文化・芸術

トラッドジャパン

2011年5月18日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_05_18_12_40

 今日は、ぐんと気温が上がってup夏日。もう5月も後半になりますから晴天であればこんな日が続くのでしょう。

 思い返せば、少し前までは、寒い寒いなんて言っていましたから季節の駆け足で移りゆく様にただただ驚かされます。w(゚o゚)w

 桜の木を例にとりますと、三月時点では枯れ木、それが見事な花をつけ、やがて花が散るとすぐ若葉。その若葉がひと月足らずで青葉に変わるという目まぐるしい変化です。(@Д@;

 青葉だって次第に濃くなって今では燦々と注ぐ太陽のもとで緑色の濃淡が鮮やかです。このように変化しながら季節が過ぎようとしているのは寂しい。weep

 過ぎ去る春を惜しむ言葉に「惜春、逝春、暮春、ゆく春、春の限り、春の泊」などがあり、どの言葉も気持ちが込められていると思いますが皆さんはどれがお好みでしようか。

 私は、単細胞ですから分かりやすい惜春が好きです。smile

 一方で、もうこの時期は暦の上では夏、この時期を表す言葉には、「新緑のころ、夏に入る、夏立つ、薄暑、今朝の夏、夏来る」などがあります。日本人の季節に対する敏感で細やかな感性に驚かされます。(゚0゚)

 日本の文化は、自然や季節に対するたぐいまれな豊かな感性によって育くまれてきたのだと思います。

 NHKの教育テレビで放送されています「トラッドジャパン」。

 外国人に英語で日本の文化など伝えられるようにという番組ですが、それをみていますと、英語で伝える前に私自身が日本文化の中身を知らないということが身にしみてわかりました。もちろん英語も出来ませんが・・・(笑い)coldsweats02

 別に私自身英語で日本文化を伝える相手もそういう機会もありませんから、恥もかきませんが、そこらあたりのお話はちょこっと横に置きまして、この番組から教えられます日本文化、例えば折り紙、神輿、西陣織、掛け軸、面、友禅、文楽などなどの成り立ちから意味までまさに目からうろこでございました。

 でも翌日になりますと、コロっと忘れています。(笑い)ヽ(´▽`)/

 NHKさんそこのところをわかってますから、繰り返しての放送。今の放送は昨年の繰り返しです。ご親切にありがとうございます。2度目を見ていますがこの調子ですと相当繰り返していただかなけらばなりませんね。(笑い)sweat01smile

今日のトピックス

洋蘭が咲いています。赤いのはエビデンドラムといいます。白いのはカトレヤの一種です。

050 049_2

046  048_3

初夏の風カフェーテラスは我ひとり(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_05_18_16_18

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

みんなが一つになってこの難局を乗り越えなければ・・そして東北人の底力を信じています。・・・・・マジョリンhappy01

| | コメント (4)

高齢者

  2011年4月21日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_04_20_22_37

 今日は、刺繍のお稽古の日です。4月から私の頭の中も少しだけ活性化してきたのでしょうか。shine

 最近ゴミ出しの日と、お稽古の日を忘れません。(笑い)

 理由は、特に分からないのですが、しいてあげますと、4月から新しい取り組みで文字を書いたり、計算したりすることを少しばかりしてますから・・・・ほんの少しですがそれが良いのかもしれません。

 今日も、時間前には、席についていまして先生の顔をしっかり見てのご挨拶です。smile

 目をそらさないのは、先生の皺の数、数えようなんてそんな魂胆はなく常識的、良識ある大人の態度です。

 先生も本当にお元気です。fuji

 その秘訣、刺繍を教えてるということ、自分より若い人たちとお付き合いしていること、そして刺繍で手先を使っていることなどと勝手に思っています。それに、結構いいたいこともおっしゃる。(笑い)これ聞かれますと、また、破門される心配が・・・(A;´・ω・)アセアセ

 私も、生き方として先生を見習いたいとは思っているのですが・・・・・。

 若いころから、自分より年長の人とのお付き合いが多く、若い人とのお付き合いが少ないものですからぐうたら亭主からは、若い人とのお付き合いを増やすようにといつもアドバイスされています。

 でも今の世の中、私たちは一くくりにされて高齢者、しかもシルバー・・・なんてつけられて、電車もシルバーシート。(笑い)smile

 せめてゴールドなら、そこに敬い、大切にするなんてことが表現されているように思えるので納得はするのですが・・・・・・。smile

 何処かで真鍮って言われないだけでも幸せだ、なんて声が聞こえてきそうです。(笑い)

 いずれにしても高齢者ということで一くくりにされる、あまりこんな社会は健全だとは思えないのです。confident

 世代間の交流・・・・若い人たちと世代を超えたお付き合い、これが盛んになることの方が老若男女同じ土俵で活動でき、世の中さらに活性化すると思うのですがいかがでしょうか。

  

 さて、お口直しに今日は、ミュージックを・・・・ということで 

 サラ・ブライトマン「Time To Say Goodbye(2003Version)」 です。ダイヤモンドヴォイスといわれております、サラ・ブライトマン…この歌過去の二人にさよならして未知の世界に船出する。今の日本も未知の世界に・・・・随分のこじつけですみません。とにかくどうぞ。(笑い)

<

写真 マイバック。無印良品で買ったバックに刺繍してお洒落なバックに変身させています。仲間の方の作品です。ぶどう棚が可愛い。

038

これは、ショルダーで季節の花スズランをあしらっています。お仲間のTさんの作品です。Tさんは、綺麗に刺されますので仲間内のお手本です。

041

今日のトピックス

 おだまきが咲いています。このおだまきの語源は、苧環から・・糸を巻く道具で形が似ているかららしい。先日鎌倉に行ってきましたが、静御前の歌「しずやしず しずのおだまき 繰り返しむかしを今に なすよしもがな」の中におだまきが出てまいります。

063

079

014

044

蓮華摘み誰にあげよう首飾り(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_04_21_16_59

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

みんなが一つになってこの難局を乗り越えなければ・・そして東北人の底力を信じています。・・・・・マジョリンhappy01

| | コメント (9)

上野のお山は人の山

2011年4月14日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_04_13_23_15

 久しぶりに東京に・・・。bullettrain目的は特にありませんでしたが・・・・知人のところにちょっとより、あとは好きな絵を見たいと思いまして亭主をお供に出かけました。

 横浜美術館でやっているはずのプーシキン美術館展を見るつもりでいたのですが私が思っっていた通り開催は中止されていました。weep

 ロシアの大切な宝物を、放射能で汚染されている日本に運ぶことなどまかりならぬということになったのか、横浜美術館がこのような時だから中止と決定したのかその当たりの事情は知る由もありませんが・・・私としましては残念な思いで一杯でした。

 そこで、上野の西洋美術館で3月12日から6月12日まで開催されていますレンブラント展に。run

 上野駅・・・電車降りて驚きましたヾ(*゚A`)ノ。駅の中から人が列を作っての出札。こんなことは初めてでした。

 公園に入りますと人、人、ひと・・・でした。え?「レンブラント展」ここんなに人が?って思ったのですがそんなわけは・・・・・・・・ありませんでした。

 人波の中を少し歩きましたら、公園内、桜が満開。花見客が大勢出て、ご座を敷いて花見で一杯やっていました。bottle

 お花見、自粛も解けたようでみんな楽しそうで良かったです。smile

 そしてもう一つの人の山、こちらが一番人気。

 中国から来たパンダでした。子供を連れた家族がグルグルグルと幾重にも回って連なりまして目指すは、上野動物園の入り口。最後尾から見ますと気が遠くなりそうな距離でした。w(゚o゚)w!(・oノ)ノ

 そんな中、私の目指すところは、国立西洋美術館。ここには、人の列はありませんでした。

 光と影の魔術師レンブラント・・・17世紀オランダの巨匠

 今回の展覧会は、版画が主で絵画を合わせて110点ほどが展示されていました。

 素晴らしい作品ばかりでしたが絵画が少なかった点私には少し物足りなく感じました。

 でも、美術館から帰った今でも作品の印象が残っているのはなぜでしょうか?やはり天才の絵だったからでしょうか。

 前に、能を見たとき、半分以上寝てしまったのですが、その後、暫くは能舞台が脳裏にに残っていた経験がありましたが、それと共通しているように思いました。

 レンブラント展のホームページです。作品も出ています。http://www.ntv.co.jp/rembrandt/works/works5.html

 亭主をお供にしていきましたのできび団子を用意しましたが、あまり私の云う事、聞きませんでしたので西郷さんの銅像とご一緒の犬、ポチだったでしょうか、ポチに差し上げてしまい・・・・ませんでした。(笑い)smile

写真  大勢の花見客

014

動物園のパンダ見物、最後尾と看板持っていますがこれから前、人の行列でした。

012

国立西洋美術館正面

011

010

029

今日のトピックス

 東京駅地下のディーンアンドデルーカのお店で昼食用サンドイッチを買って上野公園の一角で桜を見ながらの野外昼食でした。

 このサンドイッチNYのお店で食べた物と同じでとても美味しかったですが、やはりアゴがその後2日ばかり痛かったです。(笑い)

