高の歌姫 ソプラノ コロラトゥラ  エディタ・グロベローバの歌。をどうぞ!

写真は、うちの椿が咲きましたが、もう桜が追いかけてくる時期になってしまいましたのでその前に急いでアップしました。

乙女椿(白)

006

乙女椿の赤(70年以上の木です。)

009 010

乙女椿のピンク

009_2

宝積

024

P1040892

岩根絞

035

金魚葉の白侘び助

039

侘び助(ピンク)

043

古金蘭?

010_2

037

落ちてなお 生きるすべあり やぶ椿(バラの住人)

お友達のバラさんにご了解いただき、おかりしました。名句だと思います。バラさんは、落ちた藪椿一輪を(下の写真)、美しく小さな花瓶に浮かべこの句を読まれました。バラさんのセンスが光ります。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

みんなが一つになってこの難局を乗り越えなければ・・そして東北人の底力を信じています。・・・・・マジョリン

|

« ドラマ「てっぱん」 | トップページ | うき世になにか久しかるべき。 »

庭いじり・花」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
横を通った時に  ポトリッ! と落ちて以来、椿の花の近くを通る時は何となく注意しています。
何か私が悪いことしましたか?な感じでしたので・・・coldsweats01
でも好きな花です。とってもきれいですもの。
鎌倉にもたくさん咲いていました。

投稿: 華 | 2011年3月29日 (火) 06時01分

被災した方達が寒い被災地から県外へ避難される様子や仮宿舎の建設工事が始まったニュースや徐々にでも明るい方へ事態が向いて来てるようですね。 それでもまだ余震も続いてるようですし原発問題も深刻そうだし・・・早く平穏な日々が戻って来るように祈ってます!
先日ワシントンの桜を見てきましたが 今日はマジョリンさんのお宅で椿のお花見を楽しませて頂きました~♪
今日は久し振りに更新。 お時間がある時にお寄りくださると嬉しいです~。

投稿: Azky | 2011年3月29日 (火) 06時57分

華さんへ
おはようございます。note
鎌倉は、椿には縁がありますね。鎌倉彫の絵柄にも使われていますから。華さんが云われますようにポトリと落ちますから、私のせいではない・・なんて。(笑い)でも、椿も人気がある花で種類の多いのには驚かされます。

投稿: マジョリン | 2011年3月29日 (火) 11時57分

Azky さんへ
今日は~note
未曾有の大災害でした。先がほんの少しづつでしょうか。現地はなすべきことが山積ているようです。
多分、これから個々具体の話しから始められると思いますが・・・・どうなっていくのか想像もできません。
私には、見守るしか出来ないのです。現地では、想像を絶するって他のブログで見ました。そうだろうと思います。Azkyさんにご心配かけて・・・でも日本中頑張る気持ちが満ちています。
楽しみだったAzky さんのブログに早速お邪魔させていただきます。

投稿: マジョリン | 2011年3月29日 (火) 12時10分

ほんとに見事な椿の数々ですね。
綺麗ですね。
四季折々の花たちは心に豊かさを与えます
ね。そして
マジョリンさんの名句
バラさんの名句
ほんとに素晴らしいです。
ちょっと近づけないかなって感じです。

投稿: しょこらろーず | 2011年3月29日 (火) 19時29分

マジョリンさん、ろーずさん、ありがとうございます。それとなく励まし続けて下さるお心遣いに感謝でいっぱいです。

椿姫のオペラを久し振りに聞きました。
男性の方の目配せは、ちょっと好みではありませんが、声はやはり素晴しいですね(笑)
マジョリンさん、わたくしの三島慕情がかすみそうですbearing
赤の乙女椿、美しい色ですね。70年。
マジョリン家の成り立ちをじっと見守って来た椿なのですね。
何故か手を合わせたくなります。
我が家は乙女椿のピンクと、複雑な形の侘び助の2本だけですが、まだ硬い蕾です。
楽しみに待つことに致します。
ありがとうございました。

投稿: バラ | 2011年3月29日 (火) 22時02分

しょこらろーずさん へ
今晩は~wine
しょこらろーずさんありがとうございます。バラさんの名句頂いちゃいました。ずるさせていただきました。(笑い)
でもとても気にいったからです。
しょこらろーずさんのお話毎日拝見していますが、やはり気持ちが優しい方ですね。文章の中に表れています。関西の方は、皆さんそうなんですね。cherry

投稿: マジョリン | 2011年3月29日 (火) 22時43分

バラさんへ
今晩は~wine
バラさん!図々しく載せさせていただきましたよ。ごめんなさい。でも、うちの椿とバラさんの俳句とマッチしてますものね。自分でいってしまいましたが。(笑い)
三島慕情・・・いつか聞きたいですね。(笑い)
バラさんのところの侘び助、乙女椿、もうすぐですね。きっと優しいお花なんでしょうね。育てている方に似るそうですから・・・。cherry

投稿: マジョリン | 2011年3月29日 (火) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラマ「てっぱん」 | トップページ | うき世になにか久しかるべき。 »