« 自作自演の一人芝居 | トップページ | 上野のお山は人の山 »

春風と野の花と・・・

2011年4月13日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_04_13_21_57

 春本番です。cherryblossom

 しかし日本列島、春を喜べる状態ではありません。福島原発事故、危険度最高レベルに昨日引き上げられました。危険度8段階の最高の7に突然5から引き上げられたのです。w(゚o゚)w

 TVで聞いておりまして、唐突感が拭えませんでした。以前から7ではなかったのかという疑問です。国際機関では、とっくにレベル7といっていたのを私たちは聞いていましたので・・・。coldsweats02

 そのころ、政府は盛んに反論していましたが、今はそれを認めた形です。

 いずれにしましても、クリーンで元祖情報公開とおっしゃっていた皆さん、政権について何か心に変化が起こったのでしょうか。

 今まで、私たちに楽観的なお話をしていましたが、突然最悪のレベルだとおっしゃられました。反面、放射能の量がチェルノブイリの1割ぐらいだなんてことを付け加えますので、それが安心して良いのか心配すべきなのかまた分からなくなってしまいました。sign02

 要は、全て国の責任において、レベル7は、私たちにとって危険でないのか危険なのか、危険な場合、どのように危険なのか、そしてこの事故いつまでに収束させるってことをしっかりと示していただきたいのです。

 さて、気が滅入りますので今日は、ここで大きくかじを切りまして春、本番のお話へcherryblossom

 久しぶりに、家庭菜園に行ってきました。震災前に行ったきりですから約一月ぶりということになります。 

 でも、家庭菜園については、別の機会にアップしますが、今日は、周辺の野に咲くお花のことです。tulip

 家庭菜園の周囲はまだ田畑が残っていますので日本の由緒正しき田園風景です。

 年々、田畑が少なくなっていくことを寂しく感じますが、ここのところ農業の後継者がなく、次第に畑や田は埋め立てられて、倉庫になったり、車置き場になったり、資材置き場になったりしています。

 ですからこの場所は大変私には貴重な場所です。

 ここにきますと、季節の移ろいを肌で感じるだけでなく、五感で感じることが出来るのです。田畑の周囲には小川がありまして、あぜ道も残っています。

 そこには、今は珍しい野の花が咲いています。無論私には名はわかりませんが、それぞれが一生懸命生きている姿に心を打たれます。

 近くの小川の水もサラサラ流れ、春風が耳元をくすぐりながら通り過ぎていきます。

 こんな素敵な環境・・・まだあることが嬉しいのです。ここでちょっとお耳を拝借しまして・・・。note

Convert »»  iPod - Blog - Gazo - iTunes - Bookmark - Twitter
Powered by TubeFire.com
 こういう歌いずれなくなってしまうのでしょうか。古いものを捨て去って文化を語ることなど出来ないと私は思うのですが、歌は世につれ世は歌につれなんて言われていますからやがて忘れ去られるかもしれません。
 そうなりますと、この歌、故郷の廃家でなくて、故郷の廃歌になってしまいますね。
 

写真 田植えを控えて、土の養生期間でしょうか。

047

今は珍しいい春の小川…サラサラ流れていました。

048

野花が田の周囲に咲いていました。タンポポ以外は名前がわかりませんので、please help me.で図鑑を調べました。

カラスノエンドウ             不明

037_2  040_2

オオイヌノフグリ

044

 不明                       タンポポ

050  045

ハルジオン

054

シロツメグサ               ハハコグサ?

058  057

オオジシバリ?

059

畦に咲く名もない花のど根性(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_04_13_22_02

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

みんなが一つになってこの難局を乗り越えなければ・・そして東北人の底力を信じています。・・・・・マジョリン

|

« 自作自演の一人芝居 | トップページ | 上野のお山は人の山 »

庭いじり・花」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。素晴らしい田園風景のど真ん中にお住まいのようですね。懐かしい歌を口ずさみ野花をいとしげに見つめる
詩情豊かなマジョリンさんが目に浮かぶようです。

さてさてお財布の件全く同じ体験を旅行中にしました。順番を辿って行きついた所がなんと一緒に旅行した友人でした。
「抜かれた」と言うか「スラレタ」と言うか
飛んだ結末でした。
ご主人に掛けあい半分だけ返してもらいました。同じグループで二度目に起きた事件ですから目星はついていたのです。病気でした。
ブランドのお財布も返ってきませんでした。
マジョリンさんは出てきて良かったですね。
私もあちこち電話を入れて大変でした

投稿: あざみ | 2011年4月14日 (木) 11時31分

あざみさんへ
note今日は~
ありがとうございます。春爛漫、良い季節ですね。ずーっと続いてくれたらなんて思いますが、無常ですね。
あざみさんもお財布を。私の場合は、私がボンクラ…(笑い)ただ、なぜそこに置いたかをすっかり忘れていることに腹が立ちました。
旅行での事件はとても不幸な事件でしたね。

投稿: マジョリン | 2011年4月14日 (木) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自作自演の一人芝居 | トップページ | 上野のお山は人の山 »