プレミアムローストビーフと山ワサビのバケットサンド

026

スモークサーモンのバケットサンド

025

コットハムとプリーチーズのバケットサンド

023

春うらら上野は人の山となり(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_04_14_22_49

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

みんなが一つになってこの難局を乗り越えなければ・・そして東北人の底力を信じています。・・・・・マジョリン

| | コメント (6)

熱海MOA美術館 国宝2点

2011年4月6日(水)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_04_06_22_28

 過日、熱海のMOA美術館に皆さんお馴染の国宝shine、尾形光琳の紅白梅図屏風を観に行ってきました。rvcar

 時節柄外に出るのはなんてためらいもありまして、結局行ったのは最終日でした。

 我が家から熱海までは、亭主のグッドドライブrvcarでまいりますと30分もあれば到着です。

 ちょうどお天気も良くドライブを楽しみながらでしたが、楽しんでいる間もなく熱海市街に。dash

 ちょうどお昼時でしたから有名ホテルが並ぶその中にあります中華の壱番で昼食を頂きました。

 熱海温泉spaは市街地は狭く、迫っている山にまでホテルや別荘、マンションが連なっています。

 約熱海駅から車で5分も行けばMOA美術館につきます。

 美術館は重厚な建物で、目を転じますと相模湾、海に浮かぶ初島、遠く伊豆大島が見える素晴らしいロケーションの中にあります。

 この美術館は、国宝3点を所蔵、尾形光琳の「紅白梅図屏風」、野々村仁清の「色絵藤花図茶壺」などです。毎年1回は、展示されるようです。今日は今回展示の最後の機会でした。coldsweats01

 時期が時期だけに、人は少なく申し訳ない気がいたしましたがのんびり素晴らしい作品を見学できたことは良かったと思います。happy01

  この美術館の詳細はこちらでどうぞ→http://www.moaart.or.jp/index.php

 写真 「紅白梅図屏風」の半分が描かれている展覧会のポスター。本物は、撮影できませんでしたが、ホームページの中にあります。18世紀江戸時代の代表的な日本画のこの絵、教科書や様々な所で見ましたが、本物は、やはり迫力がありました。http://www.moaart.or.jp/owned.php?id=820

 左に白梅、右に紅梅その空間に末広がりの水流を配した構図は,TVでも取り上げられ ておりましたが、TVそのままでした。(笑い)

 また、仁清の「色絵藤花図茶壺」は、17世紀江戸時代の作品で、仁清、最高の名品といわれています。これもホームページに写真があります。http://www.moaart.or.jp/owned.php?id=1076

 私は、焼き物は良くわかりませんが、国宝といわれまして、見ているうちに、次第に引き込まれ、「いい仕事してますね~」なんて言ってしまい・・・・ませんでした。(笑い)

069

美術館へのアプローチ

066   073

能楽堂…ここでは、観世流や宝生流などの一流能楽師による定期演能会が開かれています。

083

 秀吉の黄金茶室を復元したもので 中の茶道具一式、障子、壁など全て黄金を使って出来ていました。

093

094

相模湾に浮かぶ初島です。この島にはホテルも学校もあります。無論人も住んでいます。

086

熱海市街と昼食

105  048

今日のトピックス

洋蘭が咲きました。ギンギアナムです。香が良い花です。

005

006 

ミニのカトレア?

048

竹藪のさざめき揺れて春時雨(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_04_06_13_04

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

みんなが一つになってこの難局を乗り越えなければ・・そして東北人の底力を信じています。・・・・・マジョリン

| | コメント (2)

それぞれのスタート

2011年4月1日(金)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_04_01_21_50

 今日は年度初めです。

 全国的に官庁、会社など新入職員の初出勤の日でした。被災地のお役所でも新人職員が出勤して市長さんなどの訓示を受けていました。confident

 最も困難な時に社会人としてのスタートです。おそらく今後の人生においてもこれほど過酷な状況に対峙することはないのではないかと思います。

 どん底からのスタートですが、若い力をこの難局の中でいかんなく発揮して頂きたいと思います。皆さんの引き締まった口元と光る眼を見たとききっとやりぬいてくれると確信しました。confident

