« 聞かぬが花の芍薬 | トップページ | ブログお引っ越しのお知らせ »

トラッドジャパン

2011年5月18日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_05_18_12_40

 今日は、ぐんと気温が上がってup夏日。もう5月も後半になりますから晴天であればこんな日が続くのでしょう。

 思い返せば、少し前までは、寒い寒いなんて言っていましたから季節の駆け足で移りゆく様にただただ驚かされます。w(゚o゚)w

 桜の木を例にとりますと、三月時点では枯れ木、それが見事な花をつけ、やがて花が散るとすぐ若葉。その若葉がひと月足らずで青葉に変わるという目まぐるしい変化です。(@Д@;

 青葉だって次第に濃くなって今では燦々と注ぐ太陽のもとで緑色の濃淡が鮮やかです。このように変化しながら季節が過ぎようとしているのは寂しい。weep

 過ぎ去る春を惜しむ言葉に「惜春、逝春、暮春、ゆく春、春の限り、春の泊」などがあり、どの言葉も気持ちが込められていると思いますが皆さんはどれがお好みでしようか。

 私は、単細胞ですから分かりやすい惜春が好きです。smile

 一方で、もうこの時期は暦の上では夏、この時期を表す言葉には、「新緑のころ、夏に入る、夏立つ、薄暑、今朝の夏、夏来る」などがあります。日本人の季節に対する敏感で細やかな感性に驚かされます。(゚0゚)

 日本の文化は、自然や季節に対するたぐいまれな豊かな感性によって育くまれてきたのだと思います。

 NHKの教育テレビで放送されています「トラッドジャパン」。

 外国人に英語で日本の文化など伝えられるようにという番組ですが、それをみていますと、英語で伝える前に私自身が日本文化の中身を知らないということが身にしみてわかりました。もちろん英語も出来ませんが・・・(笑い)coldsweats02

 別に私自身英語で日本文化を伝える相手もそういう機会もありませんから、恥もかきませんが、そこらあたりのお話はちょこっと横に置きまして、この番組から教えられます日本文化、例えば折り紙、神輿、西陣織、掛け軸、面、友禅、文楽などなどの成り立ちから意味までまさに目からうろこでございました。

 でも翌日になりますと、コロっと忘れています。(笑い)ヽ(´▽`)/

 NHKさんそこのところをわかってますから、繰り返しての放送。今の放送は昨年の繰り返しです。ご親切にありがとうございます。2度目を見ていますがこの調子ですと相当繰り返していただかなけらばなりませんね。(笑い)sweat01smile

今日のトピックス

洋蘭が咲いています。赤いのはエビデンドラムといいます。白いのはカトレヤの一種です。

050 049_2

046  048_3

初夏の風カフェーテラスは我ひとり(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_05_18_16_18

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

みんなが一つになってこの難局を乗り越えなければ・・そして東北人の底力を信じています。・・・・・マジョリンhappy01

|

« 聞かぬが花の芍薬 | トップページ | ブログお引っ越しのお知らせ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

季節が過ぎていくのが寂しいとおっしゃるマジョリンさんは
いつも側に四季があるのですね。お花と共に。
私はテレビの物語にしても終りがやはり
寂しいです。終りがあって始まりがあるのに
です。
惜春がやはり好きです。
単細胞なんですか?私は単純です。


投稿: しょこらろーず | 2011年5月19日 (木) 07時46分

マジョリンさん、しょこらろーずさんはかわいい方ですね。
何故かホットします。

「暮れなずむ 春をいといて 春泪
  春の限りに ゆく春を追う」

こんな強情なわたくしは破門ですか?先生。weep

投稿: バラ | 2011年5月19日 (木) 09時31分

しょこらろーずさんへ
こんばんは~wine
終わりがあれば始まりがある。そうですね。たしかにそうです。これからやってきますのは暑い夏。sweat01若いころは好きだったのですが今
はちょっと苦手です。でも、アイスクリームが美味しいのはいいですね。考え方ですね。(笑い)四季があることはいろいろな面で贅沢かもしれません。
バラさんがおっしゃられていますようにろーずさん可愛いですね。cherry物事に対するひたむきさが伝わってきます。

投稿: マジョリン | 2011年5月19日 (木) 20時19分

バラさんへ
こんばんは~wine
バラさんの短歌座布団3枚で~す。shineそれでも足りないかもしれませんね。
春も行ってしまうの躊躇します。なにせ追いかける人がバラさんですから・・cute(笑い)
お話変えてごめんなさい。朝の陽子さん。今日見ていて涙が・・。好きでない鉢の子食べて、貴重な砂糖舐めるところも・・可愛い先生で・・(涙)バラさん私のハンカチも用意しておいてください。
竹葉起清風・・・素晴らしい言葉ですね。利口になりました。さすがです。それから、バラさんのお庭の竹、立派ですね。もし、かぐや姫が生まれましたら私に下さい。smile(真剣)

投稿: マジョリン | 2011年5月19日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聞かぬが花の芍薬 | トップページ | ブログお引っ越しのお知らせ »