« 元気回復の秘訣 | トップページ | 家庭平和 »

「世界一周ごはんの旅」

2011年5月1日(日)雨rain

Cocolog_oekaki_2011_05_01_17_08

 一昨日は、英国ウイリアム王子の結婚式を食い入るようにみてしまいました。キャサリン(ケイト)さん綺麗でしたね。shine

 伝統のある国の結婚式は、華麗ですねshine。お二人美男美女のカップルですから国民が湧くのもわかります。

 私も何年か前にウェストミンスター寺院やバッキンガム宮殿を外から見ましたので何となく映像が身近に感じられました。smile

 英国のセレモニーは、日本とは異質な感じの洗練されていて格式がありますので日本人にとっては永遠の憧れなのだと思います。lovely

 この結婚式、子供のころ読んだ童話の世界の王子様とお姫さまと重なり合います。ひとしきり美しい夢を見させていただいたような気持ちになりました。

 王子の母、ダイアナ妃も天国できっと祝福されていらっしゃるに違いありません。confident

 その、美しいダイアナ妃が亡くなられてから早、14年になろうとしています。時の流れの速さに驚かされます。

 情報過多のスピード時代。この話題も一日たてば、足早に過去の事象となって過ぎ去ってしまい次の話題へと移っていくのでしょう。

 さて、少し前に商店街の本屋さんに寄った時に、とまこさんの「世界一周旅ごはん」という本を見つけて楽しそうなので買ってきました。

 サブタイトルは、旅先のあの味を再現!3ステップ・10分クッキングとあります。delicious

 更に、横帯には、秘境添乗員が24カ国から集めた簡単おいしいレシピ50と書いてあります。

 中身は、作者が旅行した国のごはんを、帰国してから思い出と一緒に噛みしめながら作るのですが、そのことによって旅の思い出がリアルによみがえって来たというご本人の経験を動機に、ごはんのレシピと作り方を楽しいエッセーと一緒に乗せています。

 東アジア4カ国、東南アジア7カ国、南&西アジア3カ国、アフリカ2カ国、ヨーロッパ4カ国、ラテンアメリカ5カ国の作者が忘れられないというごはんです。happy01

 この中には私も行ったことがある国も出てまいりまして懐かしく、また、まだ見ぬ国のおご飯も食べてみたくて・・・・10分で出来るということですから私にもできるなって思いましてgetいたしました。delicious

 少し例を出しますと、タイでは「おみそトムヤムクン」 ベトナムは「生春巻き」

トルコ「イスケンダルケバブ(トマト焼き肉)」、エジプト「モロヘイヤスープ」、ポルトガルは「カルド・ベルデ(緑のスープ)」、グアテマラは「ウエボス・ランチェロス(目玉焼きトルティージャ」・・・・・・など。

 これから時間をかけて私、ぐうたら亭主を伴いうちに居ながらできます「世界一周ごはんの旅」をしてまいりたいと思います。いってきまーす。(笑い)

 

 今日のデザートは、羽毛田 丈史の地球に乾杯です。本当は、「世界一周旅ごはん」に乾杯って題なら良かったのですが。(笑い)

写真 料理の本  とまこ著 「世界一周旅ごはん」

104_2

105

今日のトピックス

 ブルーベリーの花が咲きました。花が連なって実がなってくれればよいのですが。まだ木が小さいので無理かもしれません。

053

054

新緑や木漏れ日脚に転げ落ち(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_05_01_17_16

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

みんなが一つになってこの難局を乗り越えなければ・・そして東北人の底力を信じています。・・・・・マジョリンhappy01

|

« 元気回復の秘訣 | トップページ | 家庭平和 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

我が家のブルーベリー、去年移植して何本かは枯れたみたいですが、移植に耐えた木は青い芽が出て来てます。
孫が来る頃には実がつくかもしれません。

イチゴも小さいですが白い花が咲いてます。
今度、そばに牛乳パックでも置いて、「イチゴミルク」と言う写真でも掲載してみましょうかネー?
そばに亭主を置かないで。

投稿: Syu(Jii) | 2011年5月 2日 (月) 10時13分

Syu(Jii)さんへ
今晩は~
wineブルーベリーは、美味しくて大好きです。Syu(Jii)さんの育てた木に実がなれば、お孫さんも大喜びですね。イチゴも期待できるのですね。今度載せて下さい。拝見させていただきますので。いずれにしても、何かが出来るということは楽しいですね。smile

投稿: マジョリン | 2011年5月 2日 (月) 19時03分

マジョリンさんへ
こんばんは、久しぶりにコメントさせて頂きます。
僕も旅行がすきで、食べることはその国を知る大きな手ががりになるし、旅の楽しみの一つですよね。
今度、書店でこの本を探して見ます。

投稿: Mr.M | 2011年5月 2日 (月) 20時07分

Mr.M さんへ
今晩は~wine
Mさん、食べるのお好きですか。ご自分でお料理など・・・・よいですね。この本の料理分かりやすいので面白いと思います。shock

投稿: マジョリン | 2011年5月 2日 (月) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元気回復の秘訣 | トップページ | 家庭平和 »