 これから、長丁場の戦いになりますが、あとは、少しずつでも良くなっていくのです。くじけず住民の皆さんの希望の星shineとして頑張ってください。

 遠方に住んではいますが心より応援しております。

 我が家でも亭主が今日は新入社員2人の入所式とかで朝から関係する団体の事務所に・・・・23年度のスタートです。

 私も、行政のカルチャー教室の年度切り替えで、教室に・・・・・・

 今日から始まるカルチャー教室。新入生徒として向こう1~3年間書道を習うのです。

 少し前に、今年度の書道教室に応募して、競争率8倍の難関を見事突破いたしました。そして今日から生徒としてスタートです。happy01

 競争率8倍って、有名大学以上の競争率ですから私もなかなか大したものです。・・・・・でも単純な抽選。ただ運が良かっただけ(笑い)smile・・・・・また「でも」ですけど・・・・でも運も実力のうちと言いますから・・・・・・・自分では結構得意になっています。catface

 昨年度習っていましたお花は、一応卒業ということです。お花は、今一つ気が乗らなかったせいもありまして、遅刻したり忘れたりの不良で、えらく先生に迷惑をかけました。でも今ではその先生とは心が通じ合えるお友達です。loveletter

 恩返しに、先生がやりたいという鎌倉彫教えてあげようなんて思ったりしていますが先生が私と同じように途中で不良になっっても困りますので・・・・やめておきましょう。(笑い)・・・。

 私が書道を選んだ理由は、特にありませんが、強いてあげれば小学生の時に少し習って中途半端で終わったこと、最近、字を忘れる事が多くなったこと、姿勢が悪くなったことなどからその防止策。

 それに少しでも字が上手くなりたい。なんてところでしょうか。いずれにしましても、「道」のつくものにはちょっぴり魅力を感じます。

 午後の部、生徒数18人、1年生私含めて6人、2,3年生が12人のメンバーです。

 今日は、オリエンテーションでスケジュールなど説明がありまして実技はありませんでした。いよいよこれから書道にも挑戦いたしますが、お花と同じように途中でグレて、不良にならなければ良いのですが・・・・。4月1日・・・・・・それぞれの人生?の出発の日でもありました。shine

 追伸

 全てを津波で失った岩手県の醤油製造会社の社長さん。今日、社員を前に皆さんは、社員でなく家族ですとおっしゃいました。そして絶対に会社を再建します、と、お年を召していましたが、力強い言葉でした。家族の社員に3月分のお給料を渡していました。社員のみなさの目から涙が・・・・見ていた私の目からも・・・・・ぐうたら亭主の目からも涙がこぼれました。素晴らしい経営者です。shine

写真 2010年度のカルチャー教室の発表会。一年間の成果が・・・・。

私がならっていましたお花。

183  184

ステンドグラス

190 

191  197

お習字・・・今年からこれに入りました。

195

軽石の彫刻

198

絵画                     墨絵

201  203

折り紙・・・・カルチャー教室の種目は、他に絵手紙、版画など全部で20ぐらいでしょうか。詩吟などは、ホールで発表会を開きました。

210

今日のトピックス 

アネモネが咲きました。ブルーが深くとても好きな花です。

093

085

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

みんなが一つになってこの難局を乗り越えなければ・・そして東北人の底力を信じています。・・・・・マジョリン

| | コメント (6)

前に灯りを・・・・たまには名画を見たりして⑪

2011年3月26日(土)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_03_18_21_49

 今日は、歴史に残るマグニチュード9.0の大地震と大津波が起こって3度目の土曜日でした。

 地震の起きた時間、事務を執り、工場で機械を動かし、あるいは漁や家事、そして学校からの帰り道・・・・ここにはいつものように人々の平和な営みがありました。

 その平和な営みに、自然の猛威が牙を剥きました。人間は自然の猛威の前では無力でした。

 あれから、2週間過ぎました。まだ、被災地に残された爪痕はそのままです。

 3月といえどここのところ寒さ厳しく、生きていくにも大変な状況が続き、生存者であっても過酷な生活を強いられています。

 また、原発の危機に直面し、命がけで関係者、自衛隊、警察、消防が戦っているのです。

 その決着は、まったく予断を許さない状況です。

 その間、国民も日本の戦後最大の国難と理解して、私たちの回りではあちらこちらで義捐金や物資を集めています。亭主の関係する事務所でも、義捐金箱を置いて来所者にお願いしているようです。皆さんが、心を一つにして戦っているのです。

 私も、TVの前で手を合わせ、被災者や避難生活しておられる皆さん、救援活動されている皆さんの無事を祈ってまいりました。

 ブログにもその日の思いを継続して綴ってまいりました。しかし、今日は、少しでも前に灯りを見たくて、そして希望を持ちたくて・・・・私の情緒安定剤の名画をアップしました。

 今日の名画は2005年10月22日から東京都美術館で開催された、「プーシキン美術館展」の中からです。この美術館はロシア・モスクワにあります。

 この美術館のコレクションは、フランス近代絵画の世界的コレクションとして名高い「シチューキン・モロゾフ・コレクション」。この美術館から印象派を中心とする数々の名画が日本に来たのです。

 絵画は50点でしたがどれも素晴らしい名画でした。
 

 主催者は、国内での印象派を中心とする世界的なコレクション展としては、1994年の「バーンズ・コレクション展」、1997−98年の「コートールド・コレクション展」以来となる、大型展といっておりました.。私はいずれも拝見していて、拝見した後まさにその通りだと思いました。

 折も折、4月2日から横浜美術館で「プーシキン美術館展」フランス絵画300年が開催されるそうです。名品66点が来るそうですが・・・。どうなるのでしょうか。

写真

エドガー・ドガ<写真スタジオでポーズする踊り子」1875年 お馴染ドガの踊り子です。

Img_0004

オギュースト・ルノアール<ムーラン・ド・ラ・ギャレットの庭で>1876年

木陰で光を浴びるパリの男女を印象派のタッチで描いています。男性が3人いますが、横顔がモネ、正面立っている方がシスレー。女性2人はモデルで、有名なルノアールの「ム-ラン・ド・ラ・ギャレット」にも同じ服を着て描かれています。

Img_0008

オギュースト・ルノアール<黒い服の娘たち>1880-1882年

この女性も、ルノアールの絵で見た気がしますが思い出しません。黒の色は画面が引き締まる感じがします。この時期のマネの絵も黒を素適に使っていて好きです。

Img_0009

クロード・モネ<ジヴェルニーの積みわら>1884-1889年

モネは、積みわらをモチーフに何枚も描いています。何枚か見ましたが近いところでは箱根のポーラ美術館にもあります。手前の積みわらが日陰、左は陽があたっていてそのコントラストとと後ろのポプラが揺れているようで、絵から夏の大気と風が伝わってきます。

Img_0007

ポール=セザール・エルー<白い服の婦人> 1890年代前半

モネの日傘にも、似たアングルの絵がありましたね。モネの絵は土手を歩いていましたが・・。風の流れと光そして陰、まさに印象派の絵ですね。

Img_0005

ポール・ゴーギャン<彼女の名はバァイルマティといった>1892年

タヒチの神話上の美女を描いたといわれています。この美女、私には古代エジプトの壁画に描かれた女性を連想しますがいかがでしょうか。後方中央の黒い物体?神様?怪物?これもわかりません。時々ゴーギャンの絵には得体のしれないものが出てきますので。

Img_0002

アンリ・ルソー<セーブル橋の眺め>1908年 この時期フランスでは、気球に飛行機、飛んでいたのでしょうか。

Img_0006

クロード・モネ<白い睡蓮>1899年

お馴染のモネの睡蓮。日本びいきが高じて日本庭園作ってしまいました。睡蓮の絵も何枚か描いていますね。国立西洋美術館。箱根のポーラ美術館にもあります。この絵の右上に藤の花が咲いています。藤色しています。藤は後から植えたそうですから、早くに描かれた絵には描かれていません。

Img_0010

アンリ・ルソー<モンスリー公園の眺め>1910年  税官吏だった変わり種のルソーの絵も好きです。この時代にあって我が道を行くという絵を描いています。木や草の描き方など独特に思います。

Img_0003

アンリ・マティス<金魚>1912年

「シチューキン・モロゾフ・コレクション」の最大の魅力となっていますマティスの金魚です。

マティスは金魚の絵を、何枚か描いていましてNYの近代美術館でも観ていると思います。

金魚って、日本産?フランスに輸出されたのでしょうか。

Img_0001

今日のトピックス

今日の富士山冬の富士山と同じでした。この時期は霞がかかってかすむのですがはっきりと輪郭を現しています。きっと東北は真冬並みの寒さだと思われます。

143

今部屋の中で咲いている花を少し集めてみました。心が落ち着きます。

121

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

みんなが一つになってこの難局を乗り越えなければ・・そして東北人の底力を信じています。・・・・・マジョリン

| | コメント (10)

春、桃の節句、つるし雛

2011年2月15日(火)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_02_15_21_31

 先日、風の便りに伊豆の国市にある伊豆洋蘭パーク内でつるし雛を公開していること知りまして、ひとっ走り・・・・。run

 ひとっ走りといいましても私、飛脚ではありません。バラさん(ブログ「バラの住人」)がウォーキングで行かれた西脇市にあります名門西脇工業高校のマラソン選手runsweat01でもありません。

 お齢を召した一人のか弱きご婦人です。ひとっ走りなどとはとてもとても、出来ないのです。(笑い)(◎´∀`)ノ

 そこで、亭主にただひたすらお願い申し上げ、車rvcarでひとっ走り・・・・でした。

 伊豆の国市といいますが、元は温泉spaで知られている伊豆長岡町のこと。そこに伊豆洋らんパークがあるのです。

 詳細はこちらでどうぞ→ http://www.yoran.co.jp/

 つるし雛のご本家は、伊豆東海岸にある稲取温泉spaです。

 このつるし雛、ここで復刻して今や伊豆半島全土を席巻。勢い止まらず天領の伊豆の国から仲の悪いといわれた駿河の国まで攻め立て、ついに駿河の国の奥様達もつるし雛を作っております。(笑い)smile

 戦国時代ではありませんから、例え仲が悪くても魅力あるもの楽しいものは、情報の波に乗って瞬く間に広まります。impact

 つるし雛は、稲取で江戸時代の後期、本物のお雛さんを手に入れることが出来なっかったため、娘の成長を願って母親や祖母が手作り。それを飾る風習が今日伝えられているのです。

 着物の切れ端などで作られていますから、色がとても鮮やか。そして模様を生かして人形や動物、物などが作られています。confident

 その人形などにもそれそれ縁起をかついだ意味があるそうです。

 例えば、ウサギ・・・赤い目は、呪力があり神の使い。ネズミ・・・大黒様の使いで金運上昇。巾着・・・お金がたまる。さる・・・厄がさる。など、などです。

 飾られたつるし雛、数多くつるされた状態を見ますと、とても華やかで春、桃の節句を彩るまさに風物詩といってよいと思います。

 稲取温泉は、この時期つるし雛を見る大勢の観光客で賑わうそうです。dash

   稲取温泉の雛のつるし飾り詳細はこちらでどうぞ。→  

   http://www.inatorionsen.or.jp/hina_sp/

 私の場合、稲取まで行くのは大変ですから、近くで間に合わせです。

 こういうの見ますと、私も作ってみたいと思いますが・・・私が作るものは、ほとんど巾着とネズミになってしまいますので・・・・・ちょっと現金・・・・・・・、どうしましょう。(笑い)smile

写真 こんな感じで飾られていました。

P1020266

P1020262

P1020263

ネズミがいます。俵の上に乗ってネズミ色していました。(笑い) 一つ置いて巾着もありました。

P1020267

どうしても、ネズミに執着があります。

P1020268

金目タイは、めでたいですね。

P1020269

カメは、長生きでしょう。100歳を目指す私には、守り神です。

P1020270

ウサギは、神の使い。

P1020272

桃は、節句

P1020273

P1020276

今日のトピックス

 つるし雛は、伊豆洋蘭センターのイベントスペースで無料でやっていましたが、こちらが本の洋ランパーク。700円の有料です。700円を惜しんでドアが開いた所をパチリ!・・・したがって入り口だけ。さすが巾着とネズミに執着するだけの私でした。(笑い)(´,_ゝ`)プッ

P1020280

P1020281

針先に思いをこめてつるし雛(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_02_15_21_36

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シニアブログをクリックして頂けますと、励みになります。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリンsmile

| | コメント (15)

無駄になるかもしれない本

2011年2月9日(水)雨のち晴れrainsun

Cocolog_oekaki_2011_02_07_22_57

 日曜日の夕方、亭主と電気屋さんに行きました。蛍光灯flairを買っての帰り、隣接する本屋bookさんに寄りました。

 得意の立ち読みです。亭主も本の好きな私に付き合って立ち読み。夫婦で立ち読みってことは、たちの悪い夫婦です。(笑い)本屋さん、はたきを持ってきませんでしたが・・・・

 本屋さんが売っている商品を、二人でただで読んでしまうということ、一人ならまだしも二人となりますと、何となく良心の呵責を感じま・・・・・・・せん。(笑い)( ^ω^ )

 長年の商習慣で、読む方も読まれる方も、ま、阿吽の呼吸かもしれません。

 そんな本屋さんに甘え、ぐうたら亭主どのは、いつも読んだ後そのまま手ぶらで帰ります。(笑い)coldsweats01本屋さんにとっては最もたちの悪いお客です。あ、もとい、こういう人はお客と呼びません。

 なんて呼ぶのでしょう。一度本屋さん伺ってみたい気もしますが・・・・。きいてもやぶへびになりますから止めました。(゚ー゚;

 私は、適当に本を探したりしていましたが、私の場合は、亭主と違って読み逃げする事は少ないです。

 今日、目にとまりましたのが、NHKテレビテキスト。仲道郁代さんの「ピアノ初心者にも弾ける」でした。

 以前から、ゴルフflag以外にまったく、趣味のないぐうたら亭主に、今後の人生の楽しみを何か見つけてあげようとピアノnotesが良いのではと考えておりました。

 認知症の予防にピアノを弾くことが良いと何かで知ったのですが、肝心の本人にやる気があるかどうかが問題です。なにせ頑固なぐうたらで、音楽的才能ゼロですから。

 そこで本人を呼びまして、どう?って優しく訊ねました。どうせ「いやだよ」って返事が来ると思っていましたら、意外なリアクションsign01「いいよ。」ってな返事。へ~と思って眉に唾付けましたが当の本人がそういうものですからここは信じて、買いました。coldsweats01

 私の親心・・・実に賢妻の誉れ高き山内一豊の妻です。ピアノが弾けるようになれば、よい趣味になりますし、本代以外はお金が全くかからず認知症の予防になりますので、まさに一石二鳥。cherry

 亭主、中学生のときに覚えたという文部省唱歌、一曲だけ弾く真似事ですが、右手と左手を実に巧み操るのです。左が三拍子で右が四拍子。笑ってしまいますが・・・・・・・・

 私にそう弾けといわれましてもとても出来ません。(笑い)前途多難ですが、オリンピック精神?やることに意義があるってことで・・・・どうなりますことやら。sweat01

 追伸 鞭が必要でしたが、買うの忘れました。練習怠けたり、覚えが悪かったりしたときに使う愛の鞭です。本当は、鞭でビシビシぐうたら亭主をしごくつもりでしたが・・・・少し様子を見ながらです。(笑い)

写真 仲道郁代さんの「ピアノ初心者にも弾ける」 この本、多分無駄になる予感がします。

P1020114

P1020116

今日のトピックス

水仙の花、長持ちしてまだ咲いています。

P1020100

P1020099

P1020084

P1020085

気はせくがまだ四肢固き浅き春(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_02_08_21_05

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シニアブログをクリックして頂けますと、励みになります。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリンsmile

| | コメント (7)

ときには名画を見たりして⑩

  2011年1月27日(木)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_01_27_22_34

 亭主、今日は団体の仕事で1日留守でした。関係してます団体の会議などに時たま出かけますがその時はネクタイしめて背広来て・・・・・私が後ろから見て・・・・背広がぐうたら亭主着ているっよっていいましたら怒っていました。angry

 意味もなくいった言葉で、自分でも云った後、私、何言ってるんだろう?ってな具合でした。(´,_ゝ`)プッ

 今日は、いく日?何曜日?カレンダー見て1月27日の木曜日と確認しました。壁にかけてありますカレンダーは、印象派の画家ピサローの絵でした。

 風景画の得意なピサロさん。 

 フランスの画家ピサロの「シデナムの並木道」、これ見ているうちに、今日は、たまには名画を見たりしての第11回目をと、取り上げてみました。

 2008年8月から東京都美術館で開催された「フェルメール展」、サブタイトル「光の天才画家とデルフトの巨匠。」です。

 ここでいう光の天才画家とは、フェルメールのことで、デルフトはオランダ南部のフェルメール生誕の地、オランダ南部の古都のことです。

 今回の展覧会は、作品わずか30数点しか現存しないといわれていますフェルメールの絵が7点来ておりまして、そのうち日本初公開は5点を数えるということでした。(゚0゚)

 私は、オランダの天才画家フェルメールの絵は大好きです。heart0417世紀にレンブラントと同時期に出てきたフェルメールは風俗画家として女性を描きました。その一つ一つが珠玉の名作だと思っています。shine

 夏jの熱い時期に見に行きましたが中は冷房で良かったのですが、東京はえらく暑かったのを記憶しています。でもフェルメールの絵を見た余韻で興奮していました。

写真 ヨハネス・フェルメール<ディアナとニンフたち>マウリッツハイス美術館  1655ー1656年ころ

Img_0001

ヨハネス・フェルメール<マルタとマリアの家のキリスト>スコットランド・ナショナル・ギャラリー1655年ころ

Img_0002

ヨハネス・フェルメール<小路>アムステルダム国立美術館1658-1660年ころ

フェルメールの作品では、屋外が描かれている絵は、ほとんどないので希少価値の絵です。建物描いたのかなと思って見てますと、中に人が描かれています。風景画では、デルフトの眺望が有名です。

Img_0003

ヨハネス・フェルメール<ワイングラスを持つ娘>アントン・ウルリッヒ美術館1659-1660年ころ フェルメールの絵は、ほとんど室内で、左側に窓があってそちらから光が入っています。この絵、何やら男の人に下心がありそう・・・。それにしても、もう一人の男、まったくよそを向いています。なぜ?

Img_0005

ヨハネス・フェルメール<ヴァージナルの前に座る若い女>個人蔵 1670年ころ来ている服の質感までも分かるようです。

Img_0007

ヨハネス・フェルメール<リュートを調弦する女>メトロポリタン美術館16664年ころ

窓の外を眺めながら調弦。壁には地図がかかっています。何やら遠く出かけた夫の帰りを待ちながらのそんな絵だそうです。この絵は、別の展覧会で日本に来て見ていますしメトロポリタンでも見てますから3回目です。

Img_0008

 ヨハネス・フェルメール <手紙を書く婦人と召使>アイルランド・ナショナル・ギャラリー

 窓の外に目をやりながらの召使の何やら意味ある薄笑いが謎めいているそうです。

Img_0010

ピーテル・デ・ホーホ<訪問>メトロポリタン美術館1657-1658年ころ ホーホも同時期の風俗画家。

Img_0004

ピーテル・デ・ホーホ<幼児に授乳する女性と子供と犬>サンフランシスコ美術館1658-1660年ころ>

Img_0006

ヤン・フェルコリエ<楽器をもつ優雅な男女>個人蔵 1674年ころ

Img_0009

庭の隅、目立って赤き寒椿(ぐうたら亭主)

Cocolog_oekaki_2011_01_27_22_38

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シニアブログをクリックして頂けますと、励みになります。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリ

| | コメント (2)

古き良き言葉の淘汰

2011年1月25日(火)晴れsun

Cocolog_oekaki_2011_01_25_17_05

 今月に入りまして、雨がほとんどありません。太平洋側は乾燥しています。

 お天気につられて暖かな日は、日中時々散歩します。空は澄みきっていますので富士山fujiは毎日のように顔を出しております。

 春になりますと霞がかかってこの時期のように顔を出してはくれません。

 今日のような冬の日、太平洋側では強い西風が吹きますと小さな白い綿のような雲cloudが現れては消えていきます。

 蝶のように見えますので「蝶々雲」というそうです。

 ちょうど散歩の途中でそんな雲が流れていましたのでしばらく休んで眺めていましたら、かなり早さで流れていました。dash

 また、冬の雲でも、凍りついたようにじっと動かない雲もあります。これを凍雲(いてぐも)と呼ぶそうです。

 寒さが厳しい中ですさまじい形をした雲を凄雲(せいうん)と呼ぶそうです。

 日本人は、雲であっても形や動きを捉えて様々な言葉で表現します。自然との関わる感性は、並はずれて高いものがある様な気がします。それを短歌にしたり、俳句にしたり・・・・自然の営みに対する敏感な対峙です。

 月の雲船はあやなし女声  白羽

 白雲の空よりすえて牡丹かな 寥太

 雲の峰雷を封じて聳えけり 漱石

 雲を見るのにも、感性を研ぎ澄ましてみれば、また見方も変わるのでしょう。confident

 このような日本人の豊かな感性は、古の人たちの遊び心から生まれたのか、必要性などもっと異なる考え方から生まれたのか、本当のところはその当時の方にきかなければ分かりませんが、日本人の自然を見る目や自然との接し方は群を抜いて敏感なのではないかと思います。confident

 最近の若い人たちが次々に新しい言葉を作っていきます。それはそれで良いとは思いますが、古くからある言葉も大切にしていくことは、日本の文化を守り継承していくことに繋がります。confidentsweat01

 ともすれば、今はやりの世界標準。これが全ての上に立つ優先順位の第一位ということで外来語が氾濫、(これも私自身は決して悪いとは思いませんが)自分たちのアイデンティティである日本語の古き良い言葉が淘汰されてしまうことだけは、避けなければならないと真冬の空を眺めながら思いました。

写真 「蝶々雲」ではないかと思った雲が流れていました。

P1010666

P1010827

今日のトピックス

梅が咲いています。寒さにも凛としたたたずまいは、梅の花が好まれる要因なのでしょうか。

P1010703

P1010739

P1010698

鶯がうまく啼けたとホーホケキョ(ぐうたら亭主)上の句と比べ同じ人間が作ったとは思えません。(笑い)

Cocolog_oekaki_2011_01_25_17_01

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

シニアブログをクリックして頂けますと、励みになります。  (違うページに飛びますが、よろしくお願いいたします。)マジョリ

| | コメント (6)

より以前の記事一